2019.11.09

人生でもう一度読みたい本をただひたすらに紹介する【Web本棚】

 

本を本屋さんで自分の手で取って選ぶ人って、いまの時代では意外と多くないのではないでしょうか。

 

書評ブログなんかでおすすれされてた本を一本釣りの狙い撃ちでAmazonで購入

 

たぶんそんな感じでしょう。

 

というわけで、当記事では、20代後半サラリーマン×ミニマリストの私が、過去に読んだ本のなかでも、もう一度読みたいと思う本だけをただひたすらに紹介します。

 

そう、いわば、わたしの「Web本棚」である。

更新日:2019年7月6日

 

生き方の本

生き方の指針になった本だとか。

 

私という運命について (白石一文) 結婚に興味なかった私が、「結婚したい」と思えた本。
私の人生流儀 (本多静六) 「日常を追求したい」と思うようになったきっかけの本。
年収100万円で豊かな節約生活術 (山崎寿人) 少ない稼ぎでも生きていけな、とちょっと安心した本。
夢をかなえるゾウ (水野敬也) 人生で大切なことはこの本に詰まっている気がする本。
小さな習慣 (スティーヴン・ガイズ) 新しいことを始める前に絶対に読みたい本。
エッセンシャル思考 (グレッグ・マキューン) 時間がないと思っている人は全員読んだほうがいい本。
竜馬がゆく (司馬 遼太郎) 自己啓発本なんか読むより、よっぽど啓発されまくる小説。

 

働き方の本

未来の働き方だとか、心が軽くなった本だとか。

 

ワーク・シフト (リンダ・グラットン) パラレルキャリアについて真剣に考えることになった本。
働く君に贈る25の言葉 (佐々木常夫) 新入社員で仕事が辛いときに救われた本。
マーケット感覚を身につけよう (ちきりん) マーケティングについてこれほど腹落ちする本はたぶんない。
転職の思考法 (北野唯我 ) 転職するか死ぬほど悩んだときに背中を押された本。
一生使える見やすい資料のデザイン (森重湧太) 仕事でパワポを使う人が読むと資料の質が大きく上がる本
たった1日で即戦力になるExcelの教科書 (吉田拳) 新入社員がたぶん一番はじめに読むべき本。
エモいプレゼン (松永俊彦) ただのプレゼン本と思いきや、ビジネスの基本である「行動させる」ことを網羅した本
仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい (ANAビジネスソリューション) 組織で働く上で知っているといい人間関係を作るための武器になる。全会社員に読んでほしい本
DUO 3.0 (鈴木洋一) 私のTOEICの点数を400→800に引き上げた本。本気で英語を話したいならDUOを血反吐はくまでやり込むのがベスト。

 

お金の本

お金の勉強になった本だとか。

 

お金持ちになれる黄金の羽の拾い方 (橘玲) サラリーマン以外の道を見せてくれた本。
株式投資の未来 (ジェレミー・シーゲル) 米国株投資のバイブル本。「これを読まずになにを読む!」って本。
お金は寝かせて増やしなさい (水瀬ケンイチ) 万能な投資手法であるインデックス投資が知れる本。

 

カラダの本

食事だとか、料理だとか、トレーニングだとか。

 

脳を鍛えるには運動しかない!(ジョンJ. レイティ) 歩くことの大切を知った本。
プリズナートレーニング (ポール・ウェイド) 自重トレーニングに活路を見い出した本。
レシピを見ないで作れるようになりましょう。 (有元 葉子) レシピ本を買うくらいなら、この一冊を買ったほうが絶対にいい本。

 

ブログの本

ブログで役に立った本だとか。

 

沈黙のWebマーケティング (松尾 茂起) Webライティングを始めるならまず読みたい本ベスト1

 

小説

死ぬほど面白い小説。

 

神々の山嶺 (夢枕獏) 胸が熱くなりすぎて燃えた本。たぶん最強の山岳小説。
新世界より (貴志祐介) 大人向けファンタジー本。貴志祐介は天才。
クライマーズ・ハイ (横山秀夫) サラリーマンがびっくりすくらいかっこよく感じる本。本当にかっこいい。
ジェノサイド (高野和明) 世界観の盛り込み具合がえげつない本。2回読みたい。
バイバイ・ブラックバード (伊坂幸太郎) ポップで、不思議で、笑える本。ラストが好き。
ぼくは勉強ができない (山田詠美) 私があこがれる男の本。
仮面山荘殺人事件 (東野圭吾) 記憶を消してもう一度読みたい至高ミステリー小説。
リバース (湊かなえ) オチが気持ちよくて、気持ち悪い本。
秘密 (東野圭吾) 読み終えた後、吐き気で小一時間動けなくなる本。
東京物語 (奥田秀明) バブル時代を知らない世代も楽しめる本。
ほしのこえ (新海誠) 私をアニメの世界に引きずり込んだ元凶。
陽気なギャングが地球を回す (伊坂幸太郎) 伊坂作品のなかでも、愛すべきキャラクターたちが登場する本。
明日の記憶 (荻原 浩) 小説の持つ力を思い知る本。
ヴォイド・シェイパ (森博嗣) 5部作品なんですが、読み終わるのが本当に悲しいくらい面白かった小説。
失われる物語 (乙一) 短編集なんでが、「失われる物語」の文章の表現力が超越している。
最悪 (奥田英朗) 群像劇好きにはたまらない一冊。
本好きの下剋 (香月美夜 ) 「小説家なろう」出身だけど、面白い。文明物が好きな人にはおすすめ。

 

雑誌

ついつい集めたくなる雑誌。

 

スペクテイター (エディトリアル・デパートメント) うまくいえないけど、これほど所有欲を満たしてくれる雑誌を他に知らない。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。