2020.06.03

自炊派一人暮らしミニマリストの冷蔵庫の中身を公開!食費を節約するには?

 

一人暮らしの上手な冷蔵庫の使い方が知りたい!

 

そんな方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、ほぼ毎日自炊した食事をしている一人暮らしの倹約家ミニマリストです。

 

食費を節約するには、冷蔵庫の使い方は最重要といっても過言ではありません。

 

なぜならば、スッキリと片付いた冷蔵庫では、冷蔵庫の中身がすぐにわかり、余分な買い物や食材を腐らせることがないからです。

 

当記事では、自炊派一人暮らしミニマリストの冷蔵庫の中身と食費を節約する上手な冷蔵庫の使い方について紹介します。

 

関連記事:一人暮らしミニマリストの毎日の食事内容!食費は?自炊のコツは?

 

自炊派一人暮らしミニマリストが愛用している冷蔵庫

まず私が愛用している冷蔵庫を紹介しておきます。

 

無印良品の「137Lの冷蔵庫」です。

出典:無印良品オンラインショップ

 

自炊をする一人暮らしの方は、2ドアタイプで100L前後の冷蔵庫がおすすめです。

 

冷凍庫がない小さい冷蔵庫では、自炊で節約するための本領を発揮できません。

 

無印良品の冷蔵庫はミニマルなデザインでかわいいのですが、値段が高めなので、一人暮らしにおすすめの冷蔵庫も最後に紹介します。

 

自炊派一人暮らしミニマリストの冷蔵庫の中身を公開

1. 冷凍庫の中身

冷蔵保存する食材は3つだけ。

  • ラップで小分けした白米
  • ブルーベリー
  • ねぎの青い部分

 

ラップで小分けした白米

自炊で毎日60分かけてご飯を炊くのは大変です。

 

そのため、週末に平日5日分のご飯をまとめ炊きして冷凍保存しています。

 

冷凍ご飯をおいしく保存するコツは、炊きたてのお米を蒸気ごとサランラップで包んで冷凍すること。

 

熱々の状態で水蒸気も一緒にサランラップに包むことで、お米が乾燥せず、解凍しておいしいご飯の状態を保つことができます。

 

冷凍ブルーベリー

おやつとして冷凍ブルーベリーをストックしています。

 

ブルーベリーは最強のフルーツのひとつだと思っていて、メンタル改善やアンチエイジングに効果もあり、しかも、安価で冷凍で長期保存も可能。

 

カークランド (コストコのブランド) の「冷凍ブルーベリー」をリピートしています。

 

毎日食べても2ヶ月くらいは持つ2.27kgも入って、2,500円程で購入できます。大粒で味もおいしいです。

 

▼そのまま摘まんでもうまいですが、バナナやナッツと混ぜるだけで激うまスイーツに激変します

 

関連記事:筋トレ中でもお菓子が食べたい!自家製激うまスイーツのレシピを紹介

 

ネギの青い部分

ネギの青い分はジップロックに入れて冷凍保存しています。

ネギの青い部分は食べてもあまりおいしくないですよね。

 

だからといって、食べずに捨てないでください!

 

ネギの青い部分は食材の臭みとりなどに重宝します。

 

  • 鶏むね肉を茹でる時
  • 角煮を作る時

 

お肉と一緒に茹でることで、臭みをとり、おいしく料理を仕上げることができます。

 

もちろん、刻んでたまごの具材や薬味なんかに使うことだってできます。

 

2. 冷蔵室の中身

冷蔵室の中身もほぼほぼ固定されています。

 

常備されている食材はこちら。

  • たまご
  • ひきわり納豆
  • きぬごし豆腐
  • 作り置きの料理
  • 漬け物

 

たまご

毎日、たまご3個とひきわり納豆のオムレツを食べるので、たまごとひきわり納豆は大量に保存しています。

 

1日3個なので平日5日で15個。週1の買い物で2パック購入します。

 

関連記事:たんぱく質不足を解消!卵3個とひきわり納豆のオムレツを毎日食べる

 

ひきわり納豆

納豆は、貴重な植物性たんぱく質です。

 

たまごと一緒に毎日食べるので、3個入りを2パック購入。

 

絹ごし豆腐

ヘルシーで、たんぱく質も摂れるため常備。

 

安くて、醤油をかけるだけで1品になるので、自炊している一人暮らしの方はいつも冷蔵庫に入れておきたい食材です

 

作り置きした料理

週末に平日5日分の作り置きをしています。

 

いつも、4~5品の作り置き料理がストックされた状態です。

 

週末にまとめて作り置きをしておくことで、仕事終わりの平日でも、料理をせずに満足のいく食事ができます。

 

慣れてしまえばそれほど大変ではありません。

 

仕事終わりの疲れた体で料理しないといけないと思うと、ついつい外食やスーパーのお惣菜に手を出してしまうので、食費の節約では重要なポイントです。

 

関連記事:一人暮らしで自炊するなら作り置きがおすすめな理由

 

漬物

あとは、漬け物ですね。

 

筋肉量を維持するために高たんぱく質の食事をしており、腸内環境を整えるために漬け物をよく食べています。

 

できるだけ自家製キムチやピクルスを作るのですが、めんどうなときは市販品も買います。

 

▼自家製キムチの作り方は動画にしています

 

3. 野菜室の中身

週末に食材は使い切って作り置きしているので、野菜室は常にがら空きの状態です。

 

そのため、収納しているのは、お米だけです。

 

お米

お米を買ってきたらジップロックに移し替えて、野菜室に入れています。

 

お米は暑くて湿気があるところに置いておくと虫が沸いてしまうので、冷蔵庫での保存が適しています。

 

食費の節約のために、お米はふるさと納税でもらっているので、一度に10kgとかのお米が届きます。

 

ジップロックに移し替えると4袋分とかになるので、スペースの空いている野菜室に収納するのが一番スッキリします。

 

関連記事:楽天ふるさと納税で食費を劇的に節約する方法【おすすめの返礼品3選】

 

4. サイドポケットの中身

ドレッシングは調味料はほとんど持っていません。

 

収納しているのは基本的にこれだけ。

  • にんにく・生姜
  • 豆板醤
  • シラチャー
  • お米

 

にんにく・生姜

ガラス瓶に詰め替えて保存。

 

にんにくは1粒づつ取って、生姜は日持ちするように真水に漬けています。

 

少ない調味料で深みのある味にするために、にんにくと生姜はチューブではなく生の食材を使うのがおすすめ。

 

豆板醤

辛い料理が好きなので常備。

 

シラチャー

タイの国民的調味料シラチャー。

 

辛いスイートソースみたいな感じですね。

 

生野菜にかけて食べるのが好きなので。

created by Rinker
フライング グース
¥409 (2020/07/06 21:31:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

お米

野菜室とは別に再度ポケットにもお米。

 

 

順番使用しているお米のジップロックはサイドポケットに移し替えます。

 

冷蔵庫をスッキリさせて食費を節約するコツ

冷蔵庫の上手な収納と食費の節約は密接な関係にあります。

 

冷蔵庫が散らかっている人で、自炊で食費の節約に成功している人は冷蔵庫がきれいです。

 

冷蔵庫をスッキリさせて食費を節約するコツは4つあります。

  1. 常備する食品を固定化する
  2. 1週間分の食材しか買わない
  3. 食材は使い切って作り置きをする
  4. 調味料やドレッシング類は持たない

 

1. 常備する食品を固定化する

その日安い食材を買うことは食費の節約で大切です。

 

一方、価格が安定していて、常備する食品は固定化することも重要。

 

私の場合でいえば、これらの食品を常時買っています。

  • たまご
  • ひきわり納豆
  • 絹ごし豆腐

 

なにを、どれだけ買うかを固定化して、冷蔵庫に居場所を決めてあげるといいです。

 

常備品の住所を決めることで、無駄な買い物もしなくなります。

 

2. 1週間分の食材しか買わない

1週間分の食材しか買わないようにしましょう。

 

安いからといって買いだめするのはNG。

 

1週間以上の食材は調理しきれずに腐らすだけなので、1週間でちょうど冷蔵庫が空になるサイクルを回すのが理想です。

 

逆に、食材が足りなくて週の半ばに買い物に行くのもめんどうなので、ちょうど1週間分を計算して買い物するのがポイントになります。

 

3. 食材は使い切って作り置きにする

一人暮らしのサラリーマンにとって、作り置きは本当におすすめです。

 

なぜならば、仕事終わりでも、料理をせずに電子レンジで温めるだけで食事にありつけるから。

 

作り置きなら5分もあれば食事が整うはずです。

 

それに、食材をすべて使い切って作り置きすることで、冷蔵庫で食材を腐らせることもなくなり、食費を安くすませることも繋がります。

 

▼ある平日の夕食。ご飯は冷凍、味噌汁はインスタント、作り置きの鶏肉とオムレツを焼いただけ。

 

保存容器は、プラスチック製ではなく、ガラス製がおすすめです。

 

料理の匂いも容器に移りにくく、なによりおしゃれで見た目がいいから。

 

安定のイワキの「ガラス容器」でもいいですし、ダイソーでも100円か200円で購入できます。

created by Rinker
iwaki
¥800 (2020/07/06 08:38:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

4. 調味料やドレッシング類は持たない

調味料やドレッシング類は持たないようにする。

 

  • 冷蔵庫をスッキリさせたい人
  • 自炊のコストを下げたい人
  • ダイエットしたい人
  • お腹の脂肪をとりたい人

 

これら全ての人にとって、調味料やドレッシング類はあまり使わないほうがいいです。

 

なぜならば、値段も高く、大量の砂糖や油が使われていることがほとんどだから。

 

以下のようなものは買わなくていいです。食費も高くなるし、太ります。

  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • ポン酢
  • トレッシング
  • めんつゆ
  • みりん
  • 砂糖

 

ほとんどの料理には、以下の6つの調味料があればOKです。

  1. 醤油
  2. 日本酒
  3. ブラックペッパー
  4. お酢
  5. オイル

 

あと、スパイス類が少しあると料理の幅が一気に広がります。

 

コリアンダーパウダー」なんかがあると、それだけで東南アジア風の料理が簡単に作れます。

created by Rinker
¥301 (2020/07/06 10:20:22時点 楽天市場調べ-詳細)

 

関連記事:自炊歴5年の倹約家が教える必要最低限の調味料5選

 

一人暮らしミニマリストにおすすめの冷蔵庫

最後に、一人暮らしにおすすめの冷蔵庫を紹介します。

 

自炊をする予定の一人暮らしの方であれば、以下を基準に冷蔵庫選びをするといいと思います。

  1. 値段は2万円前後
  2. 容量は100L前後
  3. タイプは2ドア

 

要するには、値段はできるだけ安く、冷凍庫がついていて、大きすぎ小さすぎずの100L前後。

 

おすすめ1:シンプラス

シンプラスの「レトロ冷蔵庫」。

 

90Lとかなりコンパクトで、デザインもレトロでおしゃれ。値段も2万以下とかなりいいです。

 

一人暮らしの狭い部屋でもスッキリ収まりそうです。

 

デザインもかなりいいので、リビングスペースにあってもそれほど気にならないかと。

 

私の無印良品の冷蔵庫はまだまだ現役ですが、次に買い換えるならこれにすると思います。

created by Rinker
リコメン堂
¥19,800 (2020/07/06 13:03:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ2:TOHOTAIYA

TOHOTAIYOの「左右開き冷蔵庫」。

 

シンプラスと同じようなスペックで、90Lのコンパクト冷蔵庫。

 

値段も2万円と安価で、デザインはシンプラスよりもシックです。男性の部屋にはこっちのほうが向いているかもしれません。

 

天板も耐熱仕様になっているので、上に電子レンジを置くこともでき省スペースです。

created by Rinker
TOHOTAIYO
¥22,000 (2020/07/06 08:38:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

自炊派一人暮らしミニマリストの冷蔵庫の中身について紹介しました。

 

ミニマリストの方は、「もう冷蔵庫は捨ててやろうか」と思うかもしれません。

 

ですが、食費を抑えて、健康的な食生活を送るには冷蔵庫は必須だと思まいます。

 

自炊できれいにスッキリと冷蔵庫を使って、ガッツリ食費を下げましょう。

 

▼「これから自炊を始めたい!」という人は、まずはこちらの記事をどうぞ。自炊歴5年以上の経験から、まずなにから始めるといいかを紹介しています。

関連記事:自炊を始めたい一人暮らし男子に!自炊が日課のサラーリマンが教える10のコツ

 

▼男性の方は料理に興味がないかもしれません。ですが、自分の経験からは絶対に男でも料理はできたほうがいいです。

関連記事:男でも料理ができるほうが絶対に人生は豊かになる理由

 

▼「でも、料理って時間がかかるしめんどくさい」。そんな方には、時短のテクニックを学ぶといいと思います。

関連記事:料理を時短する14のコツ!自炊を習慣化したい人が知っておきたいこと

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。