MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

ミニマリストのキッチンにゴミ箱はいらない!シンク下にゴミ袋が最適解

 

生活感のない部屋を作りたいけど、ゴミ箱はどんなデザインを選ぼう。

 

そんな悩みを持つ人へ。

 

結論からいえば、ゴミ箱はいりません。持っていればすぐに処分、新しいものも購入しなくてOK。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。ゴミ箱なし生活を始めて5年近くが経つミニマリストですが、全く不自由はありません。むしろ、快適そのものです。

 

当記事では、ゴミ箱を持つか迷っている方に向けて、キッチンにゴミ箱はなくてもいい理由ついて紹介します。

関連記事:【断捨離を実践】20代後半ミニマリスト男の一人暮らし部屋を公開

 

目次

キッチンのシンク下にゴミ袋を置くのが最適解

大きくて邪魔で不衛生なゴミ箱をあえて持つ必要はありません。

 

ゴミ箱を持たない代わりに、シンク下にゴミ袋を置くのがおすすめです。

 

シンク下のスペースに合わせてダンボールや紙袋を用意して、分別用にゴミ袋をかぶせて置くだけ。

 

これだけで十分です。

 

キッチンで料理する導線のことを考えても、シンク下にゴミ入れを設置するのは間違いありません。

 

そもそもシンク下のスペースは水道の配管が通っており、じめじめしやすい場所です。

 

そのため、食料品や調理器具などの収納には向いていません。

 

他にもゴミ箱を持たないメリットを紹介します。

 

ミニマリストのキッチンにゴミ箱は置かないメリット

キッチンにゴミ箱を置かないメリットは3つあります。

  1. 狭いキッチンでも広々使える
  2. キッチンが清潔感あふれて見える
  3. 嫌な臭いを最小限に抑えることができる

 

1. 狭いキッチンでも広々使える

まずはスペースのメリット。

 

一人暮らしのキッチンは狭いので、できるだけものは置かないほうがいいです。

 

その点、シンク下をゴミ置き場にすることで省スペース化できます。

 

これだけでもゴミ箱を手放すメリットは大きいですね。

 

2. キッチンが清潔感あふれて見える

ゴミ箱は置いてあるだけで不衛生に見せてしまいます。

 

そのため、キッチンにゴミ箱がないだけで清潔感が溢れて見えます。

 

また、見た目だけでもありません。

 

ゴミ箱がないことでキッチンの床掃除もクイックルワイパーで一拭き。不衛生なゴミ箱を手で持ち上げる必要すらありません。

created by Rinker
クイックル
¥17,500 (2020/09/19 06:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

きれいな部屋をしたいならゴミ箱は捨てましょう。

関連記事:ミニマリスト部屋の掃除は週末の10分で終わるから最高

 

3. 嫌な匂いを最小限に抑えることができる

ゴミ箱を置くことは嫌な臭いの原因にもなります。

 

一方、シンク下にゴミ袋を設置することで、嫌な匂いの広がりをシンク下のスペースだけで抑えることができます。

 

嫌な匂いを抑えこむために、消臭効果の高い「無香空間」を置いておくとなお良し。

created by Rinker
無香空間
¥935 (2020/09/19 10:03:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、ゴミ箱は長年使っていると嫌な匂いが染みついてしまいます。

 

しかし、ダンボールや紙袋にゴミ袋を設置すれば、ダンボールや紙袋から嫌な臭いがするようになったら交換すればよし。

 

この手軽さもゴミ箱を持たないメリットです。

 

一人暮らしならゴミ箱はすべて撤去するのがおすすめ

一人暮らしの部屋であればゴミ箱は不要。

 

キッチンだけでなく、リビングや洗面所からもゴミ箱は撤去していいです。

 

キッチンには大きなゴミ箱があって、リビングには小さめのゴミ箱がある家庭が多いのではないでしょうか。

 

ゴミ箱を置きすぎです。

 

ゴミが出たらキッチンのシンク下のゴミ袋に捨てる。

 

これを習慣づければ済む話です。

 

ゴミを分散さず、一ヶ所に固めることで嫌な臭いが部屋全体に広がることも抑えてくれます。

 

あえて、ゴミ箱をたくさん持つメリットはないので、一気に撤去してしまうのがおすすめです。

関連記事:部屋を自然ないい匂いに変える5つのステップ

 

最後に

ミニマリストのキッチンにゴミ箱がいらない理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ゴミ箱は断捨離して、シンク下にゴミ袋を設置する
  • シンク下をゴミ置き場とすることで、キッチンが広くなる
  • 床からゴミ箱がなくなり、見た目的にも、実用的にも衛生的
  • シンク下にゴミを置けば嫌な臭いが部屋に広がらない
  • 一人暮らしの狭い部屋ならゴミ箱はすべて撤去するのがおすすめ
  • ゴミが出たらキッチンに行くことを習慣にすればいい

 

「ゴミ箱は必要なもの」という先入観を捨てましょう。

 

なくても困らないものは持たない。

 

これが少ないもので暮らすミニマリストのライフスタイルです。

 

▼少ないものでも豊かに暮らすために方法について紹介

関連記事:少ないお金で豊かに暮らす10のコツ!月8万円で暮らす倹約家が紹介

 

▼部屋にものを増やさないためには収納家具を持たないことが大切

関連記事:ものを増やさないコツは収納家具を持たないこと【いらない収納家具5選】

 

▼一人暮らしで捨ててよかったものについて紹介しています

関連記事:ミニマリスト×サラリーマンが一人暮らしで捨てたもの25選

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる