MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【12/4~11】楽天お買い物マラソン開催中!おすすめの商品は?

お金を使わない生活ってどんな感じ?ミニマリストの1日の過ごし方。

 

お金を使わない生活の1日ってどんな感じ?それって楽しいの?

 

そんな疑問に答えます。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8~10万円で一人暮らしをしている20代後半の倹約家ミニマリストです。お金を使うのは週に1度で、週末に行くスーパーの買い物くらい。

 

お金は元気な子どものようなもので、財布の口を開けるとすぐに飛び出していきます。

 

そのため、節約生活において最重要なことは、財布を開けない、つまりはお金を使わない日を増やすことです。

 

当記事では、倹約家ミニマリストの平日と休日それぞれの過ごし方、お金を使わなくても楽しむコツについて紹介します。

 

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

目次

お金を使わない生活ってどんな感じ?

ぶっちゃけ、刺激はありません。

 

当たり前ですけどね。

 

お金を使わない生活というのは、いまあるもので暮らす生活なので、基本的には毎日おなじことの繰り返しだからです。

 

朝起きて、弁当を作って、会社に行って、働いて、家に帰って、シャワーを浴びて、ご飯を食べて、寝る。

 

そんな平凡な日々です。

 

ですが、お金を使わないからといって、毎日が不幸でつまらないものでは全くありません。

 

要は、当たり前の日常の中で、どれだけお金を使わずに楽しいことを見つけられるか。

 

ここが大切になると思います。

 

「お金を使わない = 貧乏 = 不幸」なんて考え方自体が貧相だと言えます。

 

自分の心を豊かに満たすのは、いつだって自分の気の持ちようだったり、行動だったりするわけです。

 

ミニマリストのお金を使わない1日の過ごし方

「でも、楽しいお金を使わない生活ってどんな感じ?」

 

そんな方に向けて、一人暮らしサラーリマンである私の平日と休日のそれぞれの過ごし方を紹介します。

 

平日のスケジュール

5:00 起床。「カーテなしの生活」をしており、太陽の光で自然に目が覚めます。
~5:30 朝食はプロテイン1杯」を習慣化。その後、朝シャワー浴びて、会社に行く身支度。
~7:00 朝の頭の冴えた時間に「ブログを書く」ようにしています。
~7:40 家にいてもいいギリギリの時間まで、「本を読む」ことがほとんど。
~8:20 会社までは、「徒歩通勤」が日課。
~17:30 会社で仕事。「定時退社」を強く意識。会社には「水筒にコーヒー」を淹れて持参。
~18:10 Dアニメストアでアニメを見ながら歩いて帰宅。
~18:30 自宅でできる「プリズナートレーニング」を5~10分程度。
~19:00 シャワーを浴びたら、アニメを見ながら「作り置き筋トレ飯」を食べる。
~21:00 ブログを書く。ひたすら書く。
21:30 就寝。

 

仕事のある平日はびっくりするくらいこの繰り返し。

 

昼ごはんをコンビニで買うこともないし、会社の自動販売機でホットコーヒーを買うこともない。会社帰りにスーパーに立ち寄ってお掃除も買わなければ、会社の同僚と飲み行くこともありません。

 

財布を開かないだけでなく、”財布に触れることすらない” 日常を過ごしています。

 

「たまにはコンビニでも寄って、アイスを買いたいなあ」と思う時はあります。

 

ですが、1円でもお金を使ってしまうと自制心が弱まってしまうことを知っているので、平日はできるだけお金を使わないようにしています。

 

休日のスケジュール

5:00 起床。休日だからといって寝すぎることはなく、平日と同じ時間に起きる
~5:30 朝食にはプロテインを1杯。朝シャワー浴びて、インスタントのホットコーヒーを淹れる。
~10:00 休憩をはさみながら、ひたすらブログを書く。
~11:00 図書館に借りていた本を返しに行く。次に読む本を借りる。
~11:30 図書館の帰にスーパーに寄って1週間分の食材の買い出し。お菓子は3つまで。
~13:00 平日5日分の作り置きと昼ごはんを作る
~15:00 昼寝。
~17:00 ブログ記事のリライトや記事ネタを考えたり。
~17:30 自宅でできるプリズナートレーニングを5~10分程度。
~18:00 アニメを見ながら昼間に作った作り置きを食べる。
~21:00 ブログを書いたり、人のブログを徘徊したり、アニメを見たり。
21:30 就寝。


土曜日はスーパーでの買い物のため、1週間で唯一のお金を使う日です。

 

食材はこまめに買い足すのではなく、財布を開く機会を減らすために、1週間分の食材をまとめで買っています。

 

とはいえ、美容院に行ったり、友達と飲みに出かけたりもします。

 

そんなときは、できるだけ1日の中に予定を詰め込んで、お金を使わない日を減らすように意識しています。

 

楽しいお金を使わない生活をおくるコツ

お金を使わない生活は退屈な1日に見えるかもしれません。

 

ですが、お金を使わない生活でも楽しむ工夫はできます。

 

私が実際にいまでも続けているコツを紹介します。

  1. 外食はせずに自炊する
  2. 飲み物は水筒で持ち歩く
  3. お菓子はまとめ買い
  4. お金のかからない創作活動をする
  5. 運動や筋トレを習慣にする

 

1. 外食をせずに自炊する

まず、自炊すること。

 

吉野家の1杯300円の牛丼だとしても、砂糖や油がたくさん使われているので、食べても食べても食欲は収まりません。

 

その点、自炊は自分で味付けをコントロールすることができます。

 

シンプルで薄めの味を意識して、家でゆっくり食事をすれば、満腹感も満足感も味わえます。

 

食費は生活費の中でもかなりのウエイトを占めるので、自炊にはぜひ挑戦してみるといいと思います。

 

関連記事:自炊を始めたい一人暮らし男子に!自炊が日課のサラーリマンが教える10のコツ

 

2. 飲み物は水筒で持ち歩く

水筒を持ち歩いて、自動販売機やカフェを利用しないこと。

 

水筒でインスタントのコーヒーを作れば1杯30円とかですが、自動販売機では120円、カフェだと500円にもなります。

 

会社やプライベートで出かけるときも、水筒を持ち歩きましょう。

 

象印やタイガーなどの専門メーカーは機能性はいいですが、デザインがどうにも好きになれない人もいるかもしれません。

 

そんな時は、好きなブランドでも水筒を販売していないか調べてみるといいです。

 

私はイルビゾンテが好きで、イルビゾンテの水筒をずっと愛用していています。

 

3. お菓子はまとめ買いする

「ちょっとお菓子が食べたいなあ」

 

そんな時、パラパラとコンビニに行くのはおすすめしません。

 

なぜならば、ついつい余計なものまで買ってしまいがちだからです。

 

自炊のために週1で食材の買い物に行って、「お菓子を買うのは週に1回その時だけ」と決めてしまうといいです。

 

お金を使ってはダメだからといって、お菓子を完全に食べないのはストレスがたまります。

 

買ってもいいけど買うタイミングをルールとして決めることで、無駄な支出を防ぐことができます。

 

4. お金のかからない創作活動をする

お金をついつい使ってしまうのは、ひまだからです。

 

「ひまだから買い物でも行こう」

「ひまだから飲みにでも行こう」

「ひまだから映画でも見よう」

 

そして、ひまをつぶすためには人に会うことが多く、見栄を張りたくなってまたお金を使う。

 

そんなループに陥ります。

 

おすすめは、お金のかからない創作活動に挑戦することです。

 

基本的に、お金と引き換えるになるのは消費活動です。

 

誰かが作ったゲームをお金を払って遊ぶ、誰かが作った映画をお金を払って見る、誰かが作った料理をお金を払って食べる。

 

消費することはお金を払うだけなので楽です。それゆえに、やりがいや面白さには上限があります。

 

だから、自分で創作活動をしてみるといいです。

 

  • 料理を作る
  • 野菜を育てる
  • ブログを書く
  • 動画を作る
  • イラストを描く
  • ゲームをプラグラムする

 

もちろん内容にはよりますが、多くの創作活動にそれほどお金はかかりません。

 

誰かの作ったもので遊んで得られる快楽よりも、自分で創ったもので誰かが喜んでくれる快楽は格別ですよ。

 

関連記事:暇すぎる一人暮らしにはひとりでできる創作活動が最高におすすめ

 

5. 運動や筋トレを習慣にする

ストレス解消のためにお金を使うことは多いと思います。

 

ストレス解消というより、ストレスに影響を受けにくい体を作るために運動しましょう。

 

歩くことや体を鍛えることは、不安やうつなどのネガティブな感情を抑制する効果があると研究で分かっています。

 

仕事終わりにランニングなどは続かないので、通勤経路で歩く範囲を増やしたり、会社では階段を使ったり、1日1分でもいいから自宅で腕立て伏せをしたり、無理せず始めることで習慣になりやすいです。

 

運動のもたらす効果については、「脳を鍛えるには運動しかない!」という本で詳しく解説されています。

 

運動のモチベーションを維持するきっかけになると思うので、分厚いハードカバー本ですが、おすすめです。

 

最後に

お金を使わない生活の1日のスケジュール、楽しむコツについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • お金を使わない生活とはいまあるもので暮らすため、変化の少ない日常になる
  • しかし、日常の中で楽しいことを意識して探すことでいくらでも楽しくなる
  • 外食ではなく、シンプルな味付けで自炊して、ゆっくりと食事をする
  • 会社やお出かけにはお気に入りの水筒に飲み物を入れて持ち運ぶ
  • お菓子はスーパーに買い物に行った時だけ買っていいルールにする
  • お金をかけずに創作活動を始めて、誰かを喜ばせることに挑戦する
  • 無理のない範囲で運動や筋トレを始めて習慣化する

 

「我慢してまでお金を貯める意味ってある?」

 

そんな疑問を持つかもしれません。

 

答えは、お金を貯める意味は間違いなくあります。

 

なぜならば、お金は人生の選択肢を広げてくれるからです。

 

一切働かずに自由に生きるほどの資産を築くには時間がかかりますが、100万円でも貯金があれば選択肢があることに気が付きます。

 

▼「若いうちは自己投資すべき?それとも貯金?」。そんな疑問を持つ方に、若くからお金を貯める意味を解説しています。

関連記事:20代は貯金がいくらあればいい?若いうちからお金を貯めたほうがいい理由

 

▼お金が貯まらない理由は、自分の収入の身の丈になった暮らしができていないからです。背伸びせずに身の丈にあった暮らしはむしろ心地よく、お金も貯まります。

関連記事:一人暮らしでは貯金ができない?身の丈にあった暮らしでお金は貯まる

 

▼お金を簡単に貯める方法を聞かれたら、「断捨離してミニマリストになるといいよ」と答えると思います。

関連記事:ミニマリストになれば低収入でも貯金ができる3つの理由

 

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる