MENU
電子書籍「ミニマリスト式シリーズ」を出版中
ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

【限定公開コンテンツをお届け】なにおれ公式LINE
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
楽天ROOM
お得なサービス10選
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
サラリーマンがやるべきこと
マイプロテインを1kg2,000円未満で買う方法
なにおれ (30)
naniore
30歳の倹約家ミニマリスト。月6〜8万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。

現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイルを綴ったブログ。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案します。
【10/19まで無料】Kindle本の新刊『ミニマリスト式超引っ越し術』を出しました

歩く習慣が最強!1日7kmのウォーキング習慣で実感した5つの効果

 

「歩く習慣」は、数ある身につけるといい習慣の中でも最強のひとつです。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、20代後半のサラーリマンです。

 

徒歩通勤と絡めて1日7kmのウォーキングを1年以上継続してきました。

 

毎日毎日とにかく歩きまくった経験から、「歩くことには人生を変えるほどの効果がある」と実感しています。

 

  • 朝早く起きること
  • 夜早く寝ること
  • 本を読むこと
  • タバコをやめること
  • 勉強すること
  • ジャンクフードを食べないこと
  • 瞑想すること

 

“良い習慣” とされることはたくさんあります。

 

しかし、脳を鍛えることができるのは運動しかありません。

 

当記事では、歩く習慣で実感している人生を変えるほどの効果について紹介します。

 

関連記事:お金を使わない生活ってどんな感じ?ミニマリストの1日の過ごし方。

 

目次

歩く習慣が最強!1日7kmのウォーキング習慣で実感した5つの効果

歩くことで実感できる効果は5つあります。

  1. メンタルが強くなる
  2. 依存症から抜け出せる
  3. 学習能力が高くなる
  4. お金が貯まるようになる
  5. ダイエット・美肌になる

 

1. メンタルが強くなる

まず、一番実感しているのはこれ。

 

メンタルが強くなることです。

 

脳を鍛えるには運動しかない!」でも説明されていますが、ウォーキングをはじめとした有酸素運動には、「ストレスの軽減、不安の解消、うつの抑制」などの効果があるとわかっています。

 

「毎日仕事に行きたくないなあ」

「貯金は少しはあるのに将来が不安だなあ」

「休日なのになにもやる気が起きないなあ」

 

そんなネガティブな感情は、歩くことでおおよそ解決します。

 

いや、解決するとまでは断言できませんが、確実に軽減することはできます。

 

脳は体と違って目に見えません。

 

それゆえに、軽視されがちですが、脳も体と同じように鍛えることで強くなります。

 

脳を鍛えるには、歩くことです。

 

歩く習慣を手に入れたら、ふとっした瞬間や無意識にネガティブな思考をすることは間違いなく減ります。

 

楽しいことを考えられる時間が増えれば、私たちの暮らしはもっともっと良くなるとは思いませんか?

 

関連記事:疲れ気味の社会人が体調とメンタルを整える6つの生活習慣

 

2. 中毒状態から抜け出せる

私たちの暮らしは、あらゆる依存に振り回されているといえます。

 

  • 買い物依存症
  • アルコール依存症
  • タバコ依存症
  • お菓子依存症
  • ギャンブル依存症

 

「コンビニに立ち寄ったとき、お菓子を買うつもりはなかったのについ買ってしまった」

 

このような経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

 

これはお菓子が中毒になり、お菓子に依存している状態です。

 

では、なぜ私たちは知らない間に依存症になってしまうか。

 

これは、企業が私たち消費者を、自社製品に中毒状態にさせようと日夜研究に研究を重ねているからです。

 

そのため、「お酒をやめたい」、「お菓子を食べるのをやめたい」とどれだけ頭で強く思っても、自分の意志の力で欲望を制御することはかなり難しいのです。

 

そんな依存症からの脱却するために有効なのが、歩くことです。

 

不思議なことに歩くことが習慣化すると、これまでほしかったものがほしくなくなってきます。

 

つまり、依存状態から抜け出せるのです。

 

健康や資産形成に影響をおよぼす依存状態から抜け出すことは、人生の満足度を間違いなく上げてくれます。

 

関連記事:サラリーマンが楽に生きていくには?依存性からの脱却が重要

 

3. 学習能力が高くなる

大人になると物覚えが悪くなります。

 

これは、脳細胞が死んでいっているからです。

 

しかし、歩くことで脳細胞を逆に育てることができます。

 

「最近、仕事で覚えられないことが増えた」

「なにかを思い出そうとしても言葉が浮かばない」

「新しいことを勉強したいのに手がつかない」

 

そんなサラリーマンこそ歩くべきです。

 

歩くことで、物覚えがよくなったり、本が集中して読めるようになったり、副業のための学習意欲も湧いてくるかもしれません。

 

大人になるとなぜだか、「もう勉強しなくていい」と思ってしまいがちです。

 

しかし、大人だこそ頭を良くするために努力するべきです。

 

新しいことを学んだり、できなかったことができるようになったりすることで、人生はずっと豊かになります。

 

関連記事:大人の頭が良くなる方法とは?サラリーマンこそ頭を良くするために努力するべき

 

4. お金が貯まるようになる

歩くことで脳を鍛えることができ、その結果、お金も貯まるようになります。

 

なぜならば、依存症からの脱却効果により、無駄な買い物が激減するからです。

 

「会社で嫌なことがあったから、帰りのコンビニでビールとお菓子を買おう」

「コートは1着持っているけど、かわいいのがあったからもう1着買っちゃおう」

「必要かわからないけど、おしゃれな雑貨を見つけたから買っちゃおう」

 

そうやって自分の意志とは関係ないところで欲望に突き動かされて、私たちは浪費を繰り返しています。

 

しかし、歩くことで依存は薄くなり、自分の欲望をコントロールできるようになります。

 

すると、自然にお金を使う機会も減っていきます。

 

支出が減れば、貯金もできるようになります。

 

お金が貯まる体質が身につければ、お金のことで不安に感じることも大幅に減りますよ。

 

関連記事:20代は貯金がいくらあればいい?若いうちからお金を貯めたほうがいい理由

 

5. ダイエット・美肌になる

歩くことは、外見を整えるためにも効果があります。

 

歩くことでカロリーが消費されるため、ダイエットに効果があることはわかりやすいと思います。

 

それだけでなく、ホルモンの分泌や血液循環の促進、新陳代謝が高まるなどの効果もあるため、肌がきれいになります。

 

さらに、砂糖と油が大量に使われたお菓子への欲望を制御できるようになるため、肌荒れもしにくくなります。

 

さらにさらに、歩くようになればよく眠れるようになり、睡眠はお肌にはいい影響をあたえてくれます。

 

つまり、歩くことによって、痩せたり、肌がきれいになったりと、外形を整えることのすべてがうまくかみ合います。

 

外形を整えるためにスポーツジムに通ったり、高い化粧水を買ったりするくらいなら、歩いたほうがよっぽど効果があるでしょう。

 

それに経済的です。

 

関連記事:メンズミニマリストのスキンケアにはココナッツオイルだけでいい【1つ7役】

 

歩く習慣を身につけるための方法

「でも、仕事終わりに歩くのは大変だよ・・・」

 

そう思うかもしれません。

 

しかし、考え方を変えてください。

 

歩くことを習慣化するには、「いかに日常生活に歩くことを組み込むか」です。

 

  • 通勤ルートで歩く範囲を増やす
  • 徒歩で通えそうなら歩く
  • 飲み会の会場まで歩く
  • 最寄り駅まで歩く
  • スポーツジムまで歩く
  • ショッピングは歩いて動く
  • 会社では階段を使う

 

電車や車、バスなどで移動していたところをすべて歩くようにします。

 

つまり、とにかく歩くことです。

 

具体的には、片道1時間くらいの距離であれば歩きましょう。距離に換算すれば約5kmくらい。

 

ちょっと出かけるときも、グーグルマップで目的地までの距離を確認して5kmくらいなら歩く。

 

「歩ける距離はとにかく歩く」

 

そうやって自分に誓うことが、誰にでもできて、誰でも継続できる最もシンプルな方法です。

 

関連記事:サラリーマンは徒歩通勤で幸せになれる理由【通勤時間よりも手段が大事】

 

最後に

歩くことが最強の習慣である理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 歩くことは人生を変えるほどの効果がある
  • ストレスや不安、うつから解放されて前向きな気持ちになる
  • 買い物やお酒、お菓子など日常的な依存からも脱却できる
  • 脳細胞を育てることができ、新しいことにも挑戦したくなる
  • 消費欲求をコントールできるようになり、お金が貯まるようになる
  • 歩くことで1日の消費カロリーを底上げできるため太りにくくなる
  • 暴食を抑えたり、よく眠れるようになったりと肌をきれいになる
  • 歩くことを習慣化するには、片道1時間の距離であれば歩く

 

歩くことは、「ストレスケア・資産形成・勉強・ダイエット・美肌」と人生の悩みのほとんどを解決します。

 

「なにかひとつでもいい習慣を身につけよう」

 

そう思うのなら、歩くことを習慣にしてください。

 

間違いなく人生を豊かにします。

 

歩くことにはお金もいらないし、準備するものもありません。だれでもすぐに始められます。

 

やるかやらないかを決められるのは、あなただけです。

 

▼歩くことが億劫にならないためにも、手ぶらで生活できるようになると最強です。

関連記事:外出の持ち物を極限まで減らそう!手ぶら生活で実感する5つのメリット

 

▼細マッチョ体型を目指すにはジム通いはいりません。細マッチョになるための具体的な方法をステップに分けて

関連記事:ジム通いなしで誰でも細マッチョになる方法【完全ガイド】

 

▼筋トレが続かない人は、「日々成長していると実感すること」が重要という話

関連記事:筋トレのモチベーションを維持する最強の方法【モテたいでは続かない】

 

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

【2021年10月最新】マイプロテインを最安値で買う方法

60種類以上の豊富なフレーバーで、味もおいしいと人気の高いマイプロテイン。

Amazonで購入すると1kg3,000円はするマイプロテインのホエイプロテイン(Impactホエイプロテイン)ですが、公式サイトから30%OFFクーポンで、1kg2,000円で購入できます。

運営者

月6〜8万円で暮らす30歳ミニマリスト。社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。

目次
閉じる