2019.07.06

一人暮らしのための家事を時短する20のアイデア【まとめ】

 

「貴重な休日が家事で潰れる・・・」

 

平日の昼間は仕事をしている一人暮らしの会社員にとって、家事は自由な時間を奪うものでしかありません

 

しかし、家事はアイデア次第では、もっと楽にこなせるようになります。もっとズラボでいいんです。そのため、これまで育った環境の常識は一度捨ててください。

 

当記事では、一人暮らしの会社員に向けて、家事を時短する20のアイデアを紹介します。どれも簡単にできることばかりなので、ご参考ください。

 

一人暮らしのための家事を時短する20のアイデア

家事の時短アイデア【料理編】

1. お米の研ぎ方は適当でいい

「無洗米は手間は少ないけど、値段が高めだし、あまりおいしくない。だからといって、普通のお米は研ぐのがめんどくさい。」

 

お米の研ぎ方は適当でも大丈夫です。

 

丁寧にお米を研がなくても、流水でお米を軽く洗いながら、水が透き通ってくればそれでOKです。

 

前に試しで、丁寧に洗ったバージョンと適当バージョンで食べ比べしてみましたが、全然どっちがどっちか分かりませんでした。

 

2. 炊きたてのお米は小分け冷凍

「毎回お米を炊くのはめんどくさい。だからといって、冷凍のご飯はまずい」

 

炊きたてほかほかのお米を、蒸気ごとサランラップに包んで、小分け冷凍すればOKです。

お米は水分がなくなるとまずくなるので、炊きたての蒸気ぶわ~の状態でラップで包めば、冷凍してもおいしいご飯になります。

 

3. 調理器具は吊るし収納する

「料理のたびにフライパンを出したり、菜箸を出すのがめんどくさい」

 

コンロのまわりにS字フックをかけて、なんでもかんでも吊るすのがおすすめ。

料理で手が汚れていても、引き出しをあけることなく、そのまま使えます。

 

4. 週末に作り置きをする

「仕事終わりに料理を作るなんて無理」

 

週末に平日5日分の料理を作り置きするのがいいです。

 

どちらにせよ料理はしないといけないですが、慣れてこれば2時間もあれば4~5品くらいは作れるようになります。

作り置きさえしておけば、仕事終わりにはレンジで温めるだけなので、5分もあれば満足感のある食事にありつくことができます。

関連記事:一人暮らしミニマリスト男の健康的な食事内容を公開【ルーティン化】

 

5. コンロを使うたびに拭き掃除する

「キッチンの汚れがこびついて落ちない」

 

キッチンの汚れは乾くと落ちにくくなるので、料理のたびにコンロ周りや壁などを拭き掃除するといいです。

 

毎回拭き掃除をするのはめんどうに感じるかもしれませんが、放置してあとで掃除するよりも圧倒的に楽です。

 

6. ワンプレートに盛り付ける

「食器を洗うのがめんどくさい」

 

料理はワンプレートに盛り付けることで、洗い物が少なくてすみます。

 

そのため、電子レンジで使える陶磁器で、リムのある大きめの平皿が1枚あるといいです。

 

ダンスクの「パンプレート」なんて、値段も安くて、見た目もよくておすすめです。

 

7. 洗った食器はフキンの上で乾かす

「食器を拭くのがめんどくさいけど、水切りカゴも食洗機を置く場所もない」

 

洗った食器は、乾いた清潔なフキンの上に放置すればいいです。

 

1日ほかっておけば乾くので、あとは乾いたら収納するだけ。

 

8. 朝食はプロテインにする

「朝ごはんが食べたいけど、作るのはめんどくさい」

 

朝食の代わりにプロテインを1杯だけでもいいです。

 

むしろ、朝のプロテインは集中力を高めたり、体重を落とすために有効です。

 

「健康的にどうなんだ」って思うかもしれませんが、私は1年間、朝食はプロテインだけですが、会社の健康診断ではオールAです。

ちなみに、プロテインは、リミテストの「ウルトラバリュー」が高品質で安くてコスパ最強。私も愛用しています。

関連記事:朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想【メリット・デメリット】

 

家事の時短アイデア【掃除編】

9. ラグ・マット類は敷かない

「ラグやマットって掃除しずらい」

 

掃除がしにくいラグやマットの類はそもそも持たないにかぎります。

 

  • ラグ
  • キッチンマット
  • トイレマット
  • 浴室マット

 

すべて不要です。捨ててOKです。

部屋やキッチンにマットは置かずに、床を掃除したほうが、ずっと衛生的で掃除もラクになります。

 

10. 床掃除はクイックルワイパーだけ

「掃除機ってうるさいし、めんどくさい」

 

一人暮らしの部屋の広さなら、床掃除は掃除機ではなく、クイックルワイパーのほうがラクです。

 

本家の花王「クイックルワイパー」がデザインもよくて、ホコリの吸い付きも段違いです。

関連記事:ミニマリスト部屋の掃除は週末の10分で終わるから最高

 

11. 三角コーナーは持たない

「三角コーナーって汚いから触りたくない。」

 

シンクに三角コーナーは置く必要なしです。

 

三角コーナーを置かないかわりに、料理で生ゴミが出るたび、スーパーでタダで貰えるポリ袋に入れて捨てるようにしましょう。

生ゴミの匂いが充満しないように、ゴミ箱はシンクの下に置くのがおすすめ

関連記事:ミニマリストのキッチンに「ゴミ箱は不要」と断言できる理由

 

12. シャワーを浴びながら風呂掃除する

「風呂掃除がめんどくさい」

 

風呂掃除は服を着たままだとやりにくいので、シャワーを浴びたついでにやりましょう。

 

シャワーを浴びた後だと蒸気で汚れも浮いているので、汚れが落ちやすくなっています。

 

浴室用洗剤は使わずに、スポンジにボディーソープをつけて、汚れているところを磨けばそれだけでいいです。

 

13. トイレにはブラシ・マットを置かない

「トイレブラシは不衛生で触りたくないし、トイレ掃除ってめんどくさい」

 

トイレには、トイレブラシ・トイレマットを置かないことで、掃除がしやすくなります。

 

便器掃除は、トイレブラシがなくても、手にビニール袋を装着してトイレットペーパーで磨けばいい。また、床の掃除は、トイレマットがなければ、クイックルワイパーでささっと拭くだけです。

関連記事:ミニマリストが実践するトイレを清潔に保つコツとは?掃除方法は?

 

家事の時短アイデア【洗濯編】

14. アイロンのいらないシャツを揃える

「アイロンがけって時間かかるし、めんどくさい」

 

アイロンがけの必要ないユニクロの「スーパーノンアイロンスリムフィットシャツ」を揃えるのがおすすめ。

 

3,000円で購入できて、シルエットもきれいで、しかもアイロンいらずの優れものです。スーツシャツ専門店のシャツにシルエットでは勝てませんが、扱いやすさでは圧勝しています。

 

15. 洗濯は「おいそぎモード」

「洗濯って時間かかるから、洗濯機をまわすタイミングが難しい」

 

通常の二度洗いでなくても、短時間で洗濯が終わる「おいそぎモード」で十分に汚れは落ちます。

 

30分もあれば、洗濯がおわるので、寝る前や週末の出かける前にささっと洗濯機をまわせます。

 

16. 洗濯は2日のに1回の頻度がベスト

「たまった服を洗濯して、干すのがめんどください」

 

洗濯は週末にまとめてやるよりも、2日に1度の頻度でやるほうが実はラクです。

 

週末にまとめると1週間分の洗濯物になるので、洗濯物を干すのがめちゃくちゃめんどくださいです。ですが、2日に1度の頻度なら、干さなければいけない服の数が少ないので、数分で干し終わります。

 

よって、洗濯はまとめるよりも、分割したほうがラクですね。

 

17. ハンガーにかけたまま収納する

「洗濯物をたたむのがめんどくさい」

 

乾いた洗濯物はわざわざハンガーから外してたたまなくても、そのままクローゼットに収納しましょう。

 

ただ、干したまま収納するためには、ハンガー選びが重要です。耐久性があって、デザインがよくて、服が型くずれしないものを選ぶといいでしょう。

私は無印良品のアルミハンガーを使っていますが、型崩れしにくい「丸いカーブのハンガー」のほうがおすすめです。

関連記事:

 

家事の時短アイデア【買い物編】

18. 日用品はネット通販でまとめ買いする

「トイレットペーパーなどをスーパーから持って帰るのが大変」

 

日用品については、Amazonや楽天市場でまとめ買いするのが手間いらずです。

 

なにかとかさばる日用品はスーパーで買うと大変です。ですが、ネット通販で買えば、宅配の人が玄関まで運んでくれます。

 

値段も店舗で買うのとほとんど変わらないので、ネット通販を利用したほうがいいでしょう。

 

楽天市場なら、「楽天24」がおすすめ。

 

品揃えも多くて、いつもクーポンも配っているので安く購入できます。2,500円以上で送料も無料になるので、ストックをみてまとめ買いするといいと思います。

 

19. 食品もネットスーパーが使えるなら使う

「近所にスーパーがないから、買い物に行くのが大変」

 

近所にスーパーがないのなら、ネットスーパーを使うのは大いにありです。

 

楽天ユーザーなら、楽天ポイントが貯まる「楽天西友ネットスーパー」がおすすめ。

 

ただし、配送エリアがまだ限られているため、まずは「配送エリア」を確認して、利用できるか確認するのが先です。

 

楽天西友ネットスーパー」は、実店舗の大型スーパーと同じくらいの品揃えで、しかも値段も手頃なので、近所に小さいスーパーしかない人も利用してみる価値はあります。

 

20. 買い物はすべてクレジットカードを使う

「買い物のたびにお金をおろしたり、レジで小銭を探すのがめんどくさい」

 

いまだに現金主義の人が多いですが、クレジットカード払いはめちゃくちゃ快適です。

 

現金を持ち歩く必要はないし、レジで小銭を探す手間もなくなります。

 

しかも、現金と違ってポイントが貯まるので、クレジットカード払いするだけで節約にも繋がります。

 

クレジットカードなら、「楽天カード」が圧倒的におすすめ。

 

入会するだけで、5,000~9,000ポイントがタダでもらえて、しかも、他のクレジットカードと比べてポイント還元率がズバ抜けています。

関連記事:楽天経済圏で大幅節約!10%超のポイント還元で年間数万円の節約効果!

 

最後に

一人暮らしのための家事を時短する20のアイデアを紹介しました。

 

  1. 炊飯の手間を減らすために、お米の研ぎ方は適当でいい
  2. いつでもおいしいお米が食べられるように、炊きたてのお米を小分け冷凍する
  3. 料理がしやすいように、調理器具は吊るし収納する
  4. 平日に料理しなくていいように、週末に作り置きする
  5. コンロ周りの掃除の手間をなくすために、料理するたびに拭き掃除する
  6. 洗う食器を減らすために、ワンプレートで盛り付ける
  7. 食器拭きの手間をなくすために、洗った食器はフキンの上で乾かす
  8. 朝ごはんを作らなくてすむように、プロテインを代わりに飲む
  9. 床掃除の手間を減らすために、ラグ・マット類は捨てる
  10. 掃除機はめんどうなので、クイックルワイパーで床拭きをする
  11. シンク掃除の手間を減らすために、三角コーナーは持たない
  12. 風呂掃除を簡単にするために、シャワーを浴びながら掃除する
  13. トイレ掃除を楽にするために、ブラシ・マットは置かない
  14. アイロンがけをしなくてすむように、アイロン不要のシャツを揃える
  15. 洗濯の時短のために、「おいそぎモード」を使う
  16. 洗濯物を干す手間を減らすために、2日に1度の頻度で洗濯する
  17. 洗濯物をたたまなくていいように、ハンガーのまま収納する
  18. 日用品をスーパーから持ち帰るのは大変なので、ネット通販を利用する
  19. 近所にスーパーがないなら、ネットスーパーを活用する
  20. 現金払いの手間をなくすために、クレジットカード主義になる

 

時間がたくさんあれば、丁寧に暮らしたいものですが、働きながらの一人暮らしではなかなか大変です。

 

力を抜けるところは抜いて、賢く暮らして、気楽にゆるく生きたいものです。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。