MENU
電子書籍「ミニマリスト式シリーズ」を出版中
ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

【限定公開コンテンツをお届け】なにおれ公式LINE
30歳ミニマリストが買ってよかったもの21選
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
楽天ROOM
お得なサービス10選
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
サラリーマンがやるべきこと
マイプロテインを1kg2,000円未満で買う方法
なにおれ (30)
naniore
30歳の倹約家ミニマリスト。月6〜8万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。

現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイルを綴ったブログ。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案します。
【10/19まで無料】Kindle本の新刊『ミニマリスト式超引っ越し術』を出しました

ミニマリストでもベッドを断捨離しないシンプルな理由

ミニマリストはベッドも捨てた?それとも、捨てないほうがいい?

という疑問に答えます。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、1k8畳の部屋に一人暮らしをしている20代後半のミニマリスト男です。

結論からいえば、私はベッド派です。

当記事では、ミニマリストでもベッドを捨てないシンプルな理由、ベッドを捨てたほうがいい人と捨てないほうがいい人の特徴を紹介します。

目次

ミニマリストでもベッドを断捨離しない理由

理由はいたってシンプルです。

いま使っているベッドが好きだからです。

「そんな答えが聞きたかったんじゃない!」

と言われてしまいそうですが、好きか嫌いかの指標ってめちゃくちゃ大事だと思っています。

ミニマリストだろうがなんだろうが、好きならずっと使えばいいし、嫌いならさっさと捨ててしまったほうがいいです。

実際のところ、ベッドはなくても生活できるし、なかったらなかったで別に困らないと思います。

それでもベッドを手放さないのは、シンプルに好きだからです。

ベッドを持つメリット・デメリットなんてあまり気になくていいと思います。実際、ベッドでもマットレスでも同じようなものです。

ベッドを捨てるか捨てないかの判断基準は、好きか嫌いかだけで十分です。

ミニマリストが愛用するベッドを紹介

私が使っているベッドは、無印良品の「脚付マットレス・ボンネルコイル」。

このベッドは本当にいいですね。

まず、値段が手頃です。シングルであれば、20,000円もしません

見た目もシンプルで、どんな部屋の雰囲気にも合うと思います。

また、マットレスも固すぎず柔らかすぎずで、腰も痛くなりません。実際、5年は愛用していますが、マットレスがへこたれる気配もなしです。

だから、あえて捨てる理由がないんですよね。

ミニマリストだからといって自分の好きなベッドを捨てて、代わりに新しくマットレスを買うのは無駄です。

それは、お金がもったいないだけです。

「ベッドのほうがいい」とか、「マットレスのほうがいい」とかの意見には流されないこと。

一番大切なことは、いま使っているベッドを気に入っているかどうかだと思います。

ベッドを捨てたほうがいい人の特徴

逆に、いま使っているベッドが気に入っていないなら捨たほうがいいです。

「もったいない」とか、「まだ使える」とかは関係ありません。

  • なんか気に入らないなあ
  • 部屋のインテリアに合わないなあ
  • フレームがギシギシ音がするなあ

そんなふうにどこか引っかかる人は、捨ててしまったほうがスッキリすると思います。

なんだかんだベッドは部屋のスペースもとりますからね。

ベッドの代わりには、折り畳めたり、丸めたりできるコンパクトになるマットレスがいいです。

そのほうが部屋を広く使えます。

created by Rinker
MyeFoam
¥5,980 (2021/10/16 23:43:21時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、マットレスの最大の欠点は、見た目がダサいことで、インテリアとしては正直微妙。

そのため、マットレスと合わせて、お気に入りのシーツを買うのがおすすめ。

無印良品が、値段・見た目・肌触りのバランスがいいと思います。

マットレス+シーツでも10,000円くらいの出費で抑えられるので、ベッドよりもかなり安くすむのもいいですね。

マットレス派はスペースも確保できて、シーツと合わせれば見た目もおしゃれにできるので、気に入らないベッドを使っているより絶対にいいと思います。

▼ミニマリストの家具家電には無印良品が鉄板におすすめ。無印良品のコンセプトとミニマリストの相性は抜群です

最後に

ミニマリストがベッドを断捨離しない理由について紹介しました。

当記事をまとめます。

  • ミニマリストがベッドを捨てるか迷ったら、好きか嫌いかを考える
  • いま使っているベッドが好きなら捨てる必要は全くない
  • お気に入りのベッドを捨てて、マットレスを買い替えるのはお金の無駄
  • 逆に、気に入らないベッドを使っているなら捨てたほうがいい
  • マットレスは見た目がださいので、お気に入りのシーツを合わせて買うのがおすすめ

好きなベッドを使っているなら大切に長く使う。気に入らないなら捨ててマットレスにする。

これがミニマリストのベッド選びのひとつに解になると思います。

▼関連記事

こちらの記事では、1k畳のミニマリスト部屋を公開します。ベッドのほかにもダイニングテーブルがあるなど、こだわり強めの部屋になっています

こちらの記事では、おしゃれな部屋作りのポイントを解説しています。インテリア家具を買う前にm参考にしてもらうといいと思います

こちらの記事では、私がシンプルな部屋を作るために捨てたインテリアをまとめています

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

買ってよかったもの

30歳ミニマリスト男が、これまでに買って本当に良かったものだけを厳選して紹介しています。

運営者

月6〜8万円で暮らす30歳ミニマリスト。社会人4年目に苦手な営業職から転職したことをきっかけに、「住む場所に縛られずに生きる」という自分の理想とする暮らしを目指すことに。現在は、「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、サイドFIREの条件をクリア。

目次
閉じる