2019.07.06

暇なサラリーマンはすぐに副業を始めたほうがいい

 

副業時代が幕をあけて数年。サラリーマンの方で、お金を得られるまで副業を続けられる人って、どのくらいいるのでしょうね。

 

サラリーマンとして平日はフルタイムで働いて、残りの時間で副業をすることは時間的にかなりの制限がかかります。ですが、それを言い訳にしないで副業を続けた先には、思ってもみなかった利点が見えてきます。

 

暇なサラリーマンはすぐに副業を始めたほうがいい

収入を複線化することができる

サラリーマンの給料はびっくりするくらい上がりません。

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査をみても、日本人の賃金は20年近く横ばいです。

 

今後は人口も減っていき、内需も縮小していくことは確定しているので、サラリーマンの給料が増えていくことはまずないでしょう。

 

日本産業の柱であるトヨタ自動車でも、昇給金額はたったの1万円です。1年働いて年12万円の昇給です。年齢を重ねれば昇給金額は大きくなるかもしれませんが、若いうちはこれが現実です。

 

そして、昇給がほとんどないのに「若いうちは勉強だから」という謎のパワーワードで、馬車馬のように働かされるのが大企業です。

 

そのため、サラリーマンとしての収入以外にお金を得ることは、これからの時代めちゃくちゃ重要になる思っています

 

副業で月1万円稼げる仕組みをつくることができれば、日本のトップ企業の昇給額に遜色なくなります。月1万円という収入は、夢物語ではなくて、個人でだれでも到達可能なポイントです。

 

そのため、時間を持て余しているサラリーマンの方は、会社員としての社内競争に奮闘するよりも、副業に時間を投下したほうが、圧倒的に収益の面では有利になります。

 

会社への精神的な依存度が下がる

不思議なことなのですが、副業をはじめてみて、1円を自分でお金を稼げるようになると、会社への精神的な依存度が急激下がるのを体感することができます。

 

現実の問題として、1日1円稼いだからといってどうにもならないのですが、見える世界は劇的に変化します

 

サラリーマンとして企業で働くことは、「あくまで安定的な収入を得るためのメイン収益源」であるくらいに思えてきます。

 

  • 会社員として業務での努力
  • 無駄な残業
  • 上司との飲み会
  • 社内でしか通用しないスキルアップ

 

こういったサラリーマンとして捧げる時間を惜しむようになってくるはずです。

 

こうなってくると、会社への精神的な依存状態から一歩抜け出すことができます。

 

上司に怒られても、同期が自分より先に昇給しても、会社の中の人間関係も、そんなものはどうでもよく思えてきます。

 

自分には、会社以外で稼ぐ力あると体験しているだけで、サラリーマンとして働くことはずいぶんとラクになるはずです。

 

休日が充実する

サラリーマンをしていると「平日は仕事をして、休日は休むもの」と、仕事と休みを完全に切り分けて考える人のほうが普通です。

 

そのため、休日は昼まで寝て、何をするわけでもなく家でだらだらと過ごして、日曜日の夜にはまた地獄の1週間がはじまると絶望するわけです。

 

ですが、副業をはじめてお金を稼げるようになると、副業でお金を稼ぐことがどんどん楽しくなっていきます。休日であろうが、「休む」ということをあまり考えなくなります。

 

なぜならば、お金を得るための勉強は楽しくて、インプットした知識を実践して、失敗して、また考えて、挑戦して。そうやって、会社での仕事の100倍のモチベーションでPDCAをまわすことが楽しいのです。

 

しかも、それで失敗しても、サラリーマンとしてのベース収入がある。サラリーマンの副業は、リセット機能付きのテレビゲームのようなものなのです。

 

会社員として仕事をしていてもつまらないだけなので、安定的な収入を得ながら、大人のRPGをするくらいの気持ちで副業をはじめてみると、休日が格段に楽しくなると思います。

 

サラリーマンの副業の選び方

結論をいえば、自分が楽しく続けられるものであればなんでもいいと思います。

 

平凡な人が副業でお金を稼げるようになるためには、継続するしかありません。そして、継続するためには、楽しくないと続きません。

 

プログラミングなどの分かりやすいハードのスキルに見を奪われるのではなくて、自分が好きなことで、続けられることを見つけることのほうが、よっぽど大切だと思います。

 

インターネットがこれだけ普及している現代において、どんなことをしてもお金を稼ぐための手段になりえます。

 

月に数百万円も稼ごうと思うと話は別だと思いますが、月に数万円だけを稼ぐだけなら、あまりジャンルや手段は関係ないと思います。

 

「会社で副業が禁止されている」では取り残される

会社は個人を絶対に守ってくれません。

 

これはサラリーマンとして、会社の歯車として働いている方は肌感覚で分かっているのではないでしょうか。

 

社長、役員、部長、課長、会社に勤めている人は自分の利益を確保することが最優先です。決して、私達を守ろうとなんてしてくれません。

 

「会社が副業を許していないから」なんて言葉を真に受けて、自分に言い訳していては、いつか丸裸で外の世界に放り出されることになります

 

これから若い世代になればなるほど、サラリーマンとしてのキャリアはほどほどに、自分でお金を得る手段を持つ人が絶対に増えてくるはずです。

 

そんな時代において、自分が何のスキルも、実績もないおっさんにならないようにするために、すぐに副業を始めたほうがいい、というのが私の主張です。

 

同期入社で目立たないあいつだって、実は隠れて副業をやっているかもしれません。それが当たり前の時代がもうきています。

 

最後に

サラリーマンの副業は、すぐに稼げるようになるほど甘いものではありません。ですが、カンタンに稼げないからといって、なにもしない理由にはならないと思います。

 

副業をはじめて、少なくても自分の力でお金を稼ぐ経験をすることで、会社への依存度を下げ、生き方の選択肢を増やせる。

 

これが、サラリーマンが副業をはじめるべき理由です。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。