MENU
【限定コンテンツ】なにおれニュースレター
なにおれ初の紙本出版しました!
31歳、夫婦2人、月13万円で、自分らしく暮らす。:僕たちが見つけた質素で最強の生き方
Kindle本『ミニマリスト式シリーズ』を出版中
ミニマリスト式超人生戦略術:敏感な人が会社を辞めてラクに生きていく方法

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超運動術:楽しく歩くことだけ考えればいい

※Kindle Unlimited読み放題対象です

なにおれYouTube【週2本更新】
2022年度 なにおれの活動予定
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
なにおれ楽天ROOM
お得な優良サービス10選
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
会社員が転職エージェントに登録するべき理由
マイプロテインを1kg2,500円未満で買う方法
なにおれ (31)
naniore
31歳。男。生活費8万円の一人暮らしを経て結婚。現在は、夫婦二人で月13万円で質素に暮らしています。

社会人4年目に辛かった営業職から転職したことをきっかけに、「いつでも好きな場所に引っ越せる」という自分の理想とする暮らしを目指しはじめる。

「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、30歳でセミリタイア。

※2022年度の主な活動:「YouTubeを週2本投稿」「Instagramを毎日更新」「Twitterにも毎日生息」「たまにブログ更新」「紙の書籍を出版(11月)」
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
「きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル」をつづったブログ。通称「なにおれ」。

「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ラクに生きていくライフスタイルを提案します。
> なにおれKindle本『ミニマリスト式シリーズ』10冊が無料で読めます

ミニマリストブロガーが愛用するガジェット8選

ミニマリストはどんなガジェットを愛用している?

そんな疑問を持つ方に向けて。

なにおれ

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。月8万円の生活費で暮らしているミニマリストです。

まずですが、普通に生活するだけであればガジェットにこだわる必要はないと思います。

「型落ちスマホ」「手頃な価格のノートパソコン」が1台あれば十分です。

それだけで十分すぎるほど満足度の高い暮らしができます。

ですが、「ブログやYoutube、Instagramなどネット副業に挑戦したい!」となると話は変わってきます。

私の場合、副業として「ブログ運営」や「Kindle出版」をしているので、パソコンやマウス、カメラなどの機材にはそこそこお金を投資しています。

そこで本記事では、副業ミニマリストブロガーが愛用するガジェットと、副業したい人向けにガジェットの選び方を紹介します。

目次

ミニマリストブロガーが愛用するガジェット

結論からいえば、私が愛用しているガジェットはこちら。

愛用するガジェット
  1. スマホ:Apple iPhone SE (第1世代)
  2. ノートパソコン:Apple MacBook Air M1
  3. マウス:ロジクール MX ANYWHERE3
  4. ノートパソコンスタンド:Boyata
  5. ハブ:5in1 Type-C
  6. ポケットWiFi:Mugen WiFi
  7. ワイレスイヤホン:TaoTronics SoundLiberty 97
  8. 一眼レフ:SONYα6400

スマホ:Apple iPhone SE (第1世代)

スマホは、Appleの「iPhone SE (第1世代)」。

2016年に発売された型落ち品になります。

正直、2020年に発売された第二世代とのiPhone SEと比べるとスペックはかなり低いです。

ただ、スマホは型落ちで十分だと思っています。

スマホでなにか作業をすることはないし、カメラは一眼レフを使っています。

なので、住む歩ではネット検索とSNS、LINEができれば十分です。

最新のiPhoneは魅力的ですが、「いまの私には必要ないかなあ」と思っています。

ただし、副業の種類によっては、最新のiPhoneを使ったほうがいいこともあります

10万円近くしますが、必要な投資だと思ったほうがいいです。

ちなみに、ネット回線には、「Rakuten UN-LIMIT」を契約しています。楽天モバイルは月1GBまで無料なので、ポケットWiFiを一緒に持ち歩いて通信費を節約しています。

詳しくは「ミニマリストの通信費節約術!「Mugen WiFi×楽天モバイル」がおすすめ」の記事で解説しているので、参考にしてください。

ノートパソコン:Apple MacBook Air M1

ノートパソコンは、Appleの「MacBook Air M1」を使っています。

スペックは以下の通りです。

スペック
  • カラー:シルバー
  • GPU:7コア
  • SSD:512GB
  • メモリ:16GB
  • キーボード:US

値段は15万円近くかかりましたが、間違いなく買ってよかったものです。

軽くて持ち運びやすいし、重たい処理でもサクサク動くし、キーボードの打ち心地は最高だし、ディスプレイの解像度は圧倒的です。

ついついパソコンを触りたくなるので、意外と大きなメリットだと思います。

ちなみに、Amazonなどのネットで購入できるMacBook Air M1は、「SSD256GB、メモリ8GBのみ」になります。

スペックアップしたいのであれば、Appleの公式サイトからカスタムオーダーする必要があります。

動画編集や画像編集、プログラミングなどに挑戦したい方であれば、メモリは16GBまで積むことをおすすめします。

+2万円の違いなので、数年は愛用することをを考えると十分に元がとれます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥134,800 (2022/11/29 16:36:18時点 Amazon調べ-詳細)

マウス:ロジクール MX ANYWHERE 3

マウスには、ロジクールの「MX ANYWHERE 3」を使っています。

約1万円する高級マウスです。

「マウスなんて、なにを使っても一緒でしょ」と思って、1,000円のマウスをずっと使っていました。

ですが、マウスには絶対にこだわったほうがいいです。

動作の安定感や、腕への疲労感などが全然違ってきます。

ロジクール 「MX ANYWHERE 3」を選んだ理由は、3つあります。

MX ANYWHERE 3の魅力
  1. コンパクトなサイズ感
  2. カスタム機能の充実
  3. MacBookとのデザインの相性

まず、すごくコンパクトで、小さい手でもおさまりがいいです。

持ち運びも、全く苦痛を感じません。

機能性においても、マウスホイールが一発で何千行もすっ飛ばせたり、ボタンに「進む・戻る」だけでなく、「ブラウザを開いたり、コピペ機能」を設定することもできます

そして、シンプルなデザインは、MacBookとの相性も抜群です。

使いやすさ・効率化・デザイン」の観点から、1万円出しても十分に価値を感じられるマウスです。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥10,800 (2022/11/28 22:47:39時点 Amazon調べ-詳細)

ノートPCスタンド:Boyata

Boyataの「ノートパソコンスタンド」。

長い間、テーブルに直置きでノートパソコンで作業をしていました。

ですが、パソコンスタンドを導入したことで、明らかに目や肩が疲れにくくなりました。

本業でもパソコンを触って、家に帰ってからもパソコンを使っていると体はバキバキになります。

体へのダメージを少しでも和らげるためには、パソコンスタンドは絶対にあったほうがいいです。

Boyataのノートパソコンスタンドの魅力は、約2,000円と安いことがまずひとつ。

次に、折りたためばコンパクトになり、6段階に高さを変えられます。

パソコン作業をするときは一番傾斜をゆるくしていますが、傾斜をきつくするとスマホスタンドにもなります。

なので、ご飯を食べながらYoutubeが見られます(笑)

それに、2,000円ちょっとと安いわりにはアルミ製で高級感もあって、MacBookにも合うデザインが気に入っています。

created by Rinker
BoYata
¥1,699 (2022/11/29 00:26:11時点 Amazon調べ-詳細)

ハブ:5in1 Type-c

一眼レフの写真データをMacbookに移行する用の「5in1 Type-C」のハブです。

最低限の速度でデータ移行ができればいいので、アルミ合金でデザイン的に悪くないものを楽天市場で2,000円ほどで購入。

いまのところ、動画などの大容量データには使っていないので特に不自由はしていません。

Satechiのハブが人気ですが、9,000円近く出す価値は私にはありません。

created by Rinker
¥2,550 (2022/11/29 00:26:11時点 楽天市場調べ-詳細)

ポケットWiFi:Mugen WiFi

Mugen WiFi」がメインのネット環境です。

固定のネット回線は契約していません。

ポケットWiFiにもいろいろありますが、Mugen WiFiを選んだ理由は3つ。

Mugen WiFiの魅力
  1. トリプルキャリア対応で速度トラブルが少ない
  2. 月100GBの大容量で、実質月額3,293円と安い
  3. 1年未満の解約でも9,900円と解約手数料が安い

Youtube動画を1日3時間は見られる大容量で、月3,500円もかかりません。

au・ドコモ・ソフトバンクのトリプルキャリア対応なので、持ち運んでも通信トラベルが少ないことも魅力

通信費節約のためにスマホと併用しているので、大事なポイントです。

それに、早期解約の手数料が他社と比べても半額近くで、30日間のおためし利用もできるので、万が一のリスクが低いことも契約を決めた理由でした。

Mugen WiFiはコスパのいいポケットWiFiなので、高い通信費を払っている人は乗り換えを検討してもいいと思います。

Mugen WiFiを実際に使ってみた感想は、「Mugen WiFiを選んだ理由!1年使ってわかったメリット・デメリット」の記事でまとめています。

ワイヤレスイヤホン:TaoTronics SoundLiberty 97


TaoTronicsの完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 97」。

「値段が5,000円未満で、軽量で疲れにくいこと」を優先して、完全ワイヤレスイヤホンを探しているときに見つけました。

SoundLiberty 97の魅力は…

SoundLiberty 97の魅力
  • 約4,000円で買える
  • イヤホン2つで8gと超軽量
  • 人工工学に基づいたフィット感
  • クリアな音質
  • ノイズキャンセリング搭載
  • 9時間連続再生

と、コスパモンスターの完全ワイヤレスイヤホンです。

完全ワイヤレスイヤホンは、AirPodsのいいものだと3万円近くします。

ですが、イヤホンは必要最低限で十分だと思っているので満足しています。

万人におすすめできる「欠点のない完全ワイヤレスイヤホン」だと思うので、イヤホンの買い替えを悩んでいる人は、買って間違いないです。

created by Rinker
¥4,525 (2022/11/29 14:32:03時点 楽天市場調べ-詳細)

レビュー記事:【レビュー】TaoTronics SoundLiberty 97 は4,000円で買える完成度の高い完全ワイヤレスイヤホン

カメラ:SONY α6400

カメラは、ミラーレス一眼レフのSONY「α6400」を愛用しています。

レンズは単焦点レンズの「SIGMA 16mm F1.4」を1本だけ持っています。

総額約15万円と、私の持ち物の中ではMacbookに次ぐ高価な持ち物。

メインはブログの写真撮影用に使っていますが、正直、スペックを活かしきれていないのが実情です。

ただ、ネットで副業をするなら、カメラはいいものを使ったほうがいいと思います。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥113,980 (2022/11/29 16:45:40時点 Amazon調べ-詳細)

副業したい人におすすめのガジェットの揃え方

ここからは、副業したいミニマリストはどんな基準でガジェットを揃えるといいかを紹介します。

ポイントは3つあります。

ガジェットの選び方
  1. 高くてもスペックを重視
  2. 小さくて軽いこと
  3. 最初から買い揃えすぎない

高くてもスペックを重視

まず、副業をしたいのであれば、ガジェットはスペックを重視すること

一般的なミニマリストのもの選びの基準は、「必要最低限のもの」だと思います。

ですが、お金を稼ぎたいのであれば、仕事道具にはお金をかけたほうがいいです。

実際、以前の私はミニマリスト気質が抜けずに、必要最低限のスペックのガジェットを揃えていました。

ですが、小さなストレスがたまり、結局は機能性の高いものを買い直しています。

ミニマリストはお金の使い方が下手になりがちですが、「副業に挑戦したいのであれば、仕事道具であるガジェットはお金をかけるべきところ」と考えたほうがいいです。

小さくて軽いこと

次に、できるだけ小さくて軽いガジェットを選ぶこと

なぜならば、持ち運んでカフェなどで作業できるようにするためです。

  • 15インチのノートパソコンよりも、13インチ
  • 有線イヤホンよりも、完全ワイヤレスイヤホン
  • 固定ネット回線よりも、ポケットWiFi

こんなイメージです。

購入を迷ったものがあったら、「持ち運びにストレスじゃないか?」を想像してみてください。

ちょっとでもひっかかるようなら、もう一回り小さいサイズのものを買うことをおすすめします。

最初から買い揃えすぎない

仕事道具にはお金をかけたほうがいいですが、必要最低限のものしか買い揃える必要はありません。

ガジェットは底なし沼です。

必要なものを考えれば、無限にほしいものはでてきます。

ですが、やっぱりまずは最低限のものだけを持つのがいいと思います。

どうしても後から必要になるのであれば、そのときに買い足せばいいだけです。

最後に

私が愛用しているガジェットを再度まとめました。

愛用しているガジェット
  1. スマホ:Apple iPhone SE (第1世代)
  2. ノートパソコン:Apple MacBook Air M1
  3. マウス:ロジクール MX ANYWHERE3
  4. ノートパソコンスタンド:Boyata
  5. USBハブ:5in1 Type-C
  6. ポケットWiFi:Mugen WiFi
  7. ワイレスイヤホン:TaoTronics SoundLiberty 97
  8. 一眼レフ:SONYα6400

私の場合でいえば、ノートパソコンとマウスにはお金をかけています。

PC周りのガジェットは、生産性に直結しますからね。

逆に、スマホやイヤホン、ネット環境はコスパ重視で必要最低限を揃えています。

外付けのハードディスク、モバイルバッテリー、デュアルディスプレイなどの必要性はまだ感じていないので、必要になったときに買い揃える予定です。

揃えるべきものは揃えて、最低限でいいものはコスパ重視で、不要なものは買わない

このスタンスこそが副業ミニマリストのガジェット選びのコツです。

▼関連記事

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

なにおれKindle本「ミニマリスト式シリーズ」を出版中

Kindle Unlimitedで読み放題対象

生きづらさを抱える人が、会社を辞めても心穏やかに、楽しく生きていくための人生戦略を解説。私が試行錯誤を続けた3年間の、知識と経験の集大成です。

30日間のお試し登録で無料で読めます。

運営者

セミリタイア中の31歳。現在は妻とニ人で、月13万円で質素に暮らしています。総フォロワー13万人の各SNSでは、生きづらい人がラクに生きられるあれこれを発信。出版中のKindle本10冊『ミニマリスト式シリーズ』の総レビューが4000件を超えました。出版社から紙の書籍も出版。

会員限定コンテンツ(無料)

限定記事「ミニマリスト式超思考術」も公開中

読者様からのお悩みに、私の持ちうるすべてを知識と思想を持って全力で回答しています。

閲覧も、お悩み相談も、すべて無料です。

高額商材なんかを売りつけたりもしないので、安心してください(笑)

なにおれを好きになってくれた方に、私なりの助力をしたいと思っています。

目次