2019.06.24

コンビニで買えるおすすめの筋トレ飯を9つ紹介【ファミマ編】

 

いきなりで申し訳ないのですが、ぶっちゃけ、筋トレやダイエットにコンビニ飯は向いていません。

 

なぜならば、コンビニ飯は砂糖と油が大量に使われた加工食品がほとんどで、筋肉質なカラダを作るには不向きだからです。

 

ですが、自炊する時間がとれないサラリーマンにとっては、コンビニはもはやなくてはならない存在でしょう。

 

当記事では、「筋トレで引き締まったカラダを作りたいけど、自炊する時間がな」そんな人に向けて、コンビニで買えるおすすめの筋トレ飯を紹介します。

 

コンビニで買えるおすすめの筋トレ飯を9つ紹介【ファミマ編】

 

ファミマの筋トレ飯1: お母さん食堂 グリルチキンゆず七味風味

税込み189円。

カロリー 117kcal
たんぱく質 16.1g
脂質 5.4g
炭水化物 1.1g

 

コンビニのサラダチキン、高たんぱく質・低脂質の代表食品ですが、パサパサしていてあまり食べる気がおきないですよね。

 

そんな方におすすめなのが、グリルチキンシリーズです。サラダチキンと違って、肉々しい噛みごたえもありながら、しっとりとジューシーで、そのまま食べてもよし、ご飯と食べてもよし、サラダに乗せて食べてもよしです。

しかも、たんぱく質16.1gに脂質5.4gと、高たんぱく質・低脂質のかなり筋トレ向きの食品です。

 

ファミマの筋トレ飯2: お母さん食堂 タンスティック チーズ

税込み148円。

カロリー 89kcal
たんぱく質 8.4g
脂質 5.8g
炭水化物 0.7g

 

こいつは激ウマです。一見、でかいカルパスのようですが、それとは別物です。しっかりとタンの風味とコリコリとした噛みごたえ。そして、チーズのまろやかさも感じられ、クセになる味です。

脂質が5.8gと若干高めですが、ご飯の量を少し減らして糖質を抑えれば、太るようなことはありません。

 

ファミマの筋トレ飯3: お母さん食堂 銀鮭の塩焼き

税込み298円。

カロリー 114kcal
たんぱく質 12.2g
脂質 7.2g
炭水化物 0.1g

 

コンビニ飯の中でも、主食になり得る数少ない食品です。

 

レンジでチンするだけなのですが、まるでグリルで焼いたかのように油がじゅわっと口のなかに広がります。

魚の脂質は、EPAやDHAといったオメガ3脂肪酸であり、脂肪燃焼を促進する効果があるため、体脂肪を減らし、引き締まったカラダを作るには非常に重要な役割を果たします。

 

また、オメガ3は脳にもめちゃくちゃいいです。脳の60%は脂質からできているので、良質な脂質であるオメガ3を摂ることで、脳の防御力があがります。すると、脳の炎症などを抑えることができ、記憶力の向上などに効果を発揮します。

 

ファミマの筋トレ飯4: 黒胡椒香るパストラミビーフ

税込み194円。

カロリー 78kcal
たんぱく質 10.8g
脂質 3.1g
炭水化物 1.8g

 

ローストビーフのような味なので、主食として食べることができます。ブラックペッパーも効いていて、食欲をそそります。

高たんぱくで低脂質なので、筋トレ飯には向いているのですが、1つ欠点があります。

 

それは、塩分がかなり強いことです。コンビニ飯全般にいえることですが、塩分が強いので、食べた後に舌がしびれるような感覚があります。ですので、食べ過ぎは控えたほうがいいと思います。

 

ファミマの筋トレ飯5: お母さん食堂 海鮮スティック プレーン

税込み130円。

カロリー 84kcal
たんぱく質 8.1g
脂質 2.4g
炭水化物 7.4g

 

明太マヨ味もあるのですが、脂質が上がるので、プレーン味のほうがおすすめです。プレーンといえば、魚介の風味がしっかりあるので、普通においしいですね。

また、片手でうまい棒を食べるかのように食べられるので、昼食に向いていると思います。

 

ただ、炭水化物が多く、おそらく砂糖がけっこう入っているので、あまりたくさんは食べないほうがいいと思います。とはいえ、スティック1本でたんぱく質8.1gはかなり魅力的です。

 

ファミマの筋トレ飯6: お母さん食堂 一口サイズのブロッコリー

税込み168円。

カロリー 27kcal
たんぱく質 3.5g
脂質 0.4g
炭水化物 4.3g

 

最強の野菜として頂点に君臨し続けるブロッコリーです。

 

ブロッコリーは野菜でありながら、たんぱく質が豊富に含まれており、ビタミンも豊富なので、筋肉の合成を促進します。

 

コンビニのカットブロッコリーは、1口サイズにカットされているので、そのままポリポリと食べることができるので便利です。何もつけずに食べてもうまいですが、塩をパラパラふって食べれば、それだけでメイン食材にもなり得えます。

 

ファミマの筋トレ飯7: お母さん食堂 宮崎県産のカットほうれん草

税込み168円。

カロリー 34kcal
たんぱく質 5.3g
脂質 0.3g
炭水化物 0g

 

ポパイがホウレンソウをいつでも持ち歩いていたように、ホウレンソウは筋肉の機能を高めるスーパー食材です。また、ホウレンソウには、脳を損傷から守るポリフェノールが含まれているので、脳の老化防止にも効果があると言われています。

 

この商品は、ホウレンソウがカットされた状態で入っているので、醤油をぶっかけて簡易おひたしのような食べ方をするのがいいと思います。

 

ファミマの筋トレ飯8: 人気の4種をセレクトミックスナッツ

税込み388円。

カロリー 521kcal
たんぱく質 g
脂質 g
炭水化物 g

 

値段は400円弱と高めですが、ナッツは筋トレとの相性がめちゃくちゃいいので、積極的に食べたい食品の一つです。

 

この商品には、「アーモンド、くるみ、カシューナッツ、マカダミアナッツ」の4種類がミックスされてり、特に、アーモンドとくるみにはオメガ3が豊富に含まれています。

 

魚に含まれているEPAやDHAと同じように、ナッツに含まれているオメガ3は、脂肪の燃焼を促進し、また、脳の働きにもかなりいいので、おすすめです。

 

とはいえ、脂質とカシューナッツには糖分が多く含まれているので、カロリーはかなり高めです。食事の量が少なく、必要なカロリーが摂れない場合に、おやつとしてポリポリ食べるのが良いと思います。

 

ファミマの筋トレ飯9: ドール ブルーベリー

税込み200円。

カロリー 64kcal
たんぱく質 g
脂質 g
炭水化物 g

 

おやつにはビタミンと食物繊維が豊富な果物が最高なのですが、その中でもブルーベリーはとりわけ最強です。

 

自然に糖分が摂れるので、甘いお菓子に手を出しづらくなることはもちろん、ビタミンが豊富に含まれていたり、ブルーベリーに含まれるリフェノールは筋肉の疲労回復に効果があります。

 

冷凍のブルーベリーは、シャキシャキとした食感のため、シャーベットを食べているようなデザート感覚で食べることができます。

 

ちなみに私は、ネット通販で特大のブルーベリーが冷凍されているので、コンビニで買うことはありません。ネットで買ったほうが圧倒的に安くすみます。

 

最後に

コンビニで買える筋トレにおすすめのコンビニ飯を紹介しました。

 

基本的には、高たんぱく質・低脂質の食品がやはりおすすめです。ですが、魚やナッツに豊富に含まれている良質な脂質であるオメガ3脂肪酸は、積極的に摂っていきたい食品です。

 

逆に、コンビニ弁当、コンビニおにぎり、パスタ、パン、アイス、チョコレートなどは、油と砂糖が大量に使われた加工食品なので、コンビニでは少しでもカラダにいい食品を買うようにすることで、カラダを鍛えるための食生活をおくることができると思います。

 

コンビニ飯の活用については、他の記事でも紹介しています。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。