MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

一人暮らしでも痩せる人の10の生活習慣とは?【実践済み】

一人暮らしを始めて太った…。一人暮らしでも痩せるにはどうしたらいいだろう…。

そんな悩みを持つ方に向けて

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

一人暮らし歴は5年以上、生活習慣を見直してからは体脂肪率12%をキープしている20代後半のサラリーマンです。

一人暮らしでも痩せるために最も重要なこと。

それは、「習慣を身につけること」です。

習慣さえ身につけば、自然と暮らしているだけで適正な体型をキープするようになります。

当記事では、私が実践している一人暮らしでも痩せる生活習慣を紹介します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

一人暮らしでも痩せるために身につけたい10の生活習慣

一人暮らしでも痩せられる生活習慣は10個あります。

  1. 米を主食にする
  2. 食事はたんぱく質メイン
  3. 砂糖と油をできるだけ口にしない
  4. 朝食を食べない
  5. 果物を凍らせておく
  6. のどが乾いたら水を飲む
  7. とにかく歩くようにする
  8. 全身鏡で自分の体を眺める
  9. やることがないならさっさと寝る
  10. 体重計に毎日乗ること

米を主食にする

まず、主食は米の一択。

パンでもパスタでもなく、お米。

これ重要です。

米の最大最強の魅力は、ヘルシーな食材との相性の良さにあります。

パスタやパン、ピザなどの小麦粉出身の食べ物は、オイルやバター、マネヨーズなどのカロリーが高い食べ物と相性がいいです。

さすがに、ピザを食べながらホウレンソウのおひたしはきついですよね。

しかし、米にはなんでも受け入れる懐の広さがあります。

モチモチとしたおいしいお米を主食にする日本文化のおかげで、私たちは質素でヘルシーな食事でも十分に満足できるのです。

いつでもお米が食べられるように、冷凍保全しておくこと。

炊飯器で炊き立ての状態を蒸気ごとサランラップに包むことで、解凍してもパサつかないおいしい状態で保存できます。

食事はたんぱく質メイン

たんぱく質メインの食事を心がけること。

たんぱく質は筋肉を合成するためになくてはならない栄養素です。

いわゆる”食事制限” によるダイエットの大きな弊害は、十分なたんぱく質が摂れずに筋肉が落ちることで基礎代謝が低くなり、「太りやすく痩せにくい体」になってしまうことです。

「食事制限はやめておけ!」

とよく言われている由縁がこれですね。

また、たんぱく質には食欲を抑える作用もあるといわれています。

つまり、たんぱく質メインの食生活は、筋肉量を維持しながら、食べ過ぎや間食を防ぐことができます。

  1. 朝食はプロテインだけにする
  2. 納豆オムレツを毎日食べる
  3. 豆腐をストックしておく
  4. 外食では魚定食を食べる
  5. 豚肉よりも鶏肉を食べる
  6. 肉は赤みの多い部位を選ぶ

こんな感じの食生活が理想です。

魚や肉を主菜にすることも大事ですが、納豆や豆腐などの調理しなくても食べられる食品を冷蔵庫に常時ストックしておくこと。

これで、もう1品として簡単にたんぱく質を摂ることができます。

砂糖と油をできるだけ口にしない

痩せる食生活において、たんぱく質メインの食事と同じくらいに重要なこと。

それが、油と砂糖をできるだけ口にしないことです。

これは本当に気をつけたほうがいい。

世の中のほとんどの加工食品には、油と砂糖が大量に使われていると理解しておくこと。

お菓子などは想像しやすいかもしれません。

ですが、コンビニおにぎりなどにも大量に油は添加されています。包装フィルムにお米が全く付着しないのは不自然で、お米にも大量の油がついている。

  • ハムやベーコンなどの超加工肉
  • 外食チェーンの料理
  • ドレッシング
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • みりん
  • アルコール
  • お菓子全般

これらの食べすぎには注意が必要です。

栄養のある食材を食べるのと同じくらいに、体に悪いものを食べないことも大切ということです。

朝食を食べない

朝ご飯を抜くこと。

体脂肪を燃焼させるには効果絶大な方法です。

朝にはなにも食べないことで、前日の夜18時~翌日の昼12時まで18時間の空腹期間ができます。

空腹の間は、運動のエネルギーを作り出すために体内脂肪を燃焼するという仕組みです。

腹筋を1日100回やるよりも朝食を抜くほうがずっと簡単で効果があります。

朝ごはんを抜くことは一見不健康に思えますが、忙しく悪働くを胃を休めることができたり、食べすぎによる集中力の低下を防いだりするメリットがあります。

果物を凍らせておく

油と砂糖が大量に使われたお菓子はダイエットに天敵です。

「それでも甘い物が食べたい!」

そんなときは、果物を凍らせておくのがおすすめです。

味の濃い果物は、凍らせるとアイスクリームなデザートになるからです。

果物には、人工的なお菓子にはないビタミン・ミネラルなどの栄養が豊富で、腸内環境を整える食物繊維も含まれています。

ビタミン・ミネラルは三大栄養素である炭水化物やたんぱく質の働きをサポートする作用があるため、健康的な体をつくるためには必要不可欠です。

おすすめの冷凍フルーツはこちら。

  • 冷凍バナナ
  • 冷凍ブルーベリー
  • 冷凍パイナップル

バナナやパイナップルはスーパーで買ってきて、皮を抜いてから冷凍。

冷凍ブルーベリーはネットで購入できます。

ブルーベリーは、アンチエイジングや病気を予防する働きもあるといわれおり、いわば “スーパーフルーツ” のひとつです。

ベジフル大和の「冷凍ブルーベリー」をリピートしています。

created by Rinker
ベジフル大和
¥4,800 (2020/09/19 09:51:53時点 Amazon調べ-詳細)

大粒で甘く、3kgも入って5,000円と安いので重宝しています。

おおよそ1kgで1ヶ月分くらいなので、1ヶ月のコストは1,666円とコスパ◎。

のどが乾いたら水を飲む

ジュースもダメ、炭酸飲料水もダメです。

のどが乾いたら水を飲むこと。

日本中、どこでも水道水がほぼタダで飲めます。

「ちょっとお腹が空いたなあ、なにか食べたいなあ」

そんな時でも、水を飲んでおけば意外と気分は安らぐものです。

逆に、砂糖のたくさん入った甘い飲み物を口にしてしまうと、中毒症状でもっとほしくなります。

そのため、テーブルにはいつも水を入れたコップを置いておくといいと思います。

とにかく歩くようにする

できるだけ運動をすること。

運動といっても、スポーツジムに通ったり、仕事終わりにランニングしたり、筋トレをしたりする必要はありません。

やるべきことは、とにかく歩くことです。

歩くことには、カロリーを消費するよりも大きなメリットがあります。

脳を鍛えるには運動しかない!」という本で紹介されていますが、歩くことによって、イライラや不安な気持ちを抑えたり、酒やたばこなどの中毒状態から抜け出したりできると研究でわかっています。

そもそも、太ってしまう原因のほとんどは、「乱れた食生活」です。

そのため、歩くことは体重を落とすというよりも、メンタルを健全な状態に整え、暴飲暴食を防ぐとイメージしたほうがしっくりきます。

日常生活で歩く習慣を身につけるには、いつもなら電車や車を使うところを歩くように発想を変えることです。

  • 会社まで歩いて通う
  • エレベーターには乗らずに階段を使う
  • 近所のスーパーまで歩く
  • 飲み会のお店まで歩く
  • 買い物は歩いて移動する
  • 一駅くらいなら歩いてしまう

日常生活で歩く機会を増やすことで、仕事終わりに歩いたりする必要もありません。

全身鏡で自分の体を眺める

自分の体型を客観的に知ること。

つまりは、鏡で自分の体を毎日見るといいです。

手鏡などの小さな鏡ではなくて、全身が写る鏡がひとつあるといいですね。

朝起きたら自分の体を眺める。

そして、自分の体のどこに余分な脂肪がついているかを理解することからダイエットは始まります。

現実から目を背けていても、引き締まった体は手に入りません。

全身鏡を使って自分の体を見つめ直し、食生活を改善するきっかけにするのです。

1万円も出せば、Amazonで見た目もスタイリッシュな全身鏡が購入できます。

体重計に毎日乗る

体重計には毎日乗ること。

「体重計に乗ってもダイエットには意味ない!」

そう思っている人もいるかもしれません。

ですが、自分の体を定量的に測ることができるのは体重計だけです。

体重の変化を数字で記録することで、前日の食べすぎを思い出せたり、数字が減ることでモチベーションアップになったりします。

全身鏡では客観的な見た目を確認し、体重計では数字を確認するイメージ。

体重を測ることがストレスにならないように、部屋や脱衣所に置きっぱなしにしておくとGOOD。

些細なことかもしれませんが、どこかから出したり閉まったりする手間がなくなる効果はバカにできません。

体重計は高いものである必要はありません。

スマホと連携してデータ収集できる3,000円程度のシンプルな体重計で十分です。

created by Rinker
RENPHO
¥2,324 (2020/09/20 00:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

やることがないならさっさと寝る

だらだらとソファでテレビやスマホを見ていると、おやつでも食べたくなってしまいます。

やることがないならさっさと寝てしまうこと。

もし、寝るのがもったいないと感じるのなら、”意思を持って寝る” と考えてみてください。

「おれは体を休めるために寝るんだ!」

そう思ってベッドに入るのです。

眠ることも立派なやることというわけです。

早く寝れば無駄に間食もなくなります。

朝食抜き生活をしていれば、空腹期間も長くなり、脂肪燃焼の効果もより高まります。

やることがないなら、意思を持って本気で寝ましょう。

一人暮らしでリバウンドしないためには大切なこと

短期的なダイエットはやめましょう。

1ヶ月で5kgのダイエットに成功しようが、1年後に5kg体重が戻っていたらなんの意味もないからです。

無理な食事制限やパーソナルジムに頼らない、一生続けられる方法を選ぶことが大切。

効果を焦らず、地道に長く続けられる生活習慣を身につけていきましょう。

  • お米を中心とした質素な食事
  • たんぱく質メインのおかず
  • 砂糖と油はできるだけ摂らない
  • 毎日全身鏡で自分の体を眺める
  • 合わせて、体重計にも毎日乗る
  • とにかく歩く

慣れてしまえば難しいことではありません。

1ヶ月や2ヶ月で劇的に痩せることはないでしょう。

1ヶ月で500gしか変化はしないかもしれません。

ですがそれが正解です。

長期目線で考え、根本的な生活習慣を見直し、ゆっくりと痩せていけばリバウンドは絶対にしませんよ。

最後に

一人暮らしでも痩せられる生活習慣について紹介しました。

当記事をまとめます。

  1. 一人暮らしで痩せるには、習慣を身につけること
  2. お米を主食にすることで、ヘルシーな食事にする
  3. たんぱく質メインの食事で太りにくい体を作る
  4. 砂糖と油をできるだけ口にせず、依存症から抜ける
  5. 朝食を食べないことでお腹周りの体脂肪が落ちる
  6. 凍らせた果物はお菓子にも負けないデザートになる
  7. 小腹が空いたら水を飲んで満腹感を得る
  8. とにかく歩くことで、メンタルを整えて暴飲暴食を防ぐ
  9. 全身鏡で自分の体を眺めて客観性を持つ
  10. 体重計には毎日乗って、数字の変化を確認する
  11. やることがないなら、意思を持ってさっさと寝る
  12. リバウンドしないためには、無理なく続けられること

一人暮らしは、自己管理ができないと生活が堕落してしまいます。

生活の乱れは、体調や体型にも影響を及ぼします。

一人暮らしでも痩せるには、健康的な生活習慣を身につけることです。

生活習慣は一度身につけてしまえばずっと続けられます。

一時的なダイエットではなく、習慣を変えましょう。

こちらの記事では、一人暮らしでも栄養を摂るための自炊術を紹介しています

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる