2019.08.10

断捨離はやりすぎてもOK!物を捨てることが目的になってもいい理由

 

「断捨離は物を捨てることを目的にしてはいけない」

 

なんてことを耳にするときがあります。

 

ですが、私はそうは思っていません。

 

なぜならば、持たない暮らしを送る中で、あとになってから効果を実感するからです。

 

手段と目的は逆転していますが、物を捨てることで効果があとから勝手についてくるイメージ。

 

当記事では、断捨離の意味を考えすぎて物を捨てられない人に向けて、まずは物を捨てればいい理由を紹介します。

関連記事:断捨離の効果を実感!ミニマリストになって変化した9のこと

 

断捨離は物を捨てることが目的になってもいい

断捨離が進まない人って、物を捨てることを難しく考えすぎなんだと思います。

 

気に入らない物なら捨てればいい。

 

これだけのことです。

 

断捨離の効果であったり、断捨離の意味であったりを追いかけすぎてしまうから、断捨離の手が止まるのだと思います。

 

自分:「それ、いる? いらない?」

自分:「うん、いらない」

 

って、もっとシンプルに自分の心の中で対話をすればいいです。

 

物を捨てることの効果はあとになってから実感する

物を捨てることのメリットは、大きく分けると以下の2つがあると思っています。

  1. お金が貯まるようになる
  2. 脳の疲れがとれるようになる

 

お金が貯まることに関していえば、「楽天モバイルへの乗り換えによるWiFiの解約」や「テレビの断捨離によるNHKの解約」といった即効性のある効果もあります。

 

ですが、「物欲を抑えられるようになる」といった、後になってじわじわと効果も感じることだってあります。

 

また、脳の疲れるがとれることにおいても、物を捨てたからといってすぐに疲れがとれることを実感できるわけではありません。

 

あくまで、部屋から物が減り、視界から入るノイズや日々の選択肢を絞ることで、いつのまにか頭の中が軽くなっているものです。

 

目的ありきで物を捨てなくても、物を捨てたあとで生活に溶け込むようにゆっくりと効果を実感できます。

 

そのため、あまり断捨離の意味は考えすぎに、どんどん捨ててしまえばいいと思います。

 

物を捨てらない人のためが断捨離する方法

物を捨てるためのステップは至ってシンプルです。

  1. すべての物を一ヶ所に集める
  2. 「いる」と「いらない」を選別する
  3. 処分方法を決めて捨てる

 

やることはこれだけです。

 

まずは、「絶対に捨てられない!」という物以外はすべて一ヶ所に集めましょう。

 

話はそれからです。

 

物を全て一ヶ所に集めることで、断捨離の進捗具合が見えるようにゴールが明確になります。

関連記事:断捨離が進まないときに試してほしいシンプルな1つの方法

 

物を一ヶ所に集めたあとは、物をひとつづつ手に取って、「いる」と「いらない」を選別していきます。

 

  • もったいないから
  • いつか使うかもしれないから
  • 高かったから

 

この3つの言葉が断捨離を邪魔してきますが、純粋な気持ちでいらないものを仕分けていきましょう。

関連記事:物を捨てられない人が知りたい断捨離するための3つの思考法

 

いらないものの選別が終われば、あとは捨てるだけです。

 

最後に

断捨離は物を捨てることが目的になってもいいい理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 断捨離の効果は物を捨てたあとに生活の中で自然に感じるももの
  • そのため、モノを捨てること自体が目的になっても全然OK
  • 物を捨てられない人は、まずは絶対に必要なもの以外は一ヶ所に集めるのがいい

 

なにか新しいことははじめるときは、ごちゃごちゃと考えずに、「まずはやってみる精神」が大切です。

 

物を捨てることも同じです。

 

あれこれ考えるよりも、「まずは捨ててしまう」。

 

捨てたあとにしか見えてこない世界もあります。

関連記事:【断捨離のやり方】一人暮らしミニマリストが実践した3ステップ

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメント4件

  • アバター まり子 より:

    完全に手段と目的を履き違えてますね。

    • れもん れもん より:

      コメントありがとうございます。完全に履き違えていると思います。「でも、それでもいいんじゃないかなあ」と、私は思っています。物を捨ててからでないと気が付けないこともあると思うので。

  • アバター こむぎ より:

    家の中特別散らかっている訳でも無いですが 整理整頓が下手なほうで雑然としていてスッキリ片づけられたらと思っていました。断捨離言葉として知っていても 自分が物を処分するなんて考えてはいませんでした。物を処分しだしたら不思議な物で 1箇所片づけ終われば次は何処を片づけようかな?そんな気持ちになります。全て片づけた訳ではありません。衣類 家庭用品 その他山ほど処分出来ました。少し気持ちが楽になれました。

     

    • れもん れもん より:

      「物が持つ力」はいい意味でも悪い意味でも強いと思います。物を捨てることで失うものもあるかもしれません。ですが、やはりメリットのほうが大きいと私は思っています。当ブログが少しでも役に立ったのなら、これほど嬉しいことはありません。コメント頂きありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。