MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【11/27~12/1】Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー開催中!ミニマリストがほしいアイテム6選

【コスパ最強の街】貧乏セミリタイアの最有力移住先4選

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は月8万円の生活費で一人暮らしをしている20代後半の倹約家サラリーマンです。贅沢はできなくてもいいので、ゆるく楽しく生きる方法を模索しています。

そのひとつの方法に、月5万円レベルの生活費で暮らす貧乏セミリタイアがあります。

生活費が極限まで低ければ、それだけお金を稼ぐためだけのライスワークはしなくていいということ。

一方で、ただ安く住めればいいというわけでもありません。

楽しくできる仕事の選択肢があって、生活する上での利便性が高く、街自体に魅力を感じられるか。

こういった要素も貧乏セミリタイアには重要だと思います。

当記事では、私の考える貧乏セミリタイアの移住先に必要な条件と最有力の移住先を紹介します。

※実際に住んでことがあるわけではないので、ネットで調べた情報や友人の意見からまとめています

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

貧乏セミリタイアの移住先を決める条件

私の考える貧乏セミリタイアで移住先を決めるための条件は4つ。

  1. 程度のいい賃貸が月2.5万円前後で見つかること
  2. 車がなくても快適に暮らせること
  3. 街自体に魅力がってワクワクすること
  4. 人口が多くて仕事の選択肢が多いこと

まずはなんといっても家賃の安さが重要。

築30年未満の比較的きれいな物件が、できれば月2万円、高くても月2.5万円で見つかること。

しかも、家賃が安いだけではダメです。

車がなくても歩きや自転車で便利に生活ができること。大型商業施設や大きな公園、海や山などの自然、街歩きが楽しいなど街自体にも魅力があること。

貧乏セミリタイアは禁欲的な暮らしなので、街そのものを好きになれるかは重要な要素だと思っています。

家賃の安さだけで田舎でなにもない土地を選んでも、車を持つとそれほど生活費は下がりません。そもそも、車がないと生活を楽しめないような土地はNG。

さらに、人口が多く、仕事の選択肢が多いこと。

貧乏セミリタイアという名の通り、あくまで “セミ” リタイアなので、働く必要があります。

楽しくもない辛い仕事を安月給で働いていたら、それは拷問でしかないので、自分が興味の持てるような仕事があることも必要というわけです。

とはいえ、車なしで安く快適に暮らせて、仕事もたくさんある街となると、かなり選択肢が限られます。

これらの要素を満たす街をリサーチしました。

貧乏セミリタイアの最有力移住先

結果からいえば、候補となる移住先は4つです。

  1. 福岡県:福岡市早言区
  2. 大阪府:大阪市東淀川区
  3. 愛媛県:松山市
  4. 愛知県:名古屋市天白区

福岡県:福岡市早良区

コスパ最強の街として呼び声の高い福岡市。

福岡市の中心は、赤枠で囲った博多駅や福岡空港などがある博多区、天神などの繁華街が集中している中央区です。

福岡市は地下鉄が発達しており、車は完全に不要。徒歩圏内で利便性の高い暮らしができます。

福岡市全体では約150万人が住んでいますが、博多区で25万人、中央区で20万人の人がいます。

それでいて、比較的きれいな築30年、専有面積20㎡未満レベルの物件が、2.5万円前後で見つかります。

天神周辺でも家賃の安い物件はかなり見つかりますが、黄色で囲った早良区はさらに安そうです。

早良区の人口は22万人と栄えており、西新や藤崎、唐人町といったエリアには大きな商店街もあります。地下鉄で天神まで10分ほどで、大きな公園の大濠公園もあり、海にも近く、かなり住みやすいはず。

賃貸物件は、SUUMOなどで探してもいいですが、「ドリームステージ」という仲介業者が安くて評判よさそうです。

福岡市の国民健康保険は、全国では真ん中より少し高いほう。40~64歳で年収100万円なら、年間約8万円になります。

大阪府:大阪市東淀川区

東京に次ぐ、日本の大都市である大阪の中心「大阪市」。

大阪市の人口は、約270万人。

大阪は大都市なので仕事が多く、それでいて家賃が比較的安いことが魅力。

赤枠の梅田や天王寺、難波など大阪の中心地は家賃が高いですが、少し離れれば家賃が安いエリアもあります。

その中でも、黄色で囲った「東淀川区」が家賃が安いです。

SUUMOで検索しても、築30年未満・専有面積20㎡未満レベルの物件が、2.5万円前後で見つかります。

東淀川区が大阪の中でも家賃が安い理由は、近くに大学がたくさんあるため、マンションの供給過多になっているようです。

新大阪までも電車ですぐで、近くには淀川沿いの公園がいくつもあって過ごしやすそう。

ただ、大阪は全国の中でも国民健康保険が高いほうの街です。40~64歳で年収100万円なら、年間約9万円になります。

愛媛県:松山市

愛媛県は、全国の中でも飛びぬけて家賃が安いです。

県庁所在地の松山市は、人口50万人を超える四国の中核都市ですが、瀬戸内海に近く気候も温暖で過ごしやすく、綺麗な海や山、道後温泉などがあるなど、街と文化と自然のバランスのとれた街。

松山市は公共交通機関があまり発達していませんが、中心街でも家賃がかなり安く、平地なので自転車でも移動がしやすそう。

福岡や大阪よりも圧倒的に質のいい物件が多く、築25年ほど、専有面積20㎡以上で家賃2万円とかがざらにあります。築年数10年台でも、家賃2.5万円の物件もあるなど。

かなり魅力的です。

愛媛の国民健康保険は、全国の中では高いほう。40~64歳で年収100万円なら、年間約7.5万円になります。

愛知県:名古屋市天白区

東京、大阪に次ぐ都市である名古屋市。

人口約230万人を持つ名古屋の中心部は、赤枠の名古屋駅、栄、大須あたりになります。愛知は車社会ですが、名古屋の中心部で過ごすには、車は完全に不要です。

ただし、中心部は家賃もそれだけ高くなります。

名古屋市の中でも車がいらず、家賃が抜群に安いのが天白エリア。

特に、塩釜口周辺は安いです。

築30年、専有面積20㎡未満で家賃2.0~2.5万円ほど。生活する分には全く問題ないと思いますが、坂が多いエリアのようで、自転車は少し大変かもしれません。

名古屋は地下鉄が発達しており、地下鉄で中心街まで20分ほど。環状線も走っているので、名古屋市内はどこに行くにも地下鉄で移動できます。

愛知の国民健康保険は、全国の中でも安いほうなこともいいですね。40~64歳で年収100万円なら、年間約7万円。

貧乏セミリタイアに東京はどうか

東京は言わずもがな、家賃が高いことが一番のネック。

大阪や福岡、その他の地方都市であれば家賃2.5万円程度の物件でも、東京では2倍くらいする気がします。

一方で、家賃の高さネックを相殺できるほど、仕事の多さと時給の高さが東京にはあります。

仕事が楽しく続けられるのなら、無理に生活費を下げて暮らす必要もありません。

東京で家賃4~5万円くらいの物件に住んで、仕事をいろいろとしてみるのはありのような気がします。

ただやはり、コスパで考えれば、大阪や福岡のほうがいいような気がしますね。

それなりの仕事もあって、家賃も安くて、街自体にも魅力があります。

貧乏セミリタイアに地方都市はどうか

では、その他の地方都市はどうか。

  • 北海道札幌市
  • 宮城県仙台市
  • 静岡県浜松市
  • 長野県長野市
  • 広島県広島市
  • 宮崎県宮崎市

人口50~100万人の中核地方都市の中心部であれば、家賃も3万円未満で車なしでも生活できると思います。

ただ、やはり仕事の選択肢がネックになると思います。

大きな企業があるおかげで求人自体は多くても、そこで働けるか、働きたいと思うかは別問題です。

セミリタイアでは、自分がの楽しいと感じる仕事を、好きな時間だけ働けないと意味がありません。

そのため、派遣やアルバイトなどの選択肢がたくさんある大阪や名古屋、福岡などに住んだほうがいいと思います。

家賃もそれほど変わらない、むしろ、安いかもしれません。

もし、フルリモートでネット完結の仕事ができても、やはり仕事の多い地域のほうが、なにかとチャンスや選択肢は広がるはずです。

最後に

貧乏セミリタイアの最有力移住先について紹介しました。

当記事をまとめます。

  • 貧乏セミリタイアは、家賃が安く、車いらずで、街に魅力があり、仕事が多い街が適している
  • 福岡市は中心街でも家賃が安く、仕事もあり、街自体にも魅力がる
  • 仕事の多い大阪市は、中心街を少し離れれば、家賃が安いエリアもある
  • 松山市は、コンパクトな街で、自然や温泉などのバランスのとれた街
  • 名古屋市は、地下鉄が発達しており、家賃の安いエリアでも生活しやすい
  • 東京は家賃は高いが、その分仕事の選択肢と時給の高さが魅力
  • その他の地方都市は、安く快適に住めるかもしれないが、仕事がない

家賃さえ2.5万円ほどで抑えられれば、月5万円で生きることは決して不可能ではありません。

低価格で高品質のモノとサービスで溢れた現代であれば、いわゆる “貧困暮らし” にもならないはずです。

少ないお金でも、知識と工夫次第では、十分に文化的で豊かな暮らしができます。

そのことに気が付いた人たちから、コスパのいい街で貧乏セミリタイアという選択肢をとる人が増えてくると思います。

あくまで、マイノリティではありますけどね。

こちらの記事では、月5万円で暮らすための具体的な戦略を紹介しています。おそらくほとんどの人が再現できると思います

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる