2019.09.15

メルカリでお金を稼ぎながら断捨離する具体的な手順【完全解説】

 

「物を捨てるのはもったいないからどうせなら売りたけど、メルカリとかめんどくさそう」

 

これまで「メルカリ」などのフリマアプリを利用したことない人は、色々とめんどくさそうと思うかもしれません。

 

ですが、実際に何かものを売ってみると、びっくりするくらい簡単なことに驚きます。そして、びっくりするくらい高値で売れます。

 

当記事では、そんな家に眠る不用品を断舎離したい人に向けて、メルカリを使ってお金を稼ぎなら断捨離する具体的な手順を紹介します。

 

私は、これまでにメルカリで不用品を売ることで15万の売上を達成していますので、多少は参考にはなると思います。

関連記事:【実体験】メルカリで15万円以上売り上げて分かった意外と売れる物

 

メルカリでお金を稼ぎながら断捨離する具体的な手順

メルカリで断捨離しながらモノを売る手順は、大まかに以下のとおりです。

  1. メリカリに登録
  2. 断捨離して売るモノの選定
  3. 商品の写真撮影
  4. 販売価格の設定
  5. 販売価格の調整
  6. 商品の発送
  7. 売上の現金化
 

 

【手順1】メルカリに登録

まずは、なんといっても「メルカリ」に会員登録するところから始まります。

 

登録自体は簡単なので、なにも難しいことはありません。当然、年会費・利用料は無料です。

 

メルカリのビジネスモデルは、「出品者の販売価格の10%を手数料としてメルカリが得る」という仕組みです。そのため、出品者は、は販売価格から10%の手数料と、送料を引いた価格が利益となります。

 

つまり、出品者の利益は、以下の計算となります。

(販売価格 × 0.9) – 送料 = 利益

 

シンプルかつ明快なシステムですね。

 

【手順2】断捨離して売るモノの選定

続いては、断捨離して売るモノの選定方法についてです。

 

重要なポイントは、「1年以上、手を触れていないモノを一箇所に集める」ということです。

 

【手順2-1】1年以上触っていないモノは今後も使わない

1年以上もの間、そのモノに触っていないということは、今後も使う可能性は限りなく低いです。

 

  • 着ていないどころか、触ってすらいない服や靴
  • 1ページも読み返さない本
  • 押し入れに眠っている昔の家具家電
  • 買ったはいいけど、結局使わない便利用品

 

使っていないものでも、手に触れて愛着を持っているモノは残したほうがいいですが、触れてすらいないものは、間違いなく手放して問題ありません。

 

【手順2-2】モノを一箇所に集める

おそらく、部屋中に1年以上触れていないモノが点在しているはずです。

 

その状態では、一体なにを残すべきで、なにを手放すべきなのかが、自分でもよくわからなくなります。そうこうしているうちに、めんどくさくなって何も変わりません。

 

そのため、不用品として手放すモノをどこか一箇所に固めておいて、そこからメルカリで売れたものから順に発送していく方法がおすすめです。

 

不用品を再度探す手間もなくなり、目に見えてモノが減っていく過程は気持ちがいいものですよ。

 

【手順3】商品の写真撮影

ポイントは、「よく晴れた日に、集めたもの全ての写真を1日でまとめて撮る」ということです。

 

【手順3-1】晴れた日に写真を撮る

これは、単純に写真の写りがよくなり、商品が売れやすくなるからです。

 

デジカメや一眼レフがあればそれらの撮影機器を使ったほうがいいですが、なければスマホの内蔵カメラで十分です。逆光にならないように、カーテンを全開にして部屋を明るくした状態で、太陽の光を背にして、商品を撮影します。

 

撮るポイントは、以下の5つです。

  1. 投稿限度の1品につき10枚の写真を撮る
  2. 全体が分かる写真を1枚は撮る
  3. 背面が分かる写真を1枚は撮る
  4. キズや汚れの部分が分かる写真を撮る
  5. ブランド・サイズ・機種などが分かる写真を撮る

 

購入者の気持ちになって、「こんな写真があると分かりやすいな」っていうのを想像して写真が撮れたらベストです。

 

【手順3-2】1日でまとめて撮影する

不要なモノは一箇所に集まっているはずなので、1日ですべてのモノの撮影を完了させます。

 

写真撮影は写りがよくなる天気のコンディションもあるため、タイミングがいいときにまとめて行ってしまうのが合理的です。

 

【手順4】販売価格の設定

写真撮影までが終わったら、実際にメルカリ上に商品を公開します。

 

めんどうな作業なので、市場価格の調査などの細かいことは一旦置いておいて、「売れたら嬉しな」と思う値段でどんどん公開していく方法がおすすめです。

 

自分が売れたらいいと思った値段ですので、もし、安く売りしすぎていたとしても、後悔は少ないはずです。

 

また、商品の配送条件は以下にしてください。

  • 配送料は送料込みにする
  • 発送までの日数は1~2日

 

【手順4-1】配送料は送料込みにする

メルカリでは暗黙の常識なのですが、送料込みの価格で販売してください。

 

理由は、購入者が実際にいくら支払うことになるのかが一発で分かるからです。

 

送料が購入者負担だと、結局いくらになるのか購入者が計算することになるので、必然的に売れにくくなります。

 

そのため、送料赤字にならないよう販売価格を設定することは大切です。少しでも売上になれば、捨てるよりマシです。

 

「諸々の工数を考えたら・・・」なんて考え出したらなにもできないので、まずは少しでも利益が出るなら売ってみる。これでメルカリでモノを売ることに慣れていくのがいいです。

 

【手順4-2】発送までの日数は1~2日に設定する

後述しますが、発送は基本的には翌日に行ってください。

 

ビジネスの世界において、スピードは信用です。

 

購入者側の立場で考えると、個人間のやり取りできちんとモノが届くか不安に感じているはずです。そのため、発送が早い出品者は信頼されやすくなります。

 

結果として、多少梱包が雑でも、トラブルになるケースが劇的に少なくなります。

 

【手順5】販売価格の調整

商品を公開して数日もすれば、市場でいろいろと反応があるはずです。

 

  • いいね・コメントが数件ある商品 → 価格維持
  • 全く反応がない商品 → 価格調整

 

この2パターンで基本的にOKです。

 

【手順5-1】いいね・コメントが数件ある商品は、価格維持

市場から反応があるということは、価格帯がそこまで市場から外れていないということです。

 

「引っ越しなどの関係でいつまでに売り切りたい!」とかの事情がないのであれば、急いで焦って安値で売る必要もありません。

 

そのまま放置しておけば、いつかすぐにでも購入したいという購入者は現れます。

 

このパターンは、特に「書籍」の販売において顕著ですね。

 

本が売れるのは値段よりも、ほぼタイミングの問題です。購入者側からしてみたら、新品を購入するよりも安く買えれば満足なわけで、無理に安い価格設定にする必要は全くありません。

 

【手順5-2】全く反応がない商品 → 価格調整

「完全に市場価格に合っていない」、もしくは、「市場から全く需要がない商品」ということです。悲しいことに、価値があると思っていたのは自分だけパターンです。

 

涙を拭いてから、価格を調整してください。

 

「いくらぐらいに調整すればいいのか?」という問題については、メルカリ上で同じ商品を検索してみて、過去にいくらで売れているかを確認する方法がおすすめです。

 

多少の振れ幅はあるものの、おおよそ同じような価格帯で売れているはずです。

 

自分の持っている商品の劣化状況などを加味して、価格の調整をすればいつかは売れるはずです。

 

【手順6】商品の発送

商品が無事に売れました。

 

売れた瞬間が一番テンションがあります。そして、梱包・発送が一番めんどうです。

 

ここで重要なことは、「利益よりも手軽さを最優先する」ということです。

 

最も重要なことは「断捨離」のほうで、「お金を稼ぐ」ことはあくまで副次的効果です。そのため、小さな利益を追求するあまり、一番安い梱包サイズにするように奮闘することは本末転倒です。

 

【手順6-1】発送サービスの選び方

メルカリの配送方法には、以下のパターンが基本的です。

配送会社 サービス名 持ち込み場所 種類 値段
ヤマト らくらくメルカリ便 ファミマ・セブン ネコポス 195円
宅急便コンパクト 380円
宅急便 600円~
大型らくらくメルカリ便 自宅 家具家電 4,320円~
日本郵便 ゆうゆうメルカリ便 郵便局・ローソン ゆうパケット 175円
ゆうパック 600円~

 

種類がありすぎて、もはやめんどくさく感じますよね。

 

でも、大丈夫。

 

近所にあるコンビニがなにかで、配送方法を選べばいいです。

  • 近所に「ローソン」がある方 →  ゆうゆうメルカリ便
  • 近所に「ファミマかセブン」がある方 → らくらくメルカリ便

 

自宅から会社までの通勤路にあるコンビニを選ぶと、即日出荷がかなりしやすくなります。

 

【手順6-2】梱包の仕方

梱包で注意すべきは、「防水対策」と「衝撃対策」だけはきちんとすることです。

 

  • 防水対策の具体策には、商品は必ずビニール袋などに入れる。これは、新品のゴミ袋でもいいですし、ジップロックとかでもいいです。
  • 衝撃対策は、家電製品などの精密機器や、陶器などの割れ物を発送する場合に行います。具体的には、Amazonの買い物などでついてきたプチプチを使ったり、新聞紙などの紙を詰めて隙間をなくします。

 

これだけしておくだけで、よっぽどトラブルには発展することはありません。

 

【厚さが2cmくらいの薄い商品の場合】

全国一律で200円程で発送できる「ネコポス (らくらくメルカリ便)」と「ゆうパケット (ゆうゆうメルカリ便)」を選択します。

 

厳密には規定がありますが、大きさの目安でいうと、一般的な自宅の宅配ポストに入る厚さのものです。

  • 書籍
  • Tシャツやシャツなど1枚
  • 財布などの小物
  • スマホやiPadなどの薄い家電製品

 

【厚さが2cm以上の商品の場合】

全国一律で600円~発送できる「宅急便 (らくらくメルカリ便)」と「ゆうパック (ゆうゆうメルカリ便)」を選択します。

 

最低料金が600円です。これは、梱包した箱の3辺の長さによって料金が決まります。「600円なら60cm」といった具合です。

 

「それって、専用の箱とかきちんとした箱を用意しなければいけないの?」という疑問については、用意する必要なしです。

 

Amazonとかで届いた箱を残しておいたり、買い物で貰った紙のショッピングバッグなどに梱包してしまってOKです。なんなら、ダンバールを適当に切り貼りした状態でも大丈夫です。

 

要するに、商品が裸の状態でなければ問題ありません。

 

【大型家具家電の発送は自宅で待機】

コンビニに持ち込めないような大型家具家電でもメルカリで出荷できます。

 

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • ソファー
  • テレビ

などですね。

 

このような大型の家具家電は、ヤマトや日本郵便の宅配員から連絡があり、自宅まできてくれて、「サイズの測定・梱包・出荷手配」まで全てやってくれます。

 

その場で配送料を払ったりすることもありません。

 

メルカリ上で自動的に売上金額から差し引かれる仕組みです。

 

【手順6-3】コンビニでの発送方法

コンビニでの発送方法はめちゃくちゃ簡単です。

 

  • 近くのコンビニに梱包した商品を持ち込む
  • 機械端末で出荷用バーコードを印刷
  • レジに持って行き店員に渡す (無言でOK)
  • 店員に出荷用ラベルを渡されるので貼り付ける
  • 「よろしくおねがいします」とでも言って、店員に渡す

 

3分もあれば終わります。

 

【手順7】売上の現金化

商品が無事に購入者に届いて、お互いの評価が完了した後、メルカリ上に売上金額がプールされます。

 

この段階では、あくまでプールされるだけです。

 

その後の選択肢は以下の2つです。

  • メルカリポイントに換金してメルカリ上でモノを買う
  • 銀行振込により現金化を行なう

 

基本的に取るべき選択肢は、現金化のみです。

 

メルカリで稼いだお金は、なぜかメルカリ上で使ったほうがオトクなような気がしてきますが、全くそんなことないです。売上げたお金は現金になるので、ここで無駄遣いをしてはいけません。

 

メルカリで稼いだら、現金化。

 

この言葉を合言葉に胸にしまっておいて下さい。

 

ただ、1万円以下の振込の場合、手数料が200円くらいかかってしまうので、ある程度の金額が貯まってから一括で現金化するのがおすすめです。とはいえ、些細な金額なので、メルカリでなにかを買ってしまうくらいなら即現金化したほうがいいです。

 

最後に

メルカリでお金を稼ぎながら断捨離する具体的な手順を紹介してきました。

 

当記事をまとめます。

  1. まずはなんといっても「メルカリ」に登録
  2. 1年以上使っていないものを一箇所に集める
  3. 天気のいい日に集めた全てのもの写真を撮る
  4. 販売価格は、まずは細かいことを気にせず希望値をつける
  5. 全く反応がない商品だけ、市場相場を調べて価格調整する
  6. 最寄りのコンビニで即日出荷を心がける
  7. 売上は無駄遣いする前に現金化してしまう

 

どうですか。実践できそうでしょうか。

 

断捨離で最も大変なことは、断舎離するものを選ぶことです。

 

そのため、1年以上使っていないものは割り切って、一箇所に集めてしまいましょう。全てはそこからです。

関連記事:断捨離が進まないときに試してほしいシンプルな1つの方法

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。