2019.06.28

ミニマリストのハンガー活用術!クローゼットをおしゃれにする方法

 

「よくわからないけどクローゼットがごちゃごちゃしてる!!」

 

クローゼットを簡単にスッキリとおしゃれな空間にしたい人は、ハンガーをうまく活用するのが一番です。

 

当記事では、全16着の服だけで生活するミニマリスト男が、クローゼットをきれいに収納するためのハンガーの活用術を紹介します。

関連記事:20代男性ミニマリストが所有する服をすべて公開【全16着+小物】

 

ミニマリストのハンガー活用術!クローゼットをおしゃれにする方法

クリーニングのハンガーはすべて捨てる

クリーニングに出したときについてくる黒くて薄っぺらいハンガーを、そのまま部屋のクローゼットのハンガーとして使っていませんか。

 

あれ、びっくりするくらい「ださい」ですよね。

 

ださいだけならまだいいのですが、そもそも服を収納するために作られていないので、Tシャツやニットをかけてしまうと、肩の部分がロボットのように出っ張ってしまいます。

 

そのため、実用的にも、見た目的にも、全然役に立たないクリーニングのハンガーは一掃してしまうことをおすすめします。

 

ハンガーは同じサイズ・色に統一する

サイズの違うハンガーやカラフルな色のハンガーを使っていると、クローゼットの中に統一感が生まれません。

 

ですが、ハンガーを同じサイズ・色に揃えるだけで、クローゼットの中は一気におしゃれ感が増します。

 

「一種類のハンガーに統一する」、ただそれだけなので、いま使っているクリーニングのハンガーや100均のハンガーは処分してしまいましょう。そして、高価なハンガーである必要はないので、買い直すといいと思います。

 

洗濯用と収納用ハンガーを兼用化する

洗濯して干す用とクローゼットに収納する用のハンガーを兼用化してしまうのがおすすめです。

 

兼用化してしまうことで、1種類のハンガーに統一できます。

 

それに、洗濯で一番めんどうな作業である乾いた洗濯物をたたむ作業を省略することができます。

 

洗濯してハンガーにかけて干した状態のまま、クローゼットに取り込むことができるからです。

 

家事の時短にもなって、クローゼットもおしゃれにもなるので一石二鳥ですね。

 

Tシャツからデニムまで服はすべてハンガーにかける

少ない服で暮らす人だけが実践できるテクニックかもしれませんが、持っている服はすべてハンガーにかけて収納するのがおすすめです。

 

服をたたんで収納すると、収納するためのボックスが必要になったり、クローゼットの中が散らかってしまいがちです。

 

ですが、持っている服をTシャツだろうが、ニットだろうが、デニムだろうが、すべてハンガーにかけて収納することで、クローゼットの中はスッキリと片付きます。

 

それに、服を折りたたまないことでシワになることがなくなり、いざ服を着ようとしたときにげんなりすることもなくなるでしょう。

 

洗濯する→ハンガーにかけて干す→ハンガーにかけたままクローゼットに収納する→ハンガーから外して着る

 

このように、洗濯物を洗うところから着るまでの一連の流れがスムーズになりますよ。

 

ミニマリストがおすすめするハンガー

おすすめ1: 無印良品の「アルミハンガー」

私が愛用しているハンガーですが、無印良品の「アルミ洗濯用ハンガー」です。

 

アルミハンガーなのでサビずに耐久性もあって、無印良品らしいシンプルで安っぽくないデザインが気に入っています。男性にも女性にも無難におすすめできるのが無印良品のいいところです。

 

値段も3本で300円ほどなので、10本買っても3,000円と比較的安く購入できるのも魅力のひとつです。

 

おすすめ2: Living Hallの「すべらないハンガー」

すみません、買ったことのない商品なのですが、Living Hallの「すべらないハンガー」なんかもいいと思います。

 

薄くてシンプルなデザインなので省スペースなところもよさそうですが、なによりも肩のラインが丸みを帯びたカーブになっており、Tシャツやニットをかけたときに変な後がつくことがなさそうです

 

無印のアルミハンガーだと、Tシャツなどを長い間かけていると、肩の部分に跡がついてしまうので、この丸いカーブがかかったハンガーはかなりいいと思います。

 

値段も10本で2,000円とお手頃なので、持っている服の数に合わせて購入するといいでしょう。

 

最後に

クローゼットをおしゃれにするためのミニマリストのハンガー活用術を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • クリーニングについてくるハンガーはださいので、すべて処分する
  • クローゼットに統一感を出すため、同じサイズ・色のハンガーで揃える
  • 家事の手間を減らすため、洗濯用と収納用のハンガーを兼用化する
  • スーツやシャツだけでなく、すべての服をハンガーにかける
  • Living Hallの「すべらないハンガーがコスパがよくておすすめ

 

クリーニングでもらえるハンガーや100均のハンガーでも使えてしまうのですが、1本200円~300円のハンガーにするだけで一気にクオリティがあがります。

 

お気に入りでおしゃれなハンガーを揃えれば、洗濯で服を干すのもそれほど苦痛でなくなり、クローゼットもスッキリとおしゃれな空間に早変わりするはずです。

関連記事:ミニマリスト男が教えるクローゼットをスッキリさせる6つの収納術

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。