MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【11/27~12/1】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!ミニマリストがほしいアイテム6選

朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想【メリット・デメリット】

朝食にプロテインだけって実際どうなの…?

そんな疑問に答えます。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

朝食の代わりにプロテインを1杯飲む生活を始めて1年以上が経ちますが、この習慣はかなりおすすめできます

  • 朝は忙しいから手軽にすませたい
  • できるだけ簡単に痩せたい
  • 健康的な体を作りたい

そんな方には特におすすめ。

「朝はご飯をしっかり食べたほうがいい」

そんな常識がありますが、実体験として朝はプロテインだけでもいいと感じています。

むしろ、朝はプロテインだけにしてからのほうが、体の調子はいいです。

当記事では、朝食の代わりにプロテインを飲む生活のメリットとデメリットについて紹介します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想

朝食はプロテインだけ生活を1年以上してみて、3つの観点から感想を述べていきます。

  1. 健康的に大丈夫?
  2. メリットは?
  3. デメリットは?

朝食の代わりにプロテインだけで健康に影響はない?

まず気になるのは、「健康的に大丈夫?」

という話ですよね。

私個人でいえば、健康面ではとくに問題ありません。会社の健康診断でもオールAです。

世の中には、朝に食事をしっかりとったほうがいいという見解も多いです。

しかし、個人的には、「朝食はたんぱく質を補給するだけでいいのでは?」と思っています。

理由として、人類600万年の歴史において、何不自由なく朝に食事ができるようになったのは、ここ数百年の話だからです。

たぶん、数百年前には、肥満や生活習慣病の人なんて、金持ちだけの贅沢な悩みだったんじゃないでしょうか。

だから、朝は睡眠中に失われたたんぱく質を補給する。

これぐらいで十分だと思います。

むしろ、食べすぎは病気になり、食事のあとは頭がボーっとして働かなくなります。

朝食の代わりにプロテインを飲むメリットは?

実感しているメリットは3つ。

  1. 体脂肪を落とすことができる
  2. 食欲を抑えることができる
  3. 朝食を用意する手間がない


体脂肪が簡単に落ちる

年齢を重ねると、体脂肪はどんどん落ちなくなりますよね。

特に、お腹まわりや腰の脂肪。

しかし、朝はプロテインだけにすることで、体脂肪はガンガン落ちていきます。

朝プロテインがダイエットに効果がある理由は3つ。

  • プロテインはカロリーが少ない
  • たんぱく質には食欲を抑える働きがある
  • 人間は空腹期間に脂肪が燃焼する

まず第一に、プロテインのカロリーは1杯で約150kcalと少ないこと。

朝ごはんにしっかり食べることと比べて、そもそも摂取カロリーが少なくなります。

それに、同じ量を毎日飲むので、カロリーコントールがしやすいという点もあります。

第二に、たんぱく質には食欲を抑える働きがあること。

朝にプロテインをたんぱく質を摂ることで、お昼までなにかを食べたいと思うことが激減しました。

間食がなくなることで、以下の第三の効果が絶大になります。

最後に、人間の体は空腹期間に脂肪が燃焼されるということ。

人間は飢餓状態になると、体に蓄えた脂肪をエネルギーにしようとする働きがあります。

つまり、前日の夕食から翌日の昼食までの約18時間、なにも食べ物を口にしないことで、脂肪はエネルギにーにガンガン変換されていきます。

この仕組みによって、体脂肪は落ちやすく、太りにくくなります。

体脂肪率は12%前後をキープ

▼朝食プロテインが体脂肪を落とすメカニズムは、こちらの記事でより詳しく解説しています

間食がなくなって食費が安くなった

たんぱく質には、食欲を抑える作用があります。

そのおかげで、朝から昼までに間食することがなくなりました。

プロテインは1ヶ月分で2,000円弱しますが、間食をしていたときはパンやお菓子を食べていたので、それだけお金も使っていました。

結果的には、プロテインだけのほうが食費も安く抑えられています。

間食をしなくなったことで体脂肪も落ちて、お金も無駄に使うことも減りました。

朝食を準備する手間がない

一人暮らしにとっては大きなメリット。

それは、朝ごはんの準備にかかる手間がなくなったこと。

朝ごはんをしっかり用意しようとすると時間がかかります。パンを焼いて食べるだけでも10分はするでしょう。

しかし、プロテインだけなら30秒くらいのスピードチャージがが可能。

  1. シェイカーに粉を入れる
  2. 蛇口を捻って水道水を入れる
  3. 振って飲む

たったこれだけです。

なにもやる気が起きない朝でも無理なく続けることができます。

洗い物もシェイカーだけなので、飲み干したらスポンジでささっと洗うだけ。あとは、シンクにでも立てかけておけば勝手に乾きます。

この手軽さは病みつきになりますね。

朝食の代わりにプロテインを飲むデメリットは?

「逆に、デメリットはあるのか?」

ひとつあるとすれば、腸内環境が悪くなる可能性があることです。

たんぱく質の過剰摂取は、腸内環境を乱れさせるといわれています。

実際、私も便が黒っぽく、においがきつい時期がありました。

1日を通して、たんぱく質を意識して多く摂っていたこともあって、消化しきれなかったたんぱく質が腐敗物となったようです。

ただ、この問題は、食物繊維が豊富な野菜やきのこを食べることで解消できました。

昼や夜には、肉や魚、たまごばかり食べていて、野菜などはあまり積極的に食べていませんでした。

朝食の代わりにプロテイン生活をするなら、栄養バランスのとれた食事ができるように、夕食は自炊をすることをおすすめします。

自炊をして、意識して食物繊維の多い食材を食べるようにすればOKです。

こちらの記事では、一人暮らしでも野菜不足を解消する方法を紹介

プロテインはリミテストがコスパ最強でおすすめ

リミテストの「ウルトラバリュー」というプロテインを愛用しています。

ザバスやマイプロテイン、「ゴールドスタンダードなど、有名なプロテインを試してきましたが、リミテストのプロテインで落ち着きました。

ウルトラバリュー」を気に入っている理由は4つあります。

  1. 3kgで5,000円と圧倒的に値段が安い
  2. 1食で27gのたんぱく質が含まれている
  3. 人工甘味料などの添加物が含まれていない
  4. 水溶けがよく、プレーン味でもスッキリと飲みやすい

まず最大の魅力は、3kgで5,000円と有名ブランドの半額近くで購入できること。

長く続けていくには、コストの問題は絶対に無視できません。

しかし、1kg (約1ヶ月) で、1,666円というのはかなり安いです。

もちろん、安かろう悪かろうの商品だったら愛用はしません。

1杯あたりのたんぱく質含有量は27gと、他のプロテインと比べても遜色ありません。

さらに、保存料・着色料・甘味料などの添加物も一切入っていない「無添加プロテイン」です。

せっかくダイエットや家計に優しくても、添加物がモリモリで健康被害が出たら意味がありません。

水道水での水溶けもよく、飲みにくいとされるプレーン味でもスッキリと飲みやすいこともお気に入りポイントです。

リミテストのウルトラバリューは、値段よし、質よし、味よしのまさに三拍子揃ったコスパ最強のプロテインだと思います。

▼コスパの良さは、他ブランドと比べても一目瞭然ですね

商品1kgの値段たんぱく質量
リミテスト1,666円27g
ゴールドスタンダード5,000円24g
マイプロテイン2,800円24g

最後に

朝食の代わりにプロテインだけを飲む生活を続けている感想を紹介しました。

当記事をまとめます。

  • 人類の歴史を振り返れば、朝食になにも食べないことは普通だから問題ない
  • 朝食をプロテインだけにすることで、簡単に体脂肪を減らすことができる
  • たんぱく質は食欲を抑えるため、間食も減り、食費が安くなる
  • 1日30秒で朝ごはんが終わるため、忙しい朝でもノーストレス
  • たんぱく質の過剰摂取は腸内環境の悪化になるため、野菜を積極的に食べる
  • リミテストの「ウルトラバリュー」が、3kg5,000円と格安高品質でおすすめ

「朝食を用意するのがめんどくさい」

「体脂肪を簡単に落としたい」

そんな人には、朝食はプロテイン1杯だけ生活はかなりありだと思います。

リミテストの「ウルトラバリュー」なら、1ヶ月のコストは1,500円ほどです。

コスト面でも十分に現実的だと思いますよ。

こちらの記事では、リミテストのプロテインを愛用している理由をより詳細に紹介しています

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる