2020.01.16

ミニマリストがおしゃれにお金をかけない理由

 

おしゃれになりたい!素敵な部屋にしたい!でもお金がかかる・・・。

 

そんなジレンマを抱えた方に向けて。

 

テレビやWebメディア、雑誌などの世界は、 “おしゃれな世界” で溢れています。そんな世界の住人になりたくて、トレンドの服やこだわりのインテリアにお金をかける。

 

でも、おしゃれを目指してお金をかけていては、私たちは豊かになれません。

 

大切なことは、自分に信念を持つことです。

 

当記事では、月8万円で一人暮らしをしている倹約家ミニマリストが、おしゃれにお金をかけない理由を紹介します。

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

ミニマリストがおしゃれにお金を使わない理由

ます、「おしゃれ」というのは相対的な価値観でしかありません。

 

「他人から見て素敵だ」と思われること。

 

それがおしゃれです。

 

それゆえに、おしゃれには底がありません。

 

なぜならば、世間の味方が変われば、おしゃれの基準も変わるからです。

 

ファッションが分かりやすいですよね。昨年まではスキニーが流行っていたのに、今年は真逆のワイドパンツがトレンドになっていたみたいな。インテリアも同じようなものです。

 

だから、おしゃれを追いかければ追いかけるほどお金がかかります。

 

逆をいえば、お金さえかければおしゃれにはなれるということです。

 

しかし、お金とは私たちが自分の時間を対価に手に入れた命そのものです。それなのに、他人におしゃれだと思われるためだけに命を使うことに違和感を感じるのです。

 

これがミニマリストである私がおしゃれにお金をかけない理由です。

 

おしゃれにお金をかけない代わりに自分の信念を持つ

おしゃれにお金をかける代わりに自分の信念の持つこと。

 

「自分にはこのスタイルが似合っている」

「服やインテリアの数は増やさない」

「快適に暮らせることを最優先する」

 

そんな自分なりの信念を持っていればトレンドに流されることはありません。

 

1. ファッション

ファッションのトレンドは毎年変わっています。

 

ユニクロだって毎年同じような服をリリースしているようで、実は着丈や袖丈なんかを微妙に変えています。

 

だから、自分の好きな服、自分に似合うスタイルを知り、自分なりの信念を持つこと。

 

私のファッションの信念は、服を数を増やさないこと。

  • アウター 1着
  • スーツ 1着
  • シャツ 2着
  • トレーナー 1着
  • ニット 1着
  • デニム 2本
  • スラックス 1本
  • スウェットパンツ1本
  • スニーカー 2足
  • 革靴 2足
  • ベスト 1本

 

自分に必要最低限の服の数を知り、それ以上は買い足さない。

 

服を買うタイミングは、持っている服が着られなくなって買い替えるときだけ。

 

そうやって自分なりのルールを決めておくことで、流行りの服やあると便利な服に目移りすることはありません。

関連記事:20代男性ミニマリストが所有する服をすべて公開【全16着+小物】

 

2. インテリア

服と同じくらいにおしゃれにお金をかけてしまうこと。

 

それがインテリアです。

 

映画で見た素敵な部屋、Webメディアで見かけた洗練された部屋、立ち寄った雑貨屋で見つけた可愛い置物。

 

モデルルームのような部屋作りを目指していたら、いくらお金があっても足りません。

 

だから、自分にとって居心地のいい部屋とはどんな部屋かを知ること。

 

私の部屋作りの信念は、床に極力ものを置かないこと。そして、目から入る刺激を減らすこと。

 

私の部屋にはこれだけしかものがありません。

  • ベッド
  • ダイニングテーブル
  • デスクチェア
  • 観葉植物
  • クリップライト
  • 全身鏡
  • ヨガマット

 

棚や雑貨だけでなく、カーテン、ラグ、本棚、ソファー、テレビ台、テレビなどもありません。

 

なくても困らないものを部屋から取り除き、掃除の時間とストレスを減らすこと、部屋ではリラックスできることを最優先にしています。

 

インテリアを減らせばそれだけお金はかからないし、部屋も清潔に保ちやすく、集中とリラックスができる空間になります。

関連記事:【断捨離を実践】20代後半ミニマリスト男の一人暮らし部屋を公開

 

3. ヘアスタイル

高い美容院だとカットで4,000~5,000円かかります。パーマをかければ10,000円は超えるでしょう。

 

毎月、おしゃれな髪型になるためにこれだけお金をかけるわけです。

 

だから、自分はヘアスタイルになにを求めるかを決めること。

 

私の信念は、美容院に3,000円以上はかけないこと。定期的にカットして清潔感があれば十分。

 

むしろ、ヘアスタイルで重要なことはカットよりもスタイリングにあると思っています。

 

自分の髪の毛のクセや質感を知り、最適なヘアワックスを選ぶことができれば美容院にそこまでお金をかける必要はありません。

 

ヘアワックスは、阪本高生堂の「クックグリース」を愛用しています。

created by Rinker
阪本高生堂
¥1,200 (2020/07/06 13:40:29時点 Amazon調べ-詳細)

210gの大容量で1,500円と格安。ワックスの伸びもよくて扱いやすく、適度なツヤ感が男らしさを醸しだしてくれる。しかも、水溶性なのでベタつかずに水洗いでサラッとスッキリ。

 

自分の身なりを整えることは大切ですが、工夫次第で低コストに抑えることはできます。

関連記事:クックグリースを評価・レビュー!短髪男性におすすめのスタイリング剤!

 

最後に

ミニマリストがおしゃれにお金をかけない理由を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • おしゃれとは相対的な価値観でしかなく、トレンドを追いかけていたらお金がかかる
  • お金とは自分の時間を対価に手に入れた命そのものであり、相対的な価値観に浪費はしない
  • おしゃれにお金をかけないためには、トレンドに流されない自分なりの信念を持つこと
  • 特に、ファッション、インテリア、ヘアスタイルではその信念が重要

 

誰だって、おしゃれな人だと思われたいです。

 

ですが、そのためにはお金をたくさん使っていては、自分の命を削っていることと同じこと。

 

自分なりの信念を持ち、工夫することで、お金をかけずに自分のことをずっと好きになれます。

関連記事:16着まで服を断捨離してわかった捨てても後悔しない服の10の特徴

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事