MENU
30歳ミニマリストが買ってよかったもの
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
【2021年7月】Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
おすすめのプロテイン
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
>>30歳ミニマリストが買ってよかったもの

くらしのマーケットで引っ越しを2度経験!トラブルを避けるコツも紹介

1分でわかる本記事の内容

結論:大手引越業者の1/2の価格で引越しできました。事前に価格が明瞭なので、価格交渉のストレスがないことも魅力。中にはいい加減な業者もいるようですが、サービス内容が細かく記載されていて、口コミ数が多く、メッセージ対応の良し悪しを確認して選べば、よほどトラブルは避けられます。

公式サイト:くらしのマーケット

長所

  • 大手の半額以上安くなるケースがほとんど
  • 大手とサービス内容もほとんど変わらない
  • 価格が明瞭で、価格交渉のストレスがない

短所

  • 慎重に業者を選ばないと、トラブルに巻き込まれることがある

クーポン情報:2021年7月時点ではなし

>>くらしのマーケットの公式サイトはこちら

ハウスクリーニングや引っ越しなど、個人業者とのマッチングサービス「くらしのマーケット」。

過去に、くらしのマーケットで2回引っ越しを経験しており、1回目は50kmの引っ越しで25,000円。2回目は、不用品回収も含めて20,000円でした。

特にトラブルもなく、大手よりも3万円くらい安く引っ越しができ満足しています。

本記事では、くらしのマーケットを使ってわかった魅力・いまいちな点、評判・口コミ、トラブルに巻き込まれないためのコストも紹介します。

なにおれ

なにおれ (@lemologue) です。よほどの長距離引越でもないかぎり、今後もくらしのマーケットで引っ越しをするつもりです。

目次

くらしのマーケットで引っ越しをした体験談

本記事では、「くらしのマーケット」で1回目に引っ越ししたケースを紹介します。

引っ越し前提
  • 荷物量:軽トラック1台分
  • 移動距離:50km
  • 料金:25,000円

詳細の荷物は、こちらの通り。

荷物量
  • テレビ 17インチ:1台
  • ローテーブル:1台
  • チェア:1脚
  • 全身鏡:1台
  • 冷蔵庫 (2ドア):1台
  • 電子レンジ: 1台
  • 洗濯機(タテ): 1台
  • シングルベッド: 1台
  • 布団: 1組
  • アイロン台
  • ノートパソコン:1台
  • 物干し竿:1本
  • 照明器具:1台
  • ダンボール 7箱
  • スケートボード:1台

荷物は少ないほうですが、一般的な一人暮らしの荷物だと思います。大型の家具・家電、ダンボールが10箱弱あっても、軽トラックに1回で載せきれるくらいの量でした。

当日の作業員さんは2人で、事前に下見と梱包用のダンボールを持ってきてくれました。

くらしのマーケットでの引っ越しの魅力

くらしのマーケット」を使ってみたわかった魅力を紹介します。

大きく3つあると思っています。

くらしのマーケット引越しの魅力
  1. 大手引越業者の半額以上安くなる
  2. 価格交渉のストレスがない
  3. 大手とサービス内容はほぼ変わらない

大手引越業者の半額以上安くなる

まずはなんといっても、圧倒的に安く引っ越しできました。

▼くらしのマーケット以外にも大手2社で相見積もりした結果がこちら

大手業者と価格を比較
  • 大手引越業者A:5万円
  • 大手引越業者B:5万円
  • くらしのマーケット:2.5万円

くらしのマーケットでは、大手の2倍近く安くなりました。

大手では2社とも、インターネットでの概算見積もりでは2万円ほどとなっていました。ですが、実際に電話で見積もりをとると、5万円まで跳ね上がる結果に…。

(この料金体系の不透明さが、引越し業者の本当に嫌のところです…)

一方、くらしのマーケットでは、2.5万円で業者が見つかりました。

もっと安い業者もあったのですが、口コミから信頼がおけそうな業者を選びましたトラブルに巻き込まれないポイントは、後述します。

価格交渉のストレスがない

くらしのマーケットのいいところは、価格の安さだけではありません。

大きな魅力のひとつが、「料金が明確なこと」です。

大手業者が電話見積もりに対して、くらしのマーケットは、サイト上で料金が数字で明記されています。

つまり、概算見積もりと本見積もりの概念がなく、価格交渉の必要がありません

サービス内容と予算から一番しっくりくる業者を選び、希望引越し日時をオンライン上で予約をするだけ。

ストレスが全くないですね。

予約した業者とは、サイトやアプリからメッセージでやり取りができます。「電話はめんどくさい」という人にもうれしいシステムです。

大手業者と内容はほぼ変わらない

過去には、大手業者で引っ越したこともありますが、サービス内容に大きく差はないと感じました。

私が経験した中では、くらしのマーケットでは養生する業者としない業者がいるくらいの差です。

1回目にお願いした業者では傷つかないように養生をしてくれて、2回目の業者では養生なしの対応でした。

「養生なし」は少し心配でしたが、無茶な運び方はされないので、よほど心配はしなくていいと思います。

それに、来ていただいた業者の方とお話してみると、「以前に大手引っ越し業者で働いていて独立した」というケースもあって、そういう方が多いのかもしれません。

いずれにしても、値段が安いからといって、適当に引っ越しされるわけではないです

もちろん、業者によって差はあるでしょうけどね。

また、くらしのマーケットでは、すべての予約者に対して「損害賠償保障制度」がついています。

くらしのマーケットの補償内容
  • 作業中の事故
  • 作業後の事故
  • 預け物の保管中の事故

参照:くらしのマーケット損害賠償補償制度

最大1億円まで保証されるようです。

なにおれ

価格も明瞭で、しかも安くて、当日の対応も大手引越業者と大きな差があるわけでもなかったですよ。

>>くらしのマーケットの公式サイトはこちら

くらしのマーケットの引っ越しでトラブルを防ぐコツ

くらしのマーケット」での引っ越しの評判をネットで見てみると、トラブルに巻き込まれた方もいるようです。

ネットで見かけたトラブル
  • 引っ越し当日に業者が来なかった
  • 勝手に予約がキャンセルされてた

この2つのトラブルが多そうでしたね。

当日のドタキャンをやられると、正直たまりませんね…。

ただし、こういったトラブルは、業者選びの段階で未然防止できます。

なにおれ

くらしのマーケットで予約する上で、注意している点を4つ紹介しますね。この4つを守れば、よほどトラブルには合わないと思いいます。

トラブルを避けるポイント
  1. サービス内容が細かく記載されている
  2. 運搬車両の写真がある
  3. 口コミ件数が多く、評価が高い
  4. メッセージの対応と返信スピード

サービス内容が細かく記載されている

まず第一に、「サービス内容が細かく記載されている業者を選ぶこと」

くらしのマーケットのサイト上で、業者毎にサービス内容を確認できます。ここの記載が適当な業者は、いくら値段が安くても止めたほうが無難です。

見るべきポイントは…

「どのようなサービスが料金に含まれていて、追加料金が定量的に判断できる基準で明記されているか」

特に、追加料金の基準が曖昧だと、当日に追加請求されるなんてこともあります。

メッセージを送って確認してもいいですが、「細かく記載のない業者は親切でないので、あえて選ぶ必要はないかな」と思います。

運搬車両の写真がある

続いて、「どんな車両で運搬されるのかを確認すること」。

「軽トラックで運搬」を記載があっても、実際の車両運搬の写真があるほうが信頼できます。

軽トラックといっても、実際にはボロボロの車両かもしれません。最悪の場合、当日に全然違う車両で来られるリスクもあります。

とはいえ、車両が何台もあって写真を載せられないケースもあるので、心配ならメッセージで写真を送ってもらうと安心です。

口コミ件数が多く評価が高い

なんだかんだ、一番参考になるのが「口コミ件数」と「評価」です。

まずは、口コミの件数が参考になります。

口コミが多ければ多いほど、実績があることの裏付けになります。

値段が安い順でソートをかけた上で、クチコミ件数の平均値をざっと確認してみるといいです。

ある程度の口コミ件数があったら、次に口コミの内容を確認します。

評価が高い口コミよりも、評価の低い口コミを見たほうがいいです。

過去になにかトラブルはあったかな?」という見方が大切重要です。

少しでも違和感を感じたなら予約はやめておきましょう。

メッセージの対応と返信スピード

最後4つめですが、これが一番重要です。

メッセージの言葉遣いや文面が丁寧でなかったり、返信のスピードが遅い業者はやめておくこと。

くらしのマーケットでは、ネット予約申込後に、出店業者と直接メッセージができるようになります。

このメッセージのやり取りで、少しでも不安を覚えるようなら予約はやめておくべきです。

少しでも信頼がおけないと感じたのなら、その直感を信じてください

なにおれ

サービス内容もしっかり記載があって、口コミや評価が高くても、予約後のやり取りで違和感を感じたなら、予約をキャンセルしたほうがいいと思います。

>>くらしのマーケットの公式サイトはこちら

くらしのマーケットでの引っ越しの口コミ・評判

くらしのマーケット」での引っ越しの口コミ・評判をツイッターで集めてみました。

良い口コミ・評判

良かった口コミを見ていると…

  • 大手25万 → くらし2万円(▲23万円
  • 大手20万円 → くらし8万円(▲12万円
  • 大手5万円 → くらし2万円(▲3万円

やはり、他の方も大幅に引越しの節約ができたようです。特に、繁忙期は大手はぼったくっているので、かなり節約効果がありそう。

悪い口コミ・評判

悪い口コミを見ると、

  • 当日のドタキャン
  • 対応が悪い業者がいる
  • くらしのマーケットの運営サポートの悪さ

ちらほらと業者とのトラブルに巻き込まれたケースも見ましたが、サイト運営のサポートの悪さへのクレームの見かけました。

トラブルが起きるとめんどくさそうなので、慎重に業者選びをする必要がありますね。

くらしのマーケットでの引っ越しが向いている人

最後に、「くらしのマーケット」での引っ越しが向いている人の特徴をまとめておきます。

向いている人の特徴は…

向いている人
  • とにかく引っ越しの費用を安く抑えたい
  • ある程度のサービスの悪さは目をつむれる
  • 業者を自分で慎重に選べる
  • ベランダから荷物の吊り上げ下げがない人

大事なことは、トラブルが起きるリスクを自分で未然につぶせるかです。

大手業者のいまいちなところは、基本的に料金が高すぎることだけ。その代わり、当日のドタキャンやトラブルがあっても、会社が責任をもって対応してくれます。

一方、くらしのマーケットは、あくまで個人間でのやり取りになります。

そのため、サービス内容や口コミを見て業者を精査する努力ができない人は、利用を避けたほうが無難だと思います。

とはいえ、評価が高い業者を選んで、メッセージのやり取りの雰囲気で信頼できるかはちゃんとわかります。なので、そこまで心配しすぎなくても大丈夫です。

なにおれ

くらしのマーケットでは、大手引越業者より半額以上安く引っ越しできるのが当たり前。ポイントさえ押さえれば、よほどトラブルにも合いませんよ。

>>くらしのマーケットの公式サイトはこちら

以上

よかったらシェアしてね!

お得なサービス10選

節約したけど、生活の満足度は下げたくない」という方に向けて。

月8万円で暮らす倹約家ミニマリストが愛用しているお得なサービスをまとめて紹介します。

運営者

30歳のサラリーマン×ミニマリスト。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。詳しいプロフィールはこちらから

目次
閉じる