2019.06.24

ミニマリストの筋トレは囚人トレーニングがおすすめな理由

 

ミニマリストの価値観の根底には、「生きていくために本当に必要なものだけを手元に残したい」というものがあります。

 

その中でも、健康なカラダ・引き締まったカラダどうしても欲しいものの一つです。

 

当記事では、そんなミニマリストの方に向けて、筋トレをはじめるならスポーツジムに通うよりも、自宅で囚人トレーニング(プリズナートレーニング)をしたほう。

 

ミニマリストの筋トレは囚人トレーニングがおすすめな理由

囚人トレーニングとは、アメリカの元囚人が刑務所の中でカラダを鍛えるためのノウハウを体系化したトレーニング方法です。

 

特徴としては、自らの体重を利用する自重トレーニングによって、体に負担をかけることなく、本当の強さを手に入れることができることです。

 

「腕、肩、背中、腰、腹、脚」の6つの部位に分けて、それぞれを10段階で負荷の軽いトレーニングからステップアップで鍛えていくことで、関節から鍛えていきます。

 

そうすることで、見せかけの筋肉ではなく、自分のカラダを思い通りに動かすための筋肉をつけることができるようです。

 

おすすめな理由1: 場所に縛られない

囚人トレーニングは、スポーツジムに通う必要がありません。

 

基本的には自宅と公園だけでトレーニングが完結するため、気軽に始めることができます。

 

もし、スポーツジムに通おうとすると、ジムの近くに住んでいたり、会社からの通勤ルートになかった場合、自然と足は遠のいてしまうため、並の人の精神力では筋トレを継続することができません。

 

ですが、囚人トレーニングであれば、場所に縛られないため、筋トレを継続しやすくなります。

筋トレをカンタンに習慣化する方法

 

そのため、モノや環境に縛られたくないミニマリストとの相性がいいというわけです。

 

おすすめな理由2: コストがかからない

囚人トレーニングではスポーツジムに通う必要がないため、コストがほとんどかかりません。

 

必要なものといえば、ヨガマット1枚とバスケットボールくらいです。

 

ヨガマット」は2,000円程度で分厚くて十分なものが購入できるので、はじめに購入しましょう。バスケットボールは、囚人トレーニングをはじめて半年くらいまでは出番がないので、まずはヨガマットだけでいいです。

 

大切なお金と時間を使ってまでわざわざスポーツジムに通う必要はないため、お金に縛られたくないミニマリストにとっておすすめなトレーニング方法です。

 

おすすめな理由3: 時間がかからない

囚人トレーニングは、時間を節約することができます。

 

スポーツジムに通った場合、行き帰りの時間だけでなく、着替えや器具が空くのを待つ時間もあります。ウェイトトレーニングをするにしても、休憩時間などを考えれば、カラダを鍛えるために結構な時間を使うことになります。

 

ですが、囚人トレーニングであれば、自宅ですぐに始めることができ、しかも、1回あたりの負荷が軽いため、トレーニング時間が短いです。

 

気長にゆっくりと長い年月をかけてカラダを鍛えていくのが囚人トレーニングなので、1日の時間を大切にしたいミニマリストにぴったりです。

 

おすすめな理由4: ケガをしにくい

スポーツジムに行けばわかるのですが、ウェイトトレーニングをやっている人のほとんどは、アームレストで手首を保護していたり、腰にベルトを巻いて重たいウェイトをあげています。

 

本来、カラダを鍛えることとは、健康でいるためのものだと思いますが、完全に本末転倒になってしまっています。

 

ウェイトトレーニングは、筋肉を肥大化させることができますが、人間の細い腕で重たいウェイトをあげるため、関節を痛めてしまいます。

 

一方で、囚人トレーニングであれば、自分の体重だけの負荷なので、ケガをしにくいです。

 

さらに、負荷のかるいトレーニングからステップアップしていくことで、関節から鍛えるプログラムとなっており、ケガをしにくいカラダをつくることができます。

 

自分にとって本当に必要なものだけを手元に残したいミニマリストにとって、自分のカラダを自由に操れるカラダほど魅力なものはないので、ミニマリストにとって囚人トレーニングはかなりおすすめです。

 

囚人トレーニングは電子書籍より紙の本で買ったほうがいい

囚人トレーニング」の詳細のトレーニング方法を知りたければ、本で購入することをおすすめします。

 

本書の中には図解で、具体的なトレーニング方法が記されているので、電子書籍ではページが見切れてしまったり、見たいページにすぐに辿り着くことができないので不便です。

 

また、本は2,000円と高めの値段ですが、この本で紹介されているレベルに到達しようと思うと、数年はかかると思います。逆に考えれば、数年の筋トレはこの1冊でいいわけです。

 

勉強でも株投資でもそうですが、他のものに目移りすることはそれ自体の効率を下げるだけでなく、お金のコスパも悪くなります。

 

俊敏で、自分のカラダを思うように動かすためには長い時間がかかりますので、この1冊をただただ愚直に信じて邁進するほうがいいでしょう。

 

最後に

囚人トレーニングがミニマリストにとっておすすめな理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 囚人トレーニングは、場所に縛られずにできる
  • 囚人トレーニングは、ジムに通う必要がなく、お金がほとんどかからない
  • 囚人トレーニングは、短時間でき、長続きしやすい
  • 囚人トレーニングは、ケガをしにくく、強いカラダを作ることができる

 

人間のカラダというのは、心と体は表裏一体なで、体を鍛えることは心を鍛えることにも繋がります。体をを鍛えて自由な体手に入れるとともに、強い脳も作れたら最高ですね。

 

囚人トレーニングの進め方に迷ったときは、以下の記事をご参考ください。

プリズナートレーニングの進め方を解説!初心者でも挫折しない!

 

「カラダの鍛え方をもっと知りたい!」という方は、他の記事もご参考ください。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。