MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【9/21~26】楽天お買い物ラマソン開催中!おすすめの商品は?

買わない生活で手に入る3つのこと!なぜ買い物では心が満たされないのか?

 

「豊かな暮らしがしたくてものを買っているのに豊かさを実感できない」

「欲しいものを買っているのに心は満たされない」

「好きなものに囲まれているはずなのに何かが違う」

 

そんな疑問を持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、全97点の持ち物で暮らす一人暮らしのミニマリストです。持っているものを手放し、物欲から距離を置くことで、生活の満足度は間違いなく上がりました。

 

当記事は、ミニマリストが実感しているものを買わない生活のメリットについて紹介します。

関連記事:20代後半ミニマリスト男の全持ち物リストを公開【全97点】

 

目次

買い物では心が満たされない理由

現代というのは、低価格で高品質のもので溢れた豊かな時代です。

 

これは間違い事実です。

 

  • 新品のノートパソコンが30,000円で買えます
  • 新品のスマホが20,000円で買えます
  • ユニクロに行けば新品でおしゃれな服が1,000円で買えます。

 

ひと昔前ならあり得なかったことです。

 

しかし、私たちは暮らしに必要なものはすでに持っているのに、次から次へと湧き上がる物欲を抑えることができません。

 

物欲があること自体は決して悪いことではありません。

 

明日を生きる活力にもなるでしょう。

 

ですが、問題なことは、欲しい物を手に入れたはずなのになぜか心が満たされないということです。

 

これは、欲しい物を手に入れることよりも失っていることのほうが大きいから、だと私は思っています。

 

その失っているものとは、「お金・体力・時間」の3つ。

 

詳しくは次項で説明します。

 

話は変わりますが、企業は繁栄し続けることが使命です。

 

そのため、これだけもので溢れた現代であっても、これから先も新しいものはどんどん市場に投入されるでしょう。

 

そして、新しいものは私たちの目には魅力的に映るはずです。

 

新しいものを手に入れた一瞬は所有欲が満たされるかもしれません。

 

ですが、1週間もすればその目新しさには慣れてしまいます。そして、その数ヶ月~1年後にはまた次の新しいものが出てきます。

 

そうしたらまた次も新しいものが欲しくなる。

 

そうやって私たちは物欲を掻き立てられて、ものを手にする度に、お金と体力と時間は一緒に失われていきます。

 

この負の連鎖を断ち切るためには、「ものを買わない生活を送ること」が必要です。

 

しかし、「ものを買うな!」といきなり言われたところで難しいですよね。

 

ものを買わない生活を送る第一ステップは、「ものを買わないことで私たちが手に入れられることについて知ること」です。

 

買わない生活で手に入れられる3つのこと

買わない生活をで手に入ることは3つ。

  1. お金
  2. 体力
  3. 時間

 

1. お金の浪費がなくなる

買わない生活でお金が手に入ります。

 

正確には、お金の浪費がなくなります。

 

当たり前ですけどね。

 

そもそも、「お金とは自分の命を使って手に入れたもの」という感覚を持っている人はどれくらいいるでしょうか。

 

会社員として働こうが、フリーランスとして働こうが、起業家として働こうが、お金は自分の時間という命そのものを使って手に入る対価です。

 

だから、自分の命に見合う価値のあるものだけにお金は使うべきです。

 

つまり、ものを買わないということは、自分の命を大切にすることと同じだと思っています。

 

お金が人生のすべてだとは思わないし、思いたくもありません。ですが、自分の命を、自分の時間を使って手に入れたものであることには間違いありません。

 

そんな大切なお金だからこそ、買わない生活を通じて、無駄遣いを防ぐことができます。

 

2. 体力の消耗を防ぐ

ものを買うことには体力を使います。

 

つまり、買わない生活で体力の無駄な消費を防ぐことができます。

 

Amazonや楽天市場といったネット通販の普及によって、物理的な買い物にかかる手間はずいぶんと短くなりました。

 

欲しいものを買うときはAmazonでワンクリックするだけです。

 

しかし、買い物にかかる手間というはそれだけではありません。

 

新しいiPhoneを買う時、新しい家電を買う時、新しい日用品を買う時、新しい服を買う時、ネットなどで評判や比較の情報収集をしませんか?

 

もので溢れた現代はとにかく選択肢がたくさんあります。そのため、選択肢を絞り込むために調べる手間がかかります。

 

ここにかなりの体力を消費します。

 

インターネットという大海原に転がっている嘘か本当かもよく分からない膨大な情報から、情報を精査することは本当に体力を消耗します。

 

しかし、そもそもものを買わなければ、情報を調べる必要もなければ、精査の必要だってありません。

 

物を買わない生活を送ることで、大量の情報に触れる機会を減らし、体力の消耗を抑えることができます。

 

3. 家事の時間を減らす

ものをたくさん持っているほど、掃除や片付ける時間がかかります。

 

つまり、買わない生活で家事の手間が減り、時間が手に入ります。

 

掃除や片付けのために使われている時間はバカにできません。

 

テレビ台・テレビ・ベッド・本棚・ソファー・本棚・テーブル・椅子などがある部屋を掃除するのと、ベッドとテーブルしかない部屋を掃除するのでは、掃除にかかる手間と時間は全然違います。

 

たとえ1日10分の違いだとしても、1ヶ月で約5時間、1年で約60時間にもなります。

 

それだけ時間を節約することができます。

 

また、ものが少なければ掃除もすぐ終わるため、「よし、掃除をしよう!」と思いやすくなることもメリットです。

 

ものがたくさんあるだけで掃除することがめんどくさく感じますからね。

 

ホコリやチリは嫌なにおいの原因になります。アレルギーの持ちの人であれば体調不良にも悪影響を及ぼします。

 

ものを買わないことで掃除や片付けの時間を減らすだけでなく、掃除する習慣を生み、暮らしのコンディションを整えることにも繋がるというわけです。

 

買わない生活を送るための2つのコツ

「でも、買わない生活でどうやってするのか?」

 

もちろん全くものを買わずに生活することは難しいです。というより、文化的な生活をするなら不可能です。

 

そのため、意識することは2つ。

  1. あるもので暮らすこと
  2. 兼用化すること

 

1. あるもので暮らすこと

すでに持っているもので暮らすこと。

 

「あるもので満足する」とも言い換えられます。

 

世の中には私たちの物欲を刺激するものがたくさんあります。そして、今後も増え続けるでしょう。

  • 新車のSUV
  • スマホの最新機種
  • ハイスペックのパソコン
  • 便利な家電
  • 最新のガジェット
  • トレンドの服
  • 新しい趣味の道具

 

ここで考えたいことが、「それは本当に必要なのか?いまあるもので目的を達成できないのか?」ということです。

 

目的を考えずに欲望のままに欲しいものを買っていては、お金も体力も時間も失います。

 

  • 移動することが目的なら新車は買わず、いまの車で十分
  • 映画を見られて写真が撮れればいいなら、いまのスマホで十分
  • ネットサーフィンするだけなら、いまのパソコンで十分

 

このように、「いま持っているもので目的は達成できないのか」を、ものを買う前によく考えるといいです。

 

ほとんどの場合、「買わなくても困らないな」という結論に帰結するはずです。

 

2. 兼用化すること

買わない生活を送るためにものを兼用化することも大切。

 

兼用化できるものって実はたくさんあります。

ティッシュペーパー ⇒ トイレットペーパーで代用

浴室用洗剤 ⇒ ボディーソープで代用

トイレ用洗剤 ⇒ 食器用洗剤で代用

スキンケア ⇒ ココナッツオイルで代用

部屋着・仕事着 ⇒ プライベートの服で代用

クイックルワイパー ⇒ キッチンペーパーで代用

 

ひとつのものにいくつもの役割を持たせることで、ものを買う機会はずいぶんと減らすことができます。

 

もし、ひとつのものにひとつの役割しかないと、そのものがなくなる度に買い替えなくてはいけません。

 

これでは、時間もお金も失ってしまいます。

 

「あれとこれは兼用化できないかな」という視点を持つことで、いまよりもずっと買わない生活を送ることができるようになります。

関連記事:日用品代を節約するために兼用化できるアイテム15選

 

最後に

買わない生活で手に入れられることについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • もので溢れた現代においては、ものを手に入れる喜びよりも失うことのほうが大きい
  • 買わない生活を送ることで、お金・体力・時間を手に入れられる
  • ものを買わないことで、お金の無駄な浪費をなくすことができる
  • ものを買うための情報収集などの手間がなくなり、体力の浪費を防ぐことができる
  • 部屋からものが減ることで、家事の時間を減らすことができる
  • あるもので暮らすこと、兼用化することで買わない生活が送れるようになる

 

買わない生活で失うことはほとんどありません。

 

むしろ、物を買わないことで、お金・体力・時間が手に入ります。

 

お金は心の安定を生みます。

体力は新たなことに挑戦するための源泉です。

時間は挑戦を続けるための燃料です。

 

買わない生活は、もので溢れた時代を賢く生きるための基礎になるはずです。

関連記事:質素な暮らしをする20代後半サラリーマンの倹約生活を楽しむコツ

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる