MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【9/21~26】楽天お買い物ラマソン開催中!おすすめの商品は?

リミテストのプロテインをマイプロテインよりも愛用する理由【コスパ最強】

 

リミテストのプロテインって安いけど大丈夫?

 

そんな疑問を持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、体脂肪12%の体型を維持するために、リミステストのコスパ最強プロテイン「ウルトラバリュー」を愛用しています。

 

筋トレをしている人はプロテインを毎日飲むのが普通だと思います。しかし、1kgでも1ヶ月でなくなってしまうので、プロテイン代だけでも毎月の出費はかさみますよね。

 

当記事では、安くて高品質のプロテインを探している人に向けて、リミテストの「ウルトラバリュー」の魅力を紹介します。

 

目次

リミテストのプロテインを愛用している理由

リミテストの「ウルトラバリュー」を愛用する理由は3つ。

  1. 1kgで1,666円と圧倒的に値段が安い
  2. 1食のたんぱく質含有量が27gと多い
  3. 無添加で安心して愛用できる

 

1. 1kgで1,666円と圧倒的に安い

リミテストの「ウルトラバリュー」の最大の特徴。

 

それは、他社と比べて圧倒的に値段が安いことです。

 

▼人気ブランドのプロテインと1kg当たりの値段を比較

商品 値段(1kg) 値段(1kg)
リミテスト 1,666円 1,666円
ゴールドスタンダード 3,000円 3,000円
マイプロテイン 3,500円 3,500円

 

コスパが高くて人気の「マイプロテイン」や「ゴールドスタンダード」と比較しても、明らかに値段が安いことがわかります。

 

マイプロテインやゴールドスタンダードの約半額の値段です。

 

マイプロテインの1ヶ月のコストは約3,500円に対して、リミテストは約1,700円。

 

その差は、1ヶ月1,800円。1年に換算すれば、約20,000円も変わっていきます。

 

プロテイン貧乏にならないためにも、値段の安いプロテインは庶民の味方です。

 

2. 1食のたんぱく質含有量が27gと多い

リミテストのプロテインは値段が安いだけではありません。

 

他社よりも安いにも関わらず、たんぱく質の含有量が多いことも特徴。

 

▼人気ブランドのプロテインと1食当たりのたんぱく質含有量を比較

商品 たんぱく質(1食)
リミテスト 27g
ゴールドスタンダード 24g
マイプロテイン 21g

 

マイプロテインが1食当たり21gに対して、リミテストのプロテインには1食当たり約27gものたんぱく質が含まれています。

 

たんぱく質21gと27gでは6gの差があるので、たまご約1個分の差があるということです。

 

現代人のほとんどはたんぱく質が不足しているので、手軽に多くのたんぱく質を安く摂取できるのは魅力的ですね。

 

3. 無添加で安心して愛用できる

リミテストのプロテインは、以下の添加物が入っていません。

  • 砂糖
  • 人工甘味料
  • 着色料
  • 保存料
  • 香料

 

健康になるために体を鍛えているのに、プロテインで体を悪くしていたら本末転倒です。

 

その点、リミテストのプロテインは無添加なので安心して愛用することができます。

 

また、人工甘味料が使われていないプロテインはまずいことがほんとですが、リミテストのプロテインの味は悪くありません。

 

クセのあるプレーン味でもスッキリとした味わいで、水と溶けもよく、泡切れもいいので、かなり飲みやすい部類のプロテインだと思います。

 

細マッチョを目指すならプロテインは1日1杯でいい

「プロテインは、トレーニング後に飲んで、寝る前にも飲んだほうがいい」

 

と言われることもあります。

 

ですが、このスタイルは筋肉ゴリゴリのマッチョを目指すためのものです。

 

引き締まった細マッチョ体型を目指すのなら、プロテインは1日1杯だけで十分。

 

たんぱく質の過剰摂取は内蔵に負担をかけるだけでなく、お財布にも負担がかかりますからね。

 

もし、引き締まった細マッチョ体型を目指すなら、朝にプロテインを飲むのがおすすめです。

 

そして、昼食までは一切食べ物を口にしないようにすること。

 

朝はプロテイン1杯だけにして、昼食まで何も口にしないことで、1日の中に空腹期間を作ることができ、お腹周りの落ちにくい体脂肪の燃焼を促進させます。

 

「筋トレの後にプロテインは飲まなくてもいいのか?」

 

という問題については、トレーニング後はたんぱく質やビタミンが豊富なきちんとした食事から摂取したほうがいいです。

 

▼朝食にプロテイン飲むメリットの詳細はこちらの記事で紹介

関連記事:簡単に体脂肪を減らす必殺の方法!朝食プロテイン生活のススメ

 

最後に

リミテストのプロテインを愛用している理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 1kgで1,666円と人気ブランドの約半額で購入できる
  • 1食当たりのたんぱく質含有量が27gと多い
  • 甘味料・着色料・保存料などが添加されておらず安心して愛用できる
  • 水溶けがよく、泡切れもいいので、スッキリと飲みやすい
  • 細マッチョ体型を目指すなら、プロテインは1日1杯でいい
  • プロテインは朝に飲み、昼まで何も食べないことで体脂肪を簡単に落とせる

 

リミステストのプロテイン「ウルトラバリュー」は、値段・味・内容の三拍子が揃ったプロテインです。

 

プロテインを毎日飲む人にとって、値段の安さはやはり正義ではないでしょうか。

 

「今のプロテインはちょっと高いなあ」と感じている人は、一度試してみると満足できると思いますよ。

 

▼プレーンが苦手な人は500円高くなりますがココア味もあります

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる