2019.06.24

コンビニ飯でダイエット!食べていいもの・避けるもの【まとめ】

 

時間のないサラリーマンにとって、最も身近で食べ物を調達できるコンビニは、もはやなくてはならない存在です。ですが、コンビニで買える食品は選び方を間違えると、体重は激増することになります。

 

当記事では、コンビニ飯を続けてもダイエットでき、継続的に太りにくいカラダを作る上で食べてもいいもの・食べるのを避けたいものを紹介します。

 

コンビニ飯でダイエットするには?

コンビニ飯でもダイエットや太りにくいカラダをつくることは十分にできます。ただ、以下のポイントについて注意することが重要です。

 

  • 油・砂糖・塩を必要以上に摂らない
  • 食物繊維のある食べ物を積極的に摂る
  • 発酵食品から植物性乳酸菌を摂る
  • 抗酸化作用のある食べ物を食べる

 

体重を減らすなら消費カロリー以上にカロリーを摂取しないことは大前提ですが、体内の環境を整えるための食事というのがめちゃくちゃ大切になります。

 

コンビニ飯で食べるのを避けたほうがいいもの

ダイエットに限らず、コンビニ飯で注意しなければいけないのは、「砂糖・油・塩」です。おいしい加工食品には必ずといっていいほど、砂糖・塩・油が必要以上に使われています。

 

以下で紹介する食べ物には大量の油・砂糖・塩が使われているため、恒常的に食べることは避けたほうがいいです。

 

シーチキンマヨおにぎり コンビニのおにぎりには形成や包装の過程で油が使われています。また、マヨネーズにはトランス脂肪酸が含まれているので、おにぎりの中でもシーチンマヨは微妙です。
揚げ物の弁当 親子丼、鶏の唐揚げ弁当などは鶏肉なのでまだマシですが、トンカツやカツ丼は脂身の多い豚肉をさらに油で揚げているので、かなりやばいです。
ウインナーやハムなどの加工肉 コンビニ飯に限らず、ウインナー・ハム・ベーコンなどの加工肉は脂身の多い部位が使われているだけでなく、加工過程で具材の接着を防ぐために大量に油が使われています。たまに食べるのはいいと思いますが、毎日は止めたほうがいい思います。
サンドイッチ マーガリン、マヨネーズなどのトランス脂肪酸が使われている具材のサンドイッチは避けるべきです。見た目はヘルシーっぽいですが、実はやばいめな食品です。
菓子パン 菓子パンの甘いクリームには大量の砂糖とトランス脂肪酸が使われています。また、パン自体にも油や砂糖が使われているので、菓子パンを食べていいことは何もありません。
スイーツ チョコレート、アイスクリーム、ドーナツ、ケーキ。どれもおいしいのですが、やはり砂糖や油が大量に使用されています。果物やナッツをおやつにする習慣ができれば勝利です。
インスタントラーメン インスタントラーメンの汁には引くくらいの油が使われています。たまに食べるのはいいかもしれないですが、汁を飲むことは本当に止めたほうがいいです。
スナック菓子 ポテトチップスをはじめとしたスナック菓子の中毒性は、スイーツの比ではありません。一度食べれば、抜け出せなくなります。

 

コンビニ飯で食べていいもの

コンビニ飯でダイエットする上では、体内の環境を整えることがとても大切です。体内の環境を整えるには、「食物繊維、乳酸菌、抗酸化作用」のある食品を食べるのがいいです。

 

  • 食物繊維→血糖値の急上昇を抑制し、体脂肪を溜めこまない
  • 乳酸菌→腸内環境を整え、代謝機能を促進させる
  • 抗酸化作用→細胞などが酸化されることを防ぎ、代謝の悪化を防ぐ

 

おでん おでんは低カロリーで食物繊維が豊富な具材が多いので、コンビニ飯の中でもダイエットには最適です。しらたき、こんにゃく、大根なんかは積極的に食べたい具材です。
穀物系のご飯やパン 精白された米や小麦粉と比べて、穀物系は食物繊維が豊富です。白い物を食べるなら、茶色のものを選ぶように心がけるといいと思います。
塩おにぎり 白米が食べたいならシンプルな塩むすびがいいと思います。具材がほしいなら、油があまり使われていないサケやおかかなどがいいでしょう。
ザルそば そばも低カロリーで食物繊維が豊富です。パスタを買うよりも、そばを食べましょう。ただし、塩分過多になるので、つゆのつけすぎには注意。
漬け物 漬け物などの発酵食品には腸内環境を整える植物性乳酸菌がいるので、たくさん食べたほうがいいです。筋トレをしている人でも、腸内環境の知識がないことで便秘になっている人は多いと思います。
インスタント味噌汁 味噌も発酵食品なので、塩分は高めですがカップ味噌汁もいいです。また、できるだけ具材の多い味噌汁を選べば、それだけビタミンや食物繊維を摂ることができるのでおすすめです。
ドレッシングなしのサラダ 値段は高いですが、生野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。ビタミンは栄養素の分解を手助けする働きがあるので、たくさん食べましょう。ただし、塩分と油を摂らないように、ドレッシングはなしの方向で。
きんぴらごぼう・ひじき 安く、手軽に、食物繊維が豊富なのが、きんぴらごぼうとひじきです。副菜で一品欲しい時には、買ってみるといいと思います。
冷凍果物 冷凍の果物は食べやすいのでおすすめです。特に、ブルーベリーは抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンC・Eも含んでおり、甘くておいしいです。
ナッツ類 アーモンドには筋肉をつくるたんぱく質や食物繊維が豊富に含まれています。また、くるみには、良質な脂質であるオメガ3や抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富です。

 

コンビニ飯で健康的な食事を続けるコツ

コンビニ飯でも飽きずに健康的な食事をするためには、特定の食品にこだわらず、手にする食品には何が含まれているかを考えることが重要です。

 

おでんなんかはコンビニで買える食品の中では、最もダイエット向けの食品ではありますが、だからといって毎日同じものを食べることはかなりきついです。

 

  • カロリーが高い食べ物は避ける
  • 見えない油に注意して、食品を選ぶ
  • 白いものより茶色いもの食べる
  • ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なサラダを食べる
  • 味噌・漬け物などの発酵食品を食べる

 

特定の食品で選ぶのではなく、どんな食品の選び方をすればいいかを知ることで、十分に健康的にダイエットができ、太りにくいカラダをつくることは可能です。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。