MENU
買ってよかったもの13選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
仕事に不満・不安のあるサラリーマンがやるべきこと
節約術まとめ22選
お得なサービス8選
お得なサービス
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
自炊しないで、安く、健康的な食事をする方法

朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想【メリット・デメリット】

朝食の代わりにプロテインだけでも大丈夫?実際にやっている人の感想が聞きたい。

そんな方に向けて。

なにおれ

朝ごはんにプロテインだけを飲む生活を1年以上続けている、なにおれ(@lemologue)です。

結論だけいえば、朝ごはんをしっかり食べていたときよりも満足度は高いと感じています。

「朝食はしっかり食べたほうがいい」という考えが一般的ですが、できるだけ簡単に体脂肪を落としたい人や、継続的に体型をキープしたい人にとっては、最適な生活だと思います。

一個人の体験談ではありますが、興味のある方は最後まで読んでみてください。

本記事の内容
  • 朝食にプロテインだけを飲む生活で健康に影響はあったか
  • 朝ごはんにプロテインだけの生活で実感したメリット・デメリット
  • 高コスパのおすすめプロテイン
目次

朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想

以下の3つの観点から紹介します。

  1. 健康的に大丈夫?
  2. メリットは?
  3. デメリットは?

朝食にプロテインだけで健康に影響は?

健康については、特に問題はありません

会社の健康診断でもオールAです。

世の中では、「朝は食事をしっかりとったほうがいい」という見解が一般的です。

しかし、「朝はたんぱく質を補給するだけでいいのでは?」と思っています。

理由は、人類600万年の歴史において、何不自由なく朝に食事ができるようになったのはここ数百年の話だからです。

人類はずっと長い期間、朝ごはん食べない生活をしていました。それが現代では、食が豊かになりすぎた代償として、肥満や生活習慣病などの病気も増えています。

そう考えると、朝は睡眠中に失ったたんぱく質を補給するくらいでちょうどいい。

こう思うわけです。

朝食にプロテインだけを飲むメリット

実感しているメリットは3つあります。

メリット
  1. 体脂肪を簡単に落とせる
  2. 毎月の食費が安くすむ
  3. 朝食を用意する手間がない

体脂肪を簡単に落とせる

年齢を重ねるごとに、体脂肪はどんどん落ちにくくなりますよね。

特に、お腹まわりや腰の脂肪。

しかし、朝食をプロテインだけにすることで、体脂肪はガンガン落ちていきます。

実際に私は、体脂肪率12%をキープしています。

朝プロテインがダイエットに効果的な理由は3つあります。

  1. プロテインはカロリーが少ない
  2. たんぱく質には食欲を抑える働きがある
  3. 人間は空腹期間に脂肪が燃焼する

プロテインはカロリーが少ない

まず第一に、プロテインのカロリーは1杯で約150kcalと少ないことがあります。

朝ごはんに白米などをしっかり食べることと比べて、そもそもの摂取カロリーが少なくなります。

また、同じ量を毎日飲むので、カロリーコントールもしやすくなるメリットもあります。

たんぱく質には食欲を抑える働きがある

たんぱく質には食欲を抑える働きがあります。

朝にプロテインでたんぱく質を摂るおかげで、昼食までになにかを食べたいと思うことが激減しました。

間食がなくなることで、余計なカロリーを摂らないこともありますが、次の第3の効果が絶大になります。

人間は空腹期間に脂肪が燃焼する

人間の体というのは、空腹期間に脂肪が燃焼されます。

人間は飢餓状態になると、体に蓄えた脂肪をエネルギーにしようと働きます。

つまり、前日の夕食 (18:00) から翌日の昼食 (12:00) までの約18時間なにも食べ物を口にしないことで、脂肪はエネルギーにガンガン変換されていきます。

この仕組みによって体脂肪は落ちやすく、太りにくくなります。

毎月の食費が安くすむ

朝食をプロテインだけにすることで、食費を安く抑えられます。

単純な話で、朝ごはんを食べないのでそれだけ食費もかかりません。

朝ごはんをモリモリ食べていたら、食費もばかになりませんからね。

後述しますが、プロテインの中には、高品質で1ヵ月1,500円ほどのものもあります。

そのため、コスパのいいプロテインを愛用すれば、普通に朝ごはんを食べるよりも、食費を大きく下げることができます。

また、たんぱく質には食欲を抑える作用があるので、コンビニでお菓子を買い食いすることも減り、余計にお金もかかりません。

朝食を準備する手間がない

地味に大きなメリット。

それは、朝ごはんの準備にかかる手間がなくなったこと。

朝ごはんをしっかり用意しようとすると時間がかかります。

パンを焼いて食べるだけでも10分はするでしょう。

しかし、プロテインだけなら30秒くらいのスピードチャージが可能です。

やることはたったこれだけ。

  1. シェイカーに粉を入れる
  2. 蛇口を捻って水道水を入れる
  3. 振って飲む
  4. シェイカーを洗う

洗い物もシェイカーだけなので、飲み干したらスポンジでささっと洗うだけ。あとは、シンクにでも立てかけておけば勝手に乾きます。

忙しい朝でも、無理なく続けられます。

この手軽さは病みつきになりますね。

朝ごはんにプロテインだけを飲むデメリット

正直、特に大きなデメリットは感じていません。

ただひとつあるとすれば、腸内環境が悪くなる可能性があることです。

腸内環境が悪くなる可能性がある (解決策あり)

たんぱく質の過剰摂取は、腸内環境を乱れさせるといわれています。

実際私も、便が黒っぽく、においがきつい時期がありました。

どうやら原因は、たんぱく質の過剰摂取だったようです。筋トレ中で1日にたんぱく質を100g以上摂っていたので、消化しきれなかったたんぱく質が腐敗物となっていたみたいです。

ただ、食物繊維が豊富な野菜やきのこを食べることで解消できました。

朝食の代わりにプロテイン生活をするなら、栄養バランスのとれた食事が必要になります。

そのため、朝をプロテインだけにするなら、昼と夕は自炊することをおすすめします。

自炊して、意識的に野菜などの食物繊維の多い食材を食べるようにすれば大丈夫です。

プロテインはリミテストのウルトラバリューがおすすめ

プロテインは、リミテストの「ウルトラバリュー」を愛用しています。

ザバスやマイプロテイン、ゴールドスタンダードなど、いろいろな有名なプロテインを試してきました。

ですが、最終的にはリミテストのプロテインで落ち着いています。

リミテストの「ウルトラバリュー」を気に入っている理由は4つ。

リミテストをお気に入りの理由
  1. 3kgで5,000円と圧倒的に安い
  2. 1食で27gのたんぱく質が含まれている
  3. 人工甘味料などの添加物が含まれていない
  4. 水溶けがよく飲みやすい

最大の魅力は、3kgで5,000円と有名ブランドの半額近くで購入できること。

朝食の代わりにプロテインだけの生活を長く続けるには、コストの問題は無視できません。

しかし、1kg (約1ヶ月) で、1,666円というのはかなり安いです。

もちろん、安かろう悪かろうの商品だったら愛用はしていません。

1杯あたりのたんぱく質含有量は27gと、他のプロテインと比べても遜色ありません。また、保存料・着色料・甘味料などの添加物も一切入っていない無添加プロテインというの魅力。

せっかくダイエットや家計に優しくても、添加物がモリモリで健康被害が出たら意味がありませんからね。

プレーン味は正直おいしくはありませんが、水道水でもよく溶けて飲みやすいです。ダマっぽくて気持ち悪いプロテインもあるので、うれしいですね。

▼コスパの良さは、他ブランドと比べても一目瞭然です

ブランド1kgの値段たんぱく質量
リミテスト1,666円27g
ゴールドスタンダード5,000円24g
マイプロテイン2,800円24g

最後に

朝食の代わりにプロテインだけを飲む生活を続けてみた感想を紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • 人類の歴史を振り返れば、朝食になにも食べないことは普通
  • 朝食をプロテインだけにすることで、簡単に体脂肪を落とせる
  • たんぱく質は食欲を抑えるため、間食も減り、食費も安くなる
  • 1日30秒で朝ごはんが終わるため、忙しい朝でもノーストレス
  • たんぱく質の過剰摂取は腸内環境を悪くするため、野菜を食べる必要あり
  • リミテストのホエイプロテイン「ウルトラバリューが高コスパ

「体脂肪を楽して落としたい」

「食費を抑えてお金を貯めたい」

「家事の手間を減らしたい」

という人にとって、朝ごはんにプロテインだけ生活はかなりおすすめできます。

▼関連記事

以上

よかったらシェアしてね!

コスパ最強の食生活

  • 献立を考えたくない
  • 自炊がめんどくさい
  • ダイエットしたい
  • 栄養が気になる
  • 食費を節約したい

そんな方に向けて。

自炊ほぼなしで、栄養バランスもよく、食費月30,000円未満の食生活は、「宅配弁当nosh×半自炊生活」で実現できます。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる