2019.10.05

自炊はしないほうが得なのか?一人暮らしの独身男が料理する理由

 

「自炊はしないほうが得?」

 

自炊って手間がかかるし、なんだかんだお金もかかるんですよね。

 

「それならコンビニ飯とか外食チェーンのほうが楽だし安いから最高じゃん!」

 

と、思っている人も多いのではないでしょうか。

 

それでも私は一人暮らしで自炊を続けています。

 

今後もコンビニ飯や外食チェーンのご飯を毎日の食事にすることはまずないでしょうね。

 

当記事では、忙しい一人暮らしの社会人に向けて、自炊するメリット・自炊の手間を減らすコツ・自炊のコストを下げるコツを紹介します。

関連記事:一人暮らしミニマリストの毎日の食事内容!食費は?自炊のコツは?

 

自炊しないほうが得なのか?

結論ですが、単純に金銭的な話だけをするのであれば、自炊にはそれほどメリットはない。

 

むしろ、コストとしては高くなる可能性すら高いです。

 

毎日の夕食でなにを食べるかによって、1ヶ月のコストがどれくらいになるか考えてみました。

内容 1日のコスト 1ヶ月のコスト
コンビニの唐揚げ弁当 450円 13,500円
吉野家の牛丼並 380円 11,400円
スーパーの総菜 300円 9,000円
インスタントラーメン 200円 6,000円
自炊 500円 20,000円

 

自炊した場合、節約したとしても1食で400~500円はかかります。

 

そうなると、コンビニで弁当を買ったり、スーパーで総菜を買ったり、吉野家で牛丼を食べたりするよりも普通にコストは高くなりますね。

 

「じゃあ、やっぱり自炊なんてしないほうがいいじゃん!」

 

と思うかもしれません。

 

ですが、これは健康面のことを完全に無視しているです。

 

コンビニ弁当や外食チェーンは安い割にお腹もそこそこ一杯になるのですが、明らかに栄養が偏っています。

 

いわゆる、高炭水化物・低たんぱく質・高脂質という食事内容です。

 

健康的で引き締まった体を目指すのとは真逆の食事になります。

 

もちろん、コンビニや外食でも栄養バランスのとれた食事をすることは可能です。ただ、これをしようとすると一気にコストが跳ね上がります。

 

1食1,000円以上はほぼ間違いなくかかってくるでしょうね。

 

それが自炊の場合、400~500円ですみます。

 

つまり、健康面を気にするなら結局自炊のほうがコストは安くなってお得、ということになります。

 

一人暮らしの独身男が自炊する理由

健康面を考えると自炊のほうが圧倒的に安くなるから自炊しているのもあるのですが、もうひとつ決定的なことがあります。

 

それは、毎日の食事が楽しくなること。

 

これけっこう大切だと思っています。

 

人間の三大欲求は食欲・性欲・睡眠欲なわけで、「食欲」って人生の根幹を握る部分なことは誰もが知っていることです。

 

でも、その根幹の部分をコンビニや外食チェーン、インスタントラーメンで消耗しちゃっていいんですか?

 

って思うんですよね。

 

いや、おいしいんですよ、コンビニ弁当もインスタントラーメンも。

 

でも、仕事が終わって帰り道のコンビニに寄って、いつもの鶏の唐揚げ弁当を買って、家に帰ったらかけこむように弁当を貪る。

 

これ、食事しているときに、「ものすごい虚しさ」みたいなものを感じませんか?

 

なんというか、食事をすることがただの作業みたいな。

 

料理をすることは手間がかかります。

 

でも、きちんと陶器の器に盛り付けられたご飯って見ているだけでもテンション上がりませんか?

 

別に凝った料理をする必要はなくて、ご飯と味噌汁と野菜炒めだけでも、食事することに心が満たされる感覚があります。

 

まだ見ぬ未来でもなく、もう取り戻せない過去でもなく、なにげない日常こそが人生のすべてだと私は思っているので、心を満たしてくれる食事に手を抜きたいとは思いません

関連記事:【筋トレ飯】一人暮らし男の1ヶ月の自炊内容を紹介!食費はいくら?

 

一人暮らしの自炊の手間を減らすコツ

とはいえ、忙しいサラリーマンが自炊を続けるのは大変です。

 

そこで、私が実践している自炊の手間を減らすコツを2つ紹介します。

  1. 朝食は食べないこと
  2. 週末に作り置きすること

 

1. 朝食は食べない

賛否両論ありますが、私は朝食抜きの1日2食の生活を続けています。

 

余裕のない朝の時間まで自炊することは大変なので、朝はなにも食べません。

 

なにも食べない代わりに、プロテインを1杯飲むことを習慣にしています。

 

朝食をプロテインにすることは手間がかからないだけでなく、体型を維持しやすくなるし、頭が冴えるようになるメリットもあります。

 

朝はたんぱく質が枯渇していたり、たんぱく質には食欲を抑える作用があったり、人間は空腹時に脂肪が燃焼されるので、朝はたんぱく質だけ補給して何も食べないくらいが丁度いいと思っています。

 

プロテインならリミテストの「ウルトラバリュー」を私は愛用しています。

通常のプロテインが1kg3,000円とかする中で、3kgで5,000円と格安

 

安いから品質が悪いということもなく、1杯でたんぱく27g・無添加・無香料・無着色とたんぱく質量も安全面でもコスパ最高のプロテインだと思います。

 

▼朝にプロテインを飲むメリット・デメリットはこちらの記事をどうぞ

関連記事:朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想【メリット・デメリット】

 

2. 週末に作り置きをする

自炊したくない人のほとんどは、「めんどくさいから」だと思うんですよね。

 

毎日なにを食べようか考えて、スーパーに買い出しに行って、料理して、盛り付けて、洗い物をして・・・。

 

そんな自炊の大半のめんどくささを解決できるのが、「週末の作り置き」です。

 

週末に平日分の作り置きをするメリットは5つ。

  • スーパーへの買い出しは1週間で1回だけでいい
  • 料理自体は2時間で平日5日分の食事ができる
  • 毎日なにを食べるか考えなくていい
  • 仕事終わりでも電子レンジでチンするだけ食べられる
  • 食材を腐らせることがないため経済的

 

土曜日の朝にでも2時間くらい時間をかければ、平日5日分くらいの作り置きはできます。

作り置きさえ作っておけば、忙しい平日にスーパーに買い出しに行く必要もなければ、料理する手間もなく、レンジでチンすれば5分で食事にありつけます。

 

料理に慣れるまでは大変かもしれませんが、料理はやればやるだけ上手になるし、手際もよくなるのでかかる時間も短くなります。

 

一人暮らしの社会人はみんな作り置きすればいいのになあ」とほんとに思いますね。

 

▼筋トレに最適な安くて簡単にできる作り置きレシピを公開しています

関連記事:【作り置き筋トレレシピ集】「安い・うまい・カンタン」の男の筋肉料理

 

一人暮らしの自炊で節約するコツ

「できるだけ自炊のコストは抑えたい!」

 

そんな人に一番おすすめなのは、楽天ふるさと納税で「お米」の返礼品を貰うこと。

 

これが簡単で節約効果として大きいですね。

 

お米は自炊の主食になるので必須ですが、意外と値段が高いんですよね。

 

それが、年収400万円くらいある人であれば、ふるさと納税でお米を貰うことで1年間ほぼタダでお米が食べられるようになります。

 

ふるさと納税とは、年収に応じて寄付額の上限が決まっており、一旦寄付することになりますが、実際には2,000円だけが寄付されて、残りのお金は翌年の住民税から差し引かれる仕組みです。

 

▼年収別の独身の寄付上限額

年収 上限寄付額
100万円 約2,000円
200万円 約16,000円
300万円 約30,000円
400万円 約43,000円
500万円 約63,000円
600万円 約80,000円

 

10,000円の寄付で10kgのお米を貰える自治体が多いため、年収400万円の人であれば実質負担額2,000円で40kgのお米がもらえることになります。

 

40kgといえば、お米は1kgで約7合なので40kgで280合になります。1日1合食べたとして、9か月分は米代がほぼタダになるということです。

 

お米代って地味に自炊のコストを上げているので、その負担がなくなるだけでも食費はかなり安くなりますよ。

 

▼ふるさと納税の中でも「楽天ふるさと納税」をおすすめする理由はこちらの記事をどうぞ

関連記事:楽天ふるさと納税を利用して無駄なく節約する方法【一人暮らし必見】

 

最後に

一人暮らしの社会人は自炊したほうがいい理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • コンビニや外食で健康的な食事をすると1食1,000円は超える
  • 自炊であれば500円程度のため、健康を意識するなら自炊はコスパがいい
  • なにより自炊は、人生の根幹である食事を楽しくする力がある
  • 一人暮らしで自炊の手間を減らすには、朝食はプロテイン、週末の作り置きがおすすめ
  • 自炊のコストを抑えるには、楽天ふるさと納税でお米を貰うのがベスト

 

もちろん、自炊しないという選択もありだと思います。単純なコストは安くなるし、手間だってかかりません。

 

ですが、コストと手間を引き換えに、「自分の健康」と「人生の喜びのひとつ」を蔑ろにしていることも意識するといいと思います。

 

料理は難しく感じるかもしれませんが、料理できることは絶対に人生を豊かにします。

 

一人暮らしをしている今だからこそ、いい機会だと思って料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事:男でも料理ができるほうが絶対に人生は豊かになる理由

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事