MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【年末までに絶対にやるべきこと】楽天ふるさと納税で豪華返礼品をGET

月8万円の生活費で一人暮らしをする20代ミニマリストの支出内訳

ミニマリストは1ヶ月いくらの生活費で暮らしているの?

そんな疑問に答えます。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は、月8万円の生活費で一人暮らしをしている20代後半の倹約家サラリーマン×ミニマリストです。

まず、ミニマルに暮らすことの最大のメリットは、生活コストが圧倒的に低くなることだと思っています。

必要最低限の暮らしは、物欲を刺激されることも少なく、結果としてお金を使わずに暮らせます。

当記事では、月8万円で一人暮らししている20代後半ミニマリストの支出内訳を公開します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

月6万円の生活費で一人暮らしをするミニマリストの支出内訳

生活にかかっているお金自体は6万円、奨学金返済が1.5万円で月7~8万円です。

特別支出があったりで、年間では100~120万円で生活しています。

▼1ヶ月の生活費の内訳

項目金額
家賃21000円
奨学金返済15000円
通信費3600円
電気代3000円
ガス代1500円
水道代1000円
日用品1000円
朝食代1700円
昼食代5000円
夕食代8000円
交際費10000円
交通費1000円
衣服代1000円
美容代2000円
合計75,800円

住居費【30100円】

毎月の生活費の約半分を占めるのが住居費用。

  • 家賃:21000円
  • 電気代:3000円
  • ガス代:1500円
  • 水道代:1000円
  • スマホ代:0円
  • WiFi代:3600円
  • 日用品代:1000円
  • 車維持費:0円
  • NHK代:0円
  • 保険代:0円

毎月の生活コストを下げるためには、家賃の安い物件に住むことが最も合理的です。

あと、NHK代や保険など払わなくてもいい支出をなくすことも大事。

家賃

家賃:21000円

会社の借り上げマンションに住んでいるため、家賃は低く抑えられています。

「そんなのありかよ~」

と思うかもしれません。

ですが、これは転職をした時に年収面だけでなく、福利厚生も含めた上で判断したからです。

たとえ転職で年収が下がっても、生活コストが下がればそれだけ手取りは増えます。

簡単な引き算ですね。

年収の高い仕事を探すのもいいですが、家賃の安い地域で働いて生活費を抑え、手残りのお金を増やす選択肢もありだと思います。

電気代

電気代:3000円

年間平均すると、約3000円。

電気代はあまり細かい節約はしていません。

やっていることは、リビングとキッチンの電球はLEDにすることと、トイレの暖房便座は電源から抜くことくらい。

それでもこれだけで、月500~1000円の節約になっているはず。

夏はエアコンをつけっぱなしなので、月4000円近くになります。

ガス代

ガス代:1500円

都市ガス物件に住んでいるので、ガス代も安く済んでいます。

あと、私は1ヶ月に1回も浴槽にお湯をためないので、それも大きいと思います。

湯船に浸かりたいときは友達を誘って銭湯に行きますね。

水道代

水道代:1000円

一人暮らしの水道代は1,000~2,000円くらいに収まるのではないでしょうか。

①浴槽にお湯をためない、②洗濯機はおいそぎモード。

水道代の節約でやっているのは、このくらいですかね。

シャワーが好き、洗濯の待ち時間が嫌いなだけなので、意識して節約はしていません。

スマホ代

スマホ代:0円

楽天UN-LIMIT」の1年間無料キャンペーンの恩恵を受けています。

キャンペーンが終了したら、月3000円が発生します。

楽天経済圏で生活していることもあるので、楽天モバイルの選択は必至。

WiFi代

WiFi代:3600円

Mugen WiFi」を契約しています。

私が契約したときは月額3600円で無制限だったのですが、月額3150円の100GBWiFiに変わったようです。

Mugen WiFiは、ソフトバンク・au・ドコモ回線で提供するトリプルキャリアなので、いつでもどこまで最速の回線を掴むことができます。

安いし、早いおすすめのポケットWiFiです。

ただ、楽天UN-LIMITの楽天エリアが拡大し、エリア内に入れば高速通信が使い放題になるので、WiFiは解約すると思います。

「楽天UN-LIMIT 3000円 + Mugen WiF i3600円 = 合計6,600円」に対して、「スマホ代だけの3000円」になるのは大きいです。

日用品代

日用品代:1000円

一人暮らしであれば、それほど必要な日用品もありません。

▼我が家で購入している日用品

  • トイレットペーパー
  • サランラップ
  • キッチンペーパー
  • 食器用洗剤
  • 洗濯用洗剤
  • 石鹸
  • ココナッツオイル

これだけですね。

ティッシュペーパーはトイレットペーパーで代用。シャンプーは湯シャンだから不要。トイレ洗剤は食器用洗剤で、浴室洗剤は石鹸で代用。ボディケアはすべてココナッツオイル。

こんな感じで、日用品は兼用化することで安く抑えています。

持つものが少ないと管理の手間も少なくて快適です。

車維持費

車維持費:0円

車は持っていません。

まわりの見渡すと車保有率ほぼ100%の地方に住んでいますが、会社まで徒歩40分、スーパーまで徒歩5分のところに住んでいるので、車はなくても全く問題ありません。

NHK代

NHK代:0円

テレビやワンセグなどの放送受信設備を持っていないため、NHK受信料の支払い義務はありません。

そのため、支払っていません。

NHK受信料は月2000円近くかかるため、テレビは断捨離したほうがいいと思います。

テレビを手放すメリットは他にもあります。

保険代

保険代:0円

保険関連には一切加入していません。

サラリーマンであれば、国民年金・厚生年金・健康保険に加入しているのでそれだけで十分。

車も持っていないので、自動車保険も0円。

民間の医療保険、積立型生命保険などに加入している人は、「本当に必要なのか」をよく考え直したほうがいいと思います。

積立型生命保険は利回りの悪い投資商品だし、日本の公的保険はかなり手厚いです。

そのため、つみたてNISAなどで資産運用したり、もしものときには貯金して備えたほうがずっと賢明だと思います。

奨学金の返済【15000円】

奨学金の返済:15000円

250万円の奨学金を借りているので、毎月15000円を地道に返済しているところです。

支払い重いよね。

一括で返すだけの貯金はありますが、無利子で借りられているので一括返済するつもりはありません。

奨学金は有利子だとしても超低金利です。

そのため、一括返済するよりも、株投資などで運用したほうが最終的な手残りは多くなると思っています。

食費【14700円】

食費の内訳はおおよそこのくらい。

  • 朝食:1700円
  • 昼食:5000円
  • 夕食:8000円

食費は削ろうと思えばもっと削れます。

しかし、食事は人間の体を作るためのすべてだといっても過言ではありません。

そのため、食費を無理に削ることしないです。

安く、健康的に、おいしい食事ができるように、料理の腕を磨いていますね。

朝食代

朝食代:1700円

プロテイン代です。

「朝はプロテイン1杯だけ」というのが私のルーティーす。

朝食は抜いて、お昼までなにも口にしない1日2食生活にはメリットがたくさんあるからです。

  1. 朝食代が安くなる
  2. 体脂肪が落ちやすくなる
  3. 家事の時短になる
  4. 体調がよくなる
  5. 頭の中がスッキリする

生活コストを下げて、脳や体のを整え、時間の節約にもなります。

リミテストの「ウルトラバリュー」というプロテインを愛用しています。

3kgで約5000円と格安なのが最大の魅力。

安かろう悪かろうではなくて、たんぱく質含有量は1食27gと豊富で、着色料や保存料も使われていない無添加で安心。

かなりおすすめのプロテインです。

▼朝食にプロテインだけを飲み続けた感想は、こちらの記事で詳しく紹介しています

昼食代

昼食代:5000円

会社の食堂かお弁当の持参で、1食200~300円程。

平日20日で約5000円になります。

休日のお昼代は外食したりもあるので、交際費で計上。

会社の食堂で食事をするときは、一人暮らしでは食べにくい魚を食べるようにしています。

魚に含まれる良質な脂質であるEPA・DHAは、人間の脳にかなりいいと言われているので、できるだけ食べる機会を増やしています。

夕食代

夕食代:8000円

ほとんどの平日と休日の夕食は自炊した料理を食べます。

1食250~300円で、1ヶ月8000円程。

平日は仕事で忙しいので、休日に食材をまとめ買いをし、4~5品の作り置きをしています。

休日に平日分の作り置きをしておくことで、平日は5分ほどで栄養のある食事にありつけます。

とある週の作り置き

作り置きだけでは1日に必要なたんぱく質が摂れないので、卵3個とひきわり納豆のオムレツも毎日作って食べていますね。

  • 冷凍ご飯
  • インスタント味噌汁
  • オムレツ
  • 豆腐
  • 作り置きの1品

十分すぎるほどに、豪華な食事になります。

自分のため費用【16,000円】

一人暮らしで支出をコントロールできるのは、この「自分のための費用」くらいです。

つまり、自分のための費用を抑えることが生活コストを下げることに繋がります。

  • 交際費:10000円
  • 交通費:1000円
  • 衣服費:1000円
  • 美容費:2000円
  • 自己啓発代:0円
  • 副業代:2000円

「自分のためにお金を使わないなんて…」

そう悲観的にとらえず、お金のかからない楽しいことを見つけるだけです。

逆に、不要な飲み会や外食、服の買い物などは減らる工夫が必要。

交際費

交際費:10000円

基本的に、予算は10000円に設定しています。

休日のお昼の外食代だったり、飲み代だったりします。

友人と会う機会や、結婚式などのイベントがあると、交際費の支出は一気に跳ね上がります。

ちなみに、会社の飲み会にはほぼ不参加です。

「飲み会には参加しないキャラ」を定着させたら勝ちです。

交通費

交通費:1000円

家にいることがほとんどなので、交通費は1円もかからない月もあります。

どこか出かけるときも、基本的には電車に乗らず歩くようにしています。

片道1~1.5時間くらいなら平気で歩きますね。

「歩ける距離は歩く」

これがモットーです。

ただ、友人と飲みに街に行くときは、電車で1時間近く乗る必要があり往復で2,000円かかります。

衣服代

衣服代:1000円

長く愛用できる服や靴を少しづつ集めてきたので、いまでは服を買うことはほとんどありません。

消耗品であるTシャツやスニーカーを買い替えるくらい。

毎月は服を買わず、年間で1.5万円くらい使っているイメージですね。

美容代

美容代:2000円

ヘアカットは、2ヶ月に1回だったり、ホットペッパーでクーポンを使ったり、1000円カットですませたりです。

髪型はヘアワックスでなんとでもなるし、キャップを被ることも多いのでそれほど気にしていません。

スキンケアは、日用品で購入しているココナッツオイルを兼用。

ココナッツオイルは酸化しにくく、肌にいいとされているので、お風呂上がりに、スキンケア・ボディケア・ヘアケアとして頭皮から髪の毛、体まで塗りたくっています。

ココナッツオイルの効能は、「ココナッツオイル健康法」で分かりやすい解説されています。

愛用しているココナッツオイルは生活科学研究会の「ナチュレオ」。

何度もリピートしており、天然のココナッツオイルが912gで2500円程

他のココナッツオイルと比べても圧倒的に安いです。

しかも、無味無臭なので、ココナッツオイルの香りが苦手な人にもおすすめ。

created by Rinker
生活科学研究会
¥2,160 (2020/12/03 04:59:46時点 Amazon調べ-詳細)

自己啓発代

自己啓発代:0円

スクールだったり、読書だったり、セミナーだったりでしょうか。

基本的に1円も使っていません。

読書は年間100冊ほどしていますが、図書館でタダで借りられます。

自己啓発という意味では、副業でブログやSNSをやっているので、自分で事業を作りながら自己啓発恥じている感じです。

お金もかかりません。

副業代

副業代:2000円

ブログ運営のためのサーバー代とGRCというキーワード順位を確認するツール代。

年間契約ですが、月々にならすと月2000円ほど。

ブログを書くことは副業であり、趣味でもあります。

月2000円で楽しめる趣味なのでコスパ最強ですね。

最後に

20代後半ミニマリストの1ヶ月の生活費の内訳を紹介しました。

当記事をまとめます。

  • 住居費は約30000円。家賃をとにかく抑えることが重要。
  • 奨学金は約15000円。一括返済はせずに地道に返済。
  • 食費は約15000円。基本は自炊で食費を抑える。
  • 自分のための費用は約15000円。副業が趣味兼自己啓発になっている。

水道子熱日や食費など、削ると生活の質が落ちることは無理に節約はしない。逆に、なくても困らないことは徹底的に削る。

断捨離を経て、ミニマリストになれば、「自分にとって本当に大切なもの」が見えるようになります。

それさえわかれば、少ないお金で生きることはそれほど難しくないと思います。

こちらの記事では、少ないお金でも楽しく暮らすコツについて紹介しています

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 節約すれば結構出来るもんだと思いつつ生きてて何が楽しいんだろうという。
    奪うだけで一切国民に還元しない最悪な国が永遠に終わらない不況にあるから仕方ないのかな。
    稼ぎを増やすために頑張っても搾取が加速するだけだし。
    この国で生きる以上は多くは望めないのかな

    • 私も同じテーマで何度も悩みました。

      「お金」とはなにかを何度も考えた末に辿り着いたのが、
      お金で「時間」と「見栄」を買うのはやめたほうがいいということ。

      便利な家電や乗り物などはすべて時間を買うことと同じです。
      余りにも当たり前になりすぎて気が付きませんが、
      時間を買って生まれた時間でさらに働いていたから、苦しいのだと思います。
      少ないお金で生活ができれば、それほど無理にお金を稼ぐ必要はありません。
      それだけ税金の負担も軽くなります。

コメントする

目次
閉じる