2019.12.24

社会人が教養として絶対に身につけておきたい3つのこと

 

社会人が学んだほうがいい教養ってなに?日経新聞とか読めばいいの?

 

そんな疑問を持つ方に向けて。

 

日本経済、世界経済、政治、一般常識、ビジネスマナー。

 

世間一般で、社会人なら勉強したほうがいいと言われているはこのあたりでしょうか。

 

もちろん、これらの教養はあるにこしたことはありません。

 

ですが、社会人サラリーマンである我々には真っ先に身につけなければいけない教養があります。

 

社会人が教養として絶対に身につけておきたい3つのこと

社会人が絶対に身につけておきたい教養は3つ。

  1. お金の教養
  2. 道徳の教養
  3. 体の教養

 

1. お金の教養

まずはお金の教養。

 

一番身近にありながら、意外と全然知らないのがお金の知識です。

 

「お金とは働かなくてもいい特別切符」のようなもので、お金があれば人生の選択肢は間違いなく広がります。

 

しかし、社会の仕組みとは残酷なもので、お金の知識がない人間から搾取するようにできています。

 

だから、自分の人生の可能性を広げ、好きなように生きていくためには、お金の教養は間違いなく必要になります。

 

試しに、お金の教養があるかを見極める10の質問を考えてみました。

 

  1. 国民年金は満額で年間いくらもらえるか
  2. サラリーマンが合法的に税金を減らす方法
  3. 残業と副業では副業のほうが節税になる理由
  4. 事業収入の副業なら会社にバレないのはなぜか
  5. 民間医療保険、貯蓄型生命保険が必要ない理由
  6. 30歳と40歳で1,000万円の金融資産の持つ意味が変わる理由
  7. ふるさと納税の仕組みと始め方を知っている
  8. つみたてNISAがなぜお得といわれているのか
  9. 利回り0.1%の銀行預金と3%の投資信託の10年後
  10. 株式投資における伝統的な投資手法はなにか

 

どうでしょうか。

 

これらに質問に即答できる知識を持ち合わせていますか?

 

「えっ、全然わからないんだけど・・・」という人は、残念ながらお金の教養がないといえます。

 

これでは、お金の教養のある人よりも多く税金を払い、本来は必要のないことにお金を支出し、増やせたお金をただ眠らせるだけになってしまいます。

 

しかし、お金のことは普通に生きていたら誰も教えてくれません。

 

だから、自分で学ばなければいけない。

 

やるべきことは本を読みまくることです。

 

図書館に行って、税金、投資、倹約についての本を借りて借りて借りまくる。

 

いくつかおすすめの本も紹介しておきます。

 

2. 道徳の教養

「道徳なんて小学生の時に学んだよ!」

 

そんな人も多いと思います。

 

ですが、道徳心は生涯をかけて学んでいくものです。

 

なぜならば、人間は社会的な生き物であって、一人では生きていけないからです。

 

自分で一人で生きているようでも、絶対にどこかでは社会と周囲の人間と繋がって私たちは生かされています。

 

だから、社会の中における自分を存在を高めることは幸福に生きることに繋がっています。

 

そして、そんな自分の存在価値を高めてくれるものは、間違いなく道徳です。

 

お金を持っている人でも、外見がいい人でも、勉強ができる人でもありません。

 

道徳心を持った人間です。

 

  • 人に優しくいる
  • 人に自分がされて嫌なことはしない
  • 人に安心感を与える
  • 人に心地よさを与える
  • 人にいいところを伝える

 

こういった道徳観を持った人間は人に愛され、人に求められ、そして、社会の中で健全に自分自身の価値を見出すことができます。

 

「でも、どうすれば道徳を学ぶことができるのか」

 

お金の教養と同じように本を読むことです。とりわけ、小説を読むこと。

 

なぜならば、小説では様々な人間の感情や思考に触れられるから。

 

本来、人生とは自分の人生しか体験できませんが、小説の中でなら他人の人生を生きることが可能になります。

 

とはいっても、難しそうな文学を読む必要もなければ、小難しいことを考えながら小説を読む必要もありません。

 

気になった小説を好きなように読めばいいです。

 

そうやってたくさんの小説に目を通しているうちに、自然と人の気持ちをすくえるようになります。

 

あとは普段の生活の中で、「今この人はこう思っているかもしれない。こんなことを望んているかもしれない」という気付きを、自分の行動に変えるだけです。

 

おすすめの小説もいくつか紹介します。

  • 神々の山嶺胸が熱くなりすぎて燃えた本。たぶん最強の山岳小説。
  • クライマーズ・ハイ:サラリーマンがびっくりすくらいかっこよく感じる本。本当にかっこいい。
  • リバース:オチが気持ちよくて、気持ち悪い本。
  • 秘密:読み終えた後、吐き気で小一時間動けなくなる本。
  • 仮面山荘殺人事件:記憶を消してもう一度読みたい至高ミステリー小説。
  • ヴォイド・シェイパ:5部作品なんですが、読み終わるのが本当に悲しいくらい面白かった小説。
  • 失われる物語:短編集なんでが、「失われる物語」の文章の表現力が超越している。
  • 最悪 :群像劇好きにはたまらない一冊。

 

3. 体の教養

体は人生の土台であり、根幹となるものです。

 

しかし、それでいて軽視されやすくもあります。

 

体に悪いと分かっていてもジャンクフードを食べてしまう。でも、そもそもジャンクフードのなにが悪いかを知らない。自分で栄養のある食事を作るにも、どんな食材にどんな栄養があるかを知らない。

 

健全な体を作る教養が備わっていない人がほとんどです。

 

だから私たちは体のことを知らなければいけません。

 

体の教養といってもその範囲は広く、知っておきたいことはたくさんあります。

 

  • 集中力の続く生活習慣
  • よく眠るための方法
  • 太りにくい体の作り
  • お腹周りの脂肪を落とす方法
  • 運動がもたらす効果
  • 中毒性の高い食べ物の正体
  • タバコやアルコールの弊害
  • 三大栄養素とビタミンの働き
  • 自分に適切なカロリー摂取量
  • レシピを見ずに料理する方法

 

生活習慣、食事、栄養、睡眠、運動、筋トレ、料理、ダイエット。

 

運動習慣を身につけることは、前向きな思考につながります。また、理想的な体型でいることは、お金があることと同じくらいに幸福を感じるとも言われています。

 

体のことは、知っておくといいいことが山ほどあります。

 

だから、体のことはどれだけ勉強してもしすぎることはありません。

 

体についてのおすすめの本も紹介します。

 

最後に

社会人が教養として絶対に身につけておきたい3つのことについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • お金の教養・道徳の教養・体の教養は絶対に身につけておきたい
  • お金の教養があれば、人生の可能性を広げられる
  • 道徳の教養があれば、社会の中で自分の存在価値を高めることができる
  • 体の健康があれば、前向きの思考になり、自分のことを好きになれる

 

社会人になって勉強している人は本当に少ないです。

 

だからいって、周囲を見渡してなにもしない自分に安心してはいけません。

 

「学ぶ。勉強する。」というと、学生時代の受験勉強を思い出すかもしれません。

 

ですが、知らなかったことを知ることで生活が豊かになったり、自分の思考や行動が変わっていったりする経験は、本当に心が躍る体験です。

 

だから、学ぶことを食わず嫌いせず、たくさん本を読みましょう。

関連記事:社会人が毎朝30分の読書を1年間続けて実感した良かったこと

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
by
関連記事