2020.05.27

外出の持ち物を極限まで減らそう!手ぶら生活で実感する5つのメリット

 

当記事は、「手ぶら生活って最高だよ! みんなもやろうぜ!!」という内容になっています。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

 

私は20代後半のサラリーマンで、仕事でもプライベートでもカバンは一切持ち歩きません。旅行に行くときだけは、ギリギリ1泊分の荷物が入るカバンを使います。

 

日常を便利にするためのもので溢れた現代。

 

「あると便利だから~」

「ないともしもの時に困るから~」

 

と、あれもこれもとカバンに入れているうちに、逆に不自由で身動きがとりにくくなっていると感じたことはありませんか?

 

当記事では、外出での持ち物は極力なくし、手ぶらで生活することの魅力をお伝えしたいと思います。

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

外出の持ち物を極限まで減らそう!手ぶら生活で実感するメリット

まずは手ぶら生活のメリットを紹介します。

 

私がものを持ち歩かない手ぶら生活で実感しているメリットは5つあります。

  1. 歩きの行動範囲が広がる
  2. 電車やバスで邪魔にならない
  3. 無駄な支出が減る
  4. 店先で置き引きを気にしなくていい
  5. カバンやリュックを買う必要がなくなる

 

1. 歩きの行動範囲が広がる

最大のメリットといえます。

 

それは、歩くことへの抵抗感がうすくなり、歩きの行動範囲が広がること。

 

「ちょっとコンビニまで歩くか」

「散歩がてらスーパーまで歩こう」

「隣の駅くらいなら歩いて行くか」

「飲み会まで時間があるし、歩いて向かうか」

 

こんな感じで、いつもなら車や電車を使ってしまうような場面でも、「歩く」という選択肢が自然と出てきます。

 

そして、歩くという行動は、間違いなく人生をいい方向へ連れていってくれます。

 

運動によるダイエット効果というよりも、歩くことで脳を鍛えることができるからです。

 

脳を鍛えるには運動しかない!」という本で詳しく解説されていますが、「学習能力を向上、うつや不安などのネガティブな感情の抑制、老化防止、酒やたばこ、お菓子などの中毒症状からの脱却」といった効果があります。

 

手ぶらで生活することは、自然と運動することへの抵抗感を減らしてくれる最強のライフハックだと思っています。

 

関連記事:いい習慣とは?「歩くこと」が最強の習慣である5つの理由

 

2. 電車やバスで邪魔にならない

通勤や通学でリュックやカバンを持ち歩いている人。

 

電車やバスで邪魔だと感じたことはないでしょうか?

 

人にぶつからないように気を遣ったり、人にぶつかられてイラっとしたり、席に座れても膝の上に置かないといけなかったり。

 

そんな経験をしたことのある人は多いと思います。

 

しかし、手ぶらであれば電車やバスでストレスを感じることは激減します。

 

自分の体以外に守るものもないので、周囲に気を遣う必要がないからです。

 

この感覚を一度でも体感したら、もうカバン持ち生活に戻れなくなるくらいに快適ですよ。

 

関連記事:手ぶら通勤は本当におすすめ。病み付きになる快適さを体感できる。

 

3. 無駄な支出が減る

手ぶらで生活すると不思議なことが起こります。

 

それは、支出が減ってお金が貯まるようになるのです。

 

なぜならば、手荷物を増やしたくないので、買い物自体をすることが減るためです。

 

例えば、ちょっと街をぶらぶらしている時、「あ、これせっかくだから買っとくか」と買い物をすることってありませんか?

 

しかし、カバンやリュックがなければ、買ったものを持ち歩かなければいけません。

 

そのため、「買い物をすると邪魔だからやめよう」という思考回路になるわけです。

 

結果として、無駄な支出が減るというわけ。

 

私は月8~10万円で一人暮らしをしている倹約家ですが、「お金を貯める最強の方法は、お金を使わない日を増やすこと」だと思っています。

 

そのため、手ぶら生活でお金を使わない日が増えれば、自然と貯金額は増えるはずです。

 

関連記事:最強の節約方法はお金を使わない日を作ること。今日から始めるゼロ円生活。

 

4. 店先で置き引きを気にしなくていい

いくら安全な日本でも、カフェやレストランで一人の時にカバンを机に置きっぱなしにするのは怖いですよね。

 

置き引きされるリスクがあるわけで。

 

だからといって、ちょっとトイレに行くだけのためにすべての荷物をカバンに一度戻して、カバンをトイレに持っていくのも面倒です。

 

そんなとき、手ぶらであればそんなストレスからは完全に開放されます。

 

財布とスマホだけポケットから出し入れするだけですから。

 

日常から小さなストレスがなくなるだけでも、意外とその効果は大きいと実感します。

 

小さなストレスを日常から排除できれば、1日の中でイラっとする機会はどんどん減っていきますよ。

 

5. カバンやリュックを買う必要がなくなる

手ぶらで生活すれば、カバンやリュックは必要ありません。

 

そもそも買う必要がないし、買い替えることも不要。

 

カバンやリュックはファッションアイテムのひとつとして考えられているため、おしゃれで新しいものが欲しくなるものです。

 

ただ、当然ですが、カバンやリュックを買えばお金がかかります。

 

しかし、手ぶらで過ごすことで、人生からカバンやリュックを買うことはなくなります。

 

ファッション好きな人からしたらデメリットかもしれませんが、買い替えなどでおすすめの商品を調べたりする手間からも解放されるわけです。

 

アパレル業界のマーケティングに踊らされて、高い買い物をしてしまうこともなくなります。

 

手ぶら生活を送るための6つのコツ

「でも、手ぶらで生活するって具体的にどうすればいいのか?」

 

そんな疑問に答えます。

 

全てをやる必要はありませんが、やるといいことは6つあります。

  1. 財布をコインケースにする
  2. スマホを小型化する
  3. 本はスマホのKindleアプリで読む
  4. 時間はスマホで確認する
  5. メモはスマホアプリでする
  6. スポーツワイヤレスイヤホンを持つ

 

1. 財布をコインケースにする

要するに、「財布をできるだけ小型化する」ということ。

 

そのため、別にコインスケースである必要はありません。

 

ただ、ジャケットやズボンのポケットに入れるなら、コインケースくらい小さいとほとんど気にならないのでおすすめです。

 

▼私は友人にもらったこんな感じのコインケースを財布していいますね。

 

▼コインケースを財布にする方法は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

関連記事:コインケース・小銭入れを財布代わりにしてよかったこと

 

2. スマホを小型化する

財布と同様に、「スマホも小さいと持ち運びが楽になる」ということ。

 

近頃のスマホは大型ディスプレイがほとんどで、動画を見たりスマホゲームをしたりするにはいいですが、持ち運びという面からはデメリットです。

 

よく考えてほしいのは、「本当に大型ディスプレイが必要かどうか。もっと小さいスマホで良くないか」ということ。

 

小型スマホは片手で持ちやすく、重量も軽くて、コンパクトなので持ち運びにも向いています。

 

スペックと値段のバランスがいい機種でいえば、「iPhone SE (第二世代)」一択になるかな、と思います。

出典:Apple オンラインストア

 

▼ちなみに、私は2016年に発売されたiPhone SE (第一世代)を愛用しています。数年落ちでも私には十分です。

 

3. 本はKindleアプリで読む

読書のための本は電子書籍化します。

 

Kindle端末を持たなくても、スマホのKindleアプリから本を読むことができます。

 

これで十分です。

 

月額980円で本読み放題の「Kindle Unlimited」を契約していれば、スマホ1台で無限に本を読めるので本好きは幸せになれますよ。

 

関連記事:【2020年最新】Kindle Unlimitedで読み放題できるおすすめの実用書15選

 

4. 時間はスマホで確認する

腕時計を身につける必要もありません。

 

時間はスマホで確認すればOK。

 

腕時計は必要なときだけつけるようにして、基本的にはスマホで時間を確認すればいいです。

 

ほとんどの場合、これで事足ります。

 

5. メモはスマホアプリでする

手帳を持たなくても、スマホのアプリでメモする。

 

営業で客先などでやってはダメですが、基本的にはスマホアプリで覚えておきたいことをメモすればいいです。

 

アプリは使いやすいものを使えばOK。

 

私の場合は、LINEに自分だけのグループを作って、そこにポンポン打ち込んでいます。

 

LINEはパソコンからも同期できるので、なにかと便利です。

 

6. スポーツワイヤレスイヤホンを持つ

AirPodsを筆頭に人気の完全ワイヤレスイヤホン。

 

ただ、手ぶら生活には、スポーツワイヤレスイヤホンのほうがおすすめ。

created by Rinker
EVIO
¥2,278 (2020/07/11 17:52:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

首にかけておけるので、紛失するリスクも低く、ポケットに入れて邪魔になることもありません。

 

それに、オーバーサイズの上着 ×スポーツワイヤレスイヤホンの組み合わせは、スポーティーでけっこうかっこいいです。

 

最後に

手ぶら生活で実感するメリットとコツについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 手ぶらは歩くことへのハードルを下げて、歩く習慣を身につけやすくする
  • 手ぶらなら電車やバスなどの密集地帯でのストレスが激減する
  • 手ぶらは荷物を増やしたくないから自然と支出が減り、お金が貯まる
  • カフェやレストランで一人のときに気兼ねなくトイレに行ける
  • カバンやリュックを買うことから一生解放される
  • 手ぶら化のコツは、財布とスマホのできるだけ小型化すること
  • 読書、時計、手帳はスマホアプリで代用可能
  • イヤホンは完全ワイヤレスより、首にかけられるスポーツタイプがおすすめ

 

手ぶら生活は、「快適」の一言に尽きます。

 

しかも、快適なだけでなく、支出を減らして資産形成するにも間違いなくいい方向に働きます。

 

手持ちのカバンやリュックを整理して、手ぶら生活を一緒にはじめませんか?

 

▼基本的に出番はないですが、私が愛用しているカバンは2つ。

関連記事:社会人ミニマリスト男の愛用カバンは2つ!バッグの中身も公開!

 

▼手ぶら生活を合わせて、「徒歩通勤」を始めることもめちゃくちゃおすすめ!

関連記事:サラリーマンは徒歩通勤で幸せになれる理由【通勤時間よりも手段が大事】

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事