2019.06.24

20代後半男がモタードの街乗りファッションを紹介。予算はいくら?

 

「モタードバイクを買うつもりだけど、おすすめの商品と予算が知りたい!」

 

モタードバイクにこれから乗ろうとしている人は、どんな格好をすればいいか悩みますよね。どうせならカッコよくて、おしゃれなバイクファッションをしたいけど、予算に限りもある。

 

当記事では、20代後半男のトリッカーXG250乗りが、街乗りでどんな服装をしているか、いくらぐらいお金を使ったかを紹介したいと思います。

 

オフロード・モタードの街乗りファッションを紹介【20代後半男】

下記リストは、私が普段バイクに乗る時のアイテムとその値段の一覧です。

【ヘルメット】アライ V-Cross4 5.0万円
【ゴーグル】プログリップ 0.8万円
【グローブ】FIVE 0.8万円
【トップス】ユニクロパーカー 0.3万円
【ボトムス】ヌーディージーンズ 2.5万円
【ブーツ】ハンドメイド品 0.6万円
合計 9.0万円

 

びっくりするくらい高いですね。

 

ただ、ヘルメット・ゴーグル・グローブのバイクに特化したアイテムを除けば、普段はタウンユースとして使うも服を、そのままバイクに乗る時にも着ているだけなので、全部が全部バイクのために使ったわけでもありません。

 

【ヘルメット】アライ V-Cross4 BARCIA

オフロード・モタードといえば、オフロードヘルメットですよ。もはや、オフロードヘルメットを被りたいがためにモタードに乗っているようなものです。

 

オフモタのヘルメットで人気なのが「SHOEIのVFX-WR」と「アライのV-cross4」です。

 

どちらもかっこいいのですが、シンプルなブラックやホワイトのヘルメットが好きならVFX-WR、グラフィックがかっこいいヘルメットが好きならV-cross4の選択になると思います。

 

↓アライ V-Cross4 BARCIA

 

↓SHOEI VFX-WR

 

【ゴーグル】プログリップ PG3204M (ブルー)

アライV-Cross4 BARCIAのヘルメットがブルーなので、ゴーグルもブルーのレンズにしています。統一感があって個人的には気に入っている組み合わせです。

 

このプログリップのゴーグルはミラーっぽく見えるのですが、実はクリアなので、夜でも普通に視界良好です。ミラーのゴーグルはかっこいいですが、実用的ではないですね。

 

↓ちなみにヘルメットに装着するとこんな感じです。

 

【グローブ】FIVE stunt army

意外と選ぶのが難しいのがグローブ。私も気に入ったものがなかなか見つかりませんでした。

 

結局買ったのは、FIVE の「 STUNT」。値段は8,000円くらいするので、ちょっと高かったのですが、かっこよかったので購入。ブラックでもよかったのですが、手元はすこし派手なアイテムにしたくて迷彩柄にしてみました。

 

【パーカー】ユニクロ

オフロードヘルメットには、なぜだかパーカーがよく似合います。

 

オフ車にはピチッとした格好よりも、パーカーみたいなカジュアルな服装がずっと似合います。ブランドものを買ってもしょうがいないので、ライフマックスとかは生地も分厚くて、3,000円くらいで購入できるのでおすすめです。

 

他にも、マウンテンパーカーもよく似合います。というより、パーカーよりもマウンテンパーカーのほうがかっこいいと思います。パタゴニアのトレントシアルなんかはタウンユースでも普通に使えるアイテムなのでおすすめです。

 

【デニム】ヌーディージーンズ テープテッド

街乗りではやっぱりジーンズが一番かっこいいと思っている派です。

 

普段着としてヌーディーのジーンズをずっと履いているので、バイクに乗る時もヌーディーです。ヌーディーのジーンズって、めちゃくちゃ伸長性がいいので、バイクに跨っていてもほとんどストレスがありません。

 

他にも、個人的には、グラミチのNNパンツのスリムカットがおすすめ。こいつもテーパーがかかった綺麗なシルエットなのですが、180度開脚できる仕様になっているのでバイク乗りにめちゃくちゃ向いています。

 

当然、ふつうにタウンユースとして履くも最高にかっこいいので、一本持っていたら絶対に損しません。

 

【ブーツ】ハンドメイド品

グアテマラを旅行していた時に一目惚れで購入したハンドメイドのブーツ。思い出の品で手放せずにいるのですが、バイクに乗る時によく履いています。

 

スニーカーを履く場合は、コンバースのオールスターを履いています。

 

なんとなくオフロードバイクって、スケートボードとカルチャーが近いような感じがあるので、バンズとかも似合うと思います。

 

 

あとは、ブーツを買うならドクターマーチンの8ホールがかっこいいです。説明不要の王道ですが、ドクターマーチン×バイクの組み合わせって反則的にかこいいので、こいつもおすすめ。

 

街乗りだけならオフロードウェア・ブーツは不要

オフロードといえば、オフロードジャージ×オフロードブーツなのですが、ガチでダートを走らないなら、いらないと思います。

 

めちゃくちゃかっこいいんで欲しんですけど、値段もかっこいいので、街乗りだけなら買う必要はありません。バイクは楽しいですけど、ちょっと気を抜くと散財してしまうので、本当に必要なものを見極めることも重要だと思います。

 

最後に

モタードの街乗りファッションを紹介しました。

 

ヘルメットが断トツで値段が高いのです。ですが、値段が高いものはデザインがかっこいいだけでなく、安全性能も高くなります。バイクは事故ったら一発アウトになる可能性があるので、ヘルメットだけはお金をかけるべきだと思います。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。