2019.06.24

【断捨離のやり方】一人暮らしミニマリストが実践した3ステップ

 

「モノから開放されたいけど、もったいなくて捨てられない」

 

当記事では、「断捨離したいけどモノが捨てられない」そんな人に向けて、断捨離のやり方を3ステップに分けて紹介します。少ないモノで暮らすことは、たぶん想像するよりも快適で、しかも、お金も貯まるようになりますよ。

ミニマリストになる意味って?モノを持たない暮らしのメリット。

 

一人暮らしミニマリストが実践した断捨離のやり方【3ステップ】

断捨離のやり方はシンプルです。

 

基本的にやるべきことは、以下の3つのステップのみ。

  1. 一旦、全てのものを一箇所に集める
  2. ジャンル別で『いるもの』と『いらないもの』を選別する
  3. いらないものを処分する方法を決める

 

詳細をみていきます。

 

【断捨離のステップ①】全てのものを一箇所に集める

まずはじめにやるべきことは、『一旦、全てのものを目に見える場所に集めること』です。

 

言ってしまえば、引っ越し前の荷造りみたいなイメージです。

 

クローゼットの奥やダンボールの中に潜んでいるモノを、一度表に引きずり出さないことには断捨離は進みません。そのため、一度、リビングスペースの一箇所にモノを集めてください。

 

とはいえ、1日で断捨離を終えることはおそらく不可能なので、「今日はクローゼット」と「今日はキッチン」のように、日にちで場所を分けてやったほうがいいと思います。

 

日にちを分けないとモノが散らかりまくった部屋でしばらく暮らすことになります。(これはこれで断捨離は進むと思いますが…)

 

【断捨離のステップ②】ジャンル別で『いるもの』と『いらないもの』を選別する

ビジンス用の服

仕事用の服は妥協している人はけっこう多いと思います。ですので、着たくもない服は全て捨ててしまいましょう。

 

  • スーツは、GUのセットアップスーツ
  • シャツは、ユニクロのスーパーノンアイロンシャツ

 

GUとユニクロで、安くてかっこいい服は買えます、高い服を買う必要はないので、一度、着たくない服は手放してしまうのはいいと思います。

ミニマリストのスーツの断捨離。GUのセットアップ1着だけを残す理由。

おしゃれサラリーマンになりたい。お金をかけないビジネスファッションの作り方。

 

カジュアル用の服

私服については、『1年以上触ってすらいない服は捨てる』。これを基準にするといいです。

 

ポイントは、『着ていない』ではなく、『触っていない』ことです。

 

1年で一度でも着た服はまだ見込みがありますが、触ってすらいない服を今後着る可能性は、ほぼ0%です。さっさと捨てましょう。

 

革靴・スニーカー

サラリーマンの方でも、革靴は1足あれば十分だと思っています。

 

全然履いていない革靴は捨ててしまって、1足を履きつぶしてもいいと思います。買い替えの際には以下の記事をご参考ください

サラリーマンに革靴は何足必要?【3万円台の革靴が1足あればいい】

 

また、スニーカーも1足あればいいですね。アディダスのスタンスミスとか、コンバースのオールスターとか鉄板のスニーカーが1足あれば、着回しは十分にできます。

ミニマリストのスニーカー選び。スタンスミスは会社でも履ける最高のスニーカー。

 

家具・インテリア用品

家具とインテリア用品は幅広いので、、捨てる基準が難しいです。

 

ですが、生活に必要なものって『寝具関連、カーテン、テーブル』くらいだと思っています。

 

  • ソファー→ヨガマット
  • ラグ→ヨガマット
  • 本棚→本はほぼ持たない
  • 衣類ボックス→クローゼットに収まる服しか持たない
  • テレビ台→テレビを持たない

 

こんな感じで、モノを減らせば、収納棚とかは事前と必要なくなります。

 

ですが、筋トレしている人は、『全身鏡』は持っていたほうがいいです。これは、筋トレのモチベーションを維持する上で、自分の肉体を確認するために使います。

 

筋トレを継続する上で、鏡で自分のカラダを眺めることの効果は計り知れません。

 

照明

ちょっとやりすぎ感はありますが、一人暮らしの部屋であれば天井照明はなしでもいけます。

 

その代わり、クリップライトの間接照明で部屋を照らすことになります。サラリーマンの人って、家には基本的に夜しかいないので、間接照明だけでもやっていけます。

ミニマリストがおすすめする照明器具とは?【一人暮らしに天井照明は不要】

 

家電

家電製品については、『冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機』以外はなくてもいいですね。

 

これらの3つは代替えできるものがないので、手放してしまうと生活の手間が一気に上がってしまいます。

 

その他の家電については、おそらくなくても大して問題にはなりません。

 

  • 掃除機→クイックルワイパー
  • テレビ→パソコン
  • アイロン→アイロン不要のシャツ
  • 電気ケトル→片手鍋
  • オーブントースター→パン食べない
  • 炊飯器→土鍋

 

炊飯器は悩ましいですが、一度にたくさん炊いて、冷凍保存すれば、炊飯器を持つ必要はないです。実は、私は炊飯器を使っていますが、もし壊れたら、もう再購入はないですね、きっと。

ミニマリストが炊飯器を使い続けている理由【炊飯器の置場所って?】

 

調理器具・調味料

自炊する人なら、一通りの調理器具・調味料はあったほうがいいです。

 

話はズレますが、自炊はしたほうがいいですよ。料理の腕は、健康面でも、自分の肉体を作る上でも、お金の話でも絶対に自分を救ってくれます。

 

自炊派のミニマリストがどんな調理器具を持っているか興味ある方は、以下の記事をご覧ください。

ミニマリストのキッチンに必要なものは?おすすめのキッチン用品を紹介。

 

食器

食器は1セットだけ残せばいいです。

 

「あれば便利だよなあ」と思うとなかなか捨てられませんが、大抵なくても困りませんので捨ててOKです。

 

雑貨

雑貨については、『全捨て』の一択になります。

 

部屋をいい感じにしたくて、雑貨を買ったことがあるかもしれません。ですが、雑貨を1個や2個置いたくらいでは部屋の印象は何も変わりません。むしろ、ゴチャゴチャするので捨てたほうがいいです。

 

書類関係

家電製品の説明書は捨ててOKです。捨ててしまっても、公式サイトからPDFとかで取得できます。もし、説明書に保証書がついているパターンは、保証の有効期限を確認して、期限が過ぎていれば捨ててください。

 

給与関連については、今後、転職とかがあるかもしれませんので、残しておくのがベターです。

 

また、使っていない金融口座・クレジットカードについては解約してしまいましょう。解約が完了したら全て捨ててしまってOKです。

 

日用品類

日用品の断捨離のコツは、『集約』です。

 

分かりやすいのが、洗剤類です。我が家の場合は、こんな感じで洗剤類の集約をすることで省スペース化しています。

  • 食器用洗剤→食器洗い、トイレの便器洗い
  • 洗濯用洗剤→洋服洗い
  • ボディーソープ→カラダ洗い、浴槽洗い

 

他にも、ペーパー類も集約していますね。

  • トイレットペーパー→トイレットペーパー、ティッシュペーパー
  • キッチンペーパー→キッチンペーパー、クイックルワイパー

 

日用品の節約と集約に興味がある人は以下の記事を参考にしてみてください。

日用品の節約のコツ。生活必需品の断捨離で暮らしをもっとシンプルに!

 

趣味用品

  • ゴルフ用品
  • キャンプ用品
  • 釣り用品
  • 車用品
  • バイク用品
  • ゲーム機器
  • 楽器
  • DVD・CD
  • フィギュア

 

などなど、考えただけでもかなりのスペースを取っていそうですね。ですが、その趣味をもうやっていないなら、捨ててしまいましょう。

 

「いつかまたやりたいと思うかも・・・」

 

そう思う人は、その時にまた買えばいいだけです。どうせ、古くなった道具でやり始めてもモチベーションは上がりません。またやりたくなった時に、その時の感性で、欲しいものを買えばいいと思います。

 

現在進行系の趣味のモノは、無理に捨てる必要はないと思います。

 

ですが、レンタルで代用できなるなら捨ててしまうのもありだと思います。

 

実際、私はキャンプが趣味でよくキャンプ場には行くのですが、テントやタープなどのキャンプ用品は全て処分してしまいました。ですが、キャンプ場にいけば、1日5,000円もあれば一式レンタルできのでそれで十分ですね。

 

思い出品

思い出の品については、思い入れの強さによるのでなんとも言えません。

 

ですが、私なら捨ててしまいますね。

 

小説・ビジネス書・参考書

本が好きな人はけっこう捨てられない人が多いです。

 

私も小説を100冊くらい持っていたのですが、90%くらいは捨てました。

 

本の断捨離の基準は、『誰かにあげたい本かどうか』というのがいいと思います。誰かにあげたいと思えるほどの本なら、きっと自分にとっても非常に価値のある本だと思います。

 

そんな本は、ぜひ手元に残しておきましょう。

 

【断捨離のやり方③】処分方法を決める

断捨離で最もつまずくのが、処分方法です。

 

「捨てるのはもったいないから、できれば売りたい・・・」

 

こんなことを思っているうちにめんどくさくなって、断捨離は進まなくなります。

 

  • メルカリで売る
  • ごみ収集に出す
  • ネット買取業者に依頼する

 

基本的には、モノを処分する方法は以上の3つしかないので、自分にあった方法で処分してください。

 

【利益重視】メルカリで売る

「できるだけお金を稼ぎたい!」という人は、『メルカリ』を利用するのが一番です。

 

家具家電については、思っているよりもいい値段で取引できると思います。ただ、メルカリの欠点は、『取引が手間なこと』と、『モノが売れるまで、そのモノを持ち続けなければいけないこと』です。

 

メルカリを利用した断捨離方法は、以下の記事でもまとめているので、「断捨離もしたいし、お金も欲しいんや~」って人は参考にしてみてください。

メルカリでお金を稼ぎながら断捨離する具体的な手順

【実体験】メルカリで15万円以上売り上げて分かった意外と売れる物

 

【スピード重視】ごみ収集に出す

スピードだけで言えば、『ごみ収集に出す』のが最も手っ取り早いです。

 

ゴミ袋に突っ込んで捨てるだけですからね。ただ、粗大ごみは自治体によって捨て方が異なりますが、基本的には事前に予約をして、指定された日時に家の前に置いておくことになると思います。

 

手間は一番少ないので、早くモノを処分したい人におすすめです。

 

【バランス重視】ネット買取業者に依頼する

私が利用したことがあるネット買取業者が、Amazon運営のリコマースだけなので『リコマース』の感想を紹介しますね。

リコマースの利用手順はざっくりというと、以下のステップになります。

  1. 本人確認をする
  2. 梱包するダンボールを手配する
  3. 梱包して家で集荷を待つ
  4. 査定結果を確認する
  5. 代金を受け取る

 

梱包のためのダンボールも自宅に届いて、梱包したモノの集荷も家まで来てくれるので、かなり楽です。しかも、査定もつくため、『お金を稼ぎながら、楽にモノを処分できる』のが、ネット買取のいいところです。

 

以前、本を買い取りに出した時も意外といい値段になりました。英語の教材については、新品とほぼ同値で買い取ってもらった本もありましたね。

他にも、ボロボロのキャンプ用品や楽器の引き取りもお願いしたこともありますが、これらについてはほとんど値段はつきませんでしたが、捨てようと思うとお金がかかるので結果オーライです。

 

ネット買取はいずれも「買取価格が安い」などの悪い口コミが多いので、あくまで「楽にモノを処分できて、お小遣いがもらえる」くらいに考えて置いたほうがいいです。

 

最後に

断捨離のやり方について紹介しました。

 

断捨離は動き出すまでがめんどうですが、一度モノを全て見えるところに集めてしまえば、後は断捨離していくしかありません。そのため、まずは全てものを一箇所に集めてください。

 

話はそれからです。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。