2020.06.22

月8万円で生活するミニマリストのお金を使わない50のルール

 

家賃6万円の家に住んで、ご飯は外食やコンビニ飯、毎週末には街に買い物にでかけて、その足で飲みに行く。

 

このような生活が当たり前になっていると、「月8万円でなんて生活できるわけないだろ!」と思いますよね。

 

ですが、全然そんなことはありません。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8万円で一人暮らしをしているサラリーマン×ミニマリストです。

 

お金を使わないことで、貯金できるようになったことも大きいです。

 

しかし、それよりも、「なんだ、生きていくためにはお金は全然いらないじゃん」と気が付けたことのほうが遥かに大きいです。

 

当記事では、月8万円で一人暮らしをしている倹約家サラリーマンが実践しているお金を使わない50の暮らしのルールを紹介します。

 

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

目次

月8万円で生活するミニマリスト男のお金を使わない50のルール

1. 片道1時間以内なら歩く

歩ける距離は歩きます。

 

地下鉄で一駅か二駅くらいの距離であれば、歩いたほうがお金もかかりません。

 

歩く習慣」は、脳を鍛え、前向きな気持ちになるともいわれています。

 

2. 朝食はプロテイン1杯

朝食はプロテイン」を1杯だけ飲んでいます。

 

朝にたんぱく質を摂ることで、お昼まで食欲を抑えることができます。

 

そのため、間食したりすることがなくなり、お金もかからないし、ダイエットにもなります。

 

3. 本は図書館で借りる

読みたい本があれば、まずは近所の図書館で借りられるかを確認します。

 

あえて本を買う必要はありません。

 

その本がずっと手元に置いておきたいような本であれば、そのとき買えばいいだけです。

 

4. アニメはDアニメストアで見る

dアニメストア 」を契約すれば、月額400円でアニメ見放題。

 

正直、このサービスだけで一生楽しめそうです。

 

5. コンビニでご飯を買わない

コンビニ飯は高いので、ほぼ買いません。

 

どうしても買うときは、高たんぱく質の「筋トレ飯」だけ。

 

6. 週末に作り置きをする

週末に平日分の作り置きをしておくことで、平日に1円も使わずに生活できます。

 

お金を使わないだけでなく、毎日満足のいく食事ができるので、「一人暮らしには作り置き」がおすすめ。

 

7. 一人でお酒は飲まない

仕事帰りにコンビニで缶ビールを買うようなことはまずありません。

 

お酒を飲むときは、だれかと飲むときだけです。

 

お酒がやめられない人は、「運動すること」が効果的です。

 

8. 髪の毛は1,000円カットで切る

1,000円カット」で髪の毛を切ることもあります。

 

ヘアスタイルは、スタイリングでなんとでもなるので問題ありません。

 

9. 飲料水は水道水

もしかしたら体に悪いかもしれないですが、水道水をそのまま飲んでいます。

 

水道水が飲めるのに、あえてミネラルウォーターを買う必要はあるのかな、と思います。

 

浄水器もつけていません。交換とかめんどくさいので。

 

10. 歯医者には半年に1回通う

歯は、体のすべてと繋がっています。

 

そのため、未来への投資だと思って、半年に1回は定期検診に行きます。

 

11. 通勤はスニーカー

通勤には革靴は履きません。

 

コンバースの「オールスターOX」を愛用しています。カラーは、革靴に近いオールブラック。

 

12. お菓子を食べない

お菓子に大量に含まれている「砂糖・油・塩」は、人間の脳を中毒にさせます。

 

お菓子代も、ひとつひとつは安いですが、積み重なれば大きな支出になります。

 

運動と健康的な食事を習慣にすれば、お菓子は自然とやめられます。

 

13. たばこは吸わない

百害あって一利なし。

 

昔から吸いません。

 

14. スマホは楽天モバイル

楽天モバイル 」の楽天UN-LIMITを契約しています。

 

月額3,000円で高速通信が使いたい放題。

 

月額の利用料金は楽天ポイントから引き落とされるので、毎月の実質支出金額はほぼゼロ円です。

 

15. WiFiは契約しない

楽天モバイル」を契約していればWiFiは不要。

 

Youtubeを見たり、Amazon Primeで映画を見たり、普通に生活する分にはスマホ回線だけで十分。

 

WiFiを別契約して、月額4,000円近くは払うのはもったいないです。

 

16. テレビを持たない

テレビを持たない」ことで、NHK代 (月額2,000円前後) を支払わなくてすみます。

 

また、無駄に物欲を刺激されないので、消費欲求をコントロールできるようになります。

 

17. 会社には水筒を持参する

会社の自動販売機でコーヒーを買わないため、「水筒を持参」しています。

 

毎朝、ネスカフェのゴールドブレンドのホットコーヒーを水筒に淹れています。

created by Rinker
ネスカフェ RSC
¥980 (2020/07/06 23:39:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

インスタントでもおいしいので問題なし。

 

18. ティッシュペーパーは買わない

トイレットペーパーで代用。

 

全く問題ありません。

 

むしろ、そのままトイレにも流せるので使い勝手がいいくらいです。

 

19. 一人では外食しない

一人で食事するときは家で自炊します。

 

外でご飯を食べるときは、誰かと食事をするときだけです。

 

20. 付き合いで結婚式に参列しない

会社の先輩・後輩の結婚式、ふわっとした友達など、付き合いの結婚式には参加しません。

 

LINEでプレゼント」を贈って、参列は断っています。

 

自分の結婚式に呼びたい人以外の式は、不参加でもいいと思っています。

 

21. 服は1着捨てたら1着買う

「1 out – 1 in」の考え方。

 

服を1着買ったら捨てるのではなく、1着捨てたら補充します。

 

こうすれば服も増えないし、無駄な買い物にもなりません。

 

22. トイレ用洗剤は買わない

食器用洗剤で十分。

 

同じ界面活性剤です。

 

23. お腹が減ったら果物を食べる

小腹がすいたら、果物を食べます。

 

冷凍ブルーベリー」がお気に入りです。

 

安く、甘くて、長期保存ができて、ビタミン・ミネラルが豊富で、アンチエイジングにも効果があります。

 

チョコレートやアイスクリームなどのお菓子、ポテトチップスなどの油っこいお菓子は中毒性があるので、体に良よくて、しかも、満腹感を味わえる果物を好みます。

 

24. 日用品は楽天市場で買う

日用品は楽天市場の「楽天24」でまとめ買いします。

 

2,500円以上で送料無料なので、だいたいそのぐらい買います。

 

25. ジュースは飲まない

お菓子と同じ。

 

ジュースにも大量の砂糖が入っているため、水道水かインスタントコーヒーか紅茶しか飲みません。

 

たまに、休日に散歩していて、缶のコーラを見つけたら買うくらいです。

 

26. 自宅で自重トレーニングをする

自重トレーニング」でれあば、ジム通いは不要。

 

月額のお金もかかりません。

 

1日5分でも自宅で筋トレをすれば、お菓子やジュースの中毒状態から開放されます。また、太りたくないので、余分な間食もしなくなります。

 

27. 本は買ったら売る

本を買ったときは、読み終えたら「メルカリで売ります」。

 

新刊本であれば、定価の8~9割とかでも売れるので、格安で本を読むことができます。

 

28. 家計簿をつける

エクセルで家計簿」をつけています。

 

自分がなににお金を使ったかを見える化することは、節約ではかなり重要です。

 

29. 楽天カードでポイントを貯める

楽天ポイントを駆使して生活しています。

 

楽天カード」をベースにした「楽天経済圏」での生活は、節約との相性抜群。

 

楽天ポイントだけで、年間数万円は節約できています。

 

30. LINE payのクーポンを使う

LINR payは、コンビニで使えるクーポンが頻繁に届きます。

 

100円のクーポンでも101円の買い物から使えるので、実質無料。

 

クーポンが届いたときは、自分へのご褒美にコンビニで100円のお菓子を買います。

 

31. インテリアは買わない

部屋を飾るためのインテリアや雑貨は買いません。

 

おしゃれなものを置きたいという欲求は、見栄だからです。

 

32. 自分にお土産は買わない

旅行に行ったときは、自分にお土産は買いません。

 

誰かにあげるお土産 (食べ物) しか買わない。

 

33. Youtubeを見る

要するに、無料コンテンツで楽しむ。

 

わざわざお金を使わなくても、Youtubeでも存分に楽しめます。

 

34. お米は楽天ふるさと納税でもらう

ふるさと納税では、お米をもらうのが一番コスパが高いです。

 

楽天ふるさと納税」なら、楽天ポイントも同時に貯まるので、効率よくポイントが稼げます。

 

貯まったポイントは楽天市場で日用品を購入すれば、さらに節約になります。

 

35. ハンドソープは使わない

ハンドソープは肌荒れの原因になると思っているので使いません。

 

流水でバシャバシャとしっかり洗えばいいと思っている派です。

 

36. 浴槽用洗剤は買わない

ボディーソープで代用可。

 

むしろ、ボディーソープのほうが肌に優しいです。

 

37. 収納するものを買わない

ものを増やさないコツは、「収納家具を持たないこと」です。

 

収納する場所がなければ、慎重にものを買うようになります。

 

38. 仕事用のシャツは持たない

会社でしか着られないデザインのシャツは買わない。

 

仕事着は、プライベートでも兼用できる「ビジネスカジュアル」を揃えています。

 

39. 旅行に行かない

観光目的の旅行には興味がありません。

 

旅行の目的地よりも、その過程が楽しそうなら行きます。

 

チャリ旅とか。

 

40. ゴルフは断る

会社の「付き合いゴルフ」は全断りしています。

 

お金を稼ぐために会社で働いているのに、会社でお金を使っていたら本末転倒です。

 

41. 残業をしない

定時退社」するようにしています。

 

残業する雰囲気があっても、自分の時間のほうが大事なので定時で帰っています。

 

それに、残業すると自動販売機でコーヒーを買ったり、お菓子を買ってしまったりするデメリットもあります。

 

42. 車は持たない

車の維持費は異次元なので持ちません。

 

というより、持てません。

 

43. 保険には加入しない

民間保険」は不要です。

 

サラリーマンであれば高額の社会保険に強制加入させられているので、それ以上の保険は過剰です。

 

保険に入るよりも、貯金したほうが自分の身を守れます。

 

44. スキンケアはココナッツオイル

化粧水やボディクリームなどは買いません。

 

スキンケア関係は、「ココナッツオイル」ですべてすませています。

created by Rinker
生活科学研究会
¥2,160 (2020/07/06 22:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

むしろ、ココナッツオイルがいいと思っています。

 

45. 使っていないものはメルカリで売る

部屋で眠っているいらないものは、「メルカリ」で売りました。

 

部屋も広くなって、お金も稼げて一石二鳥です。

 

46. 時間つぶしで買い物に行かない

ひまだからといって無駄に買い物に出かけたりしません。

 

家で本を読んだり、アニメを見たりするほうが性に合っています。

 

47. ピクニックをする

よく晴れた休日には、弁当を作って「芝生公園」に一人でピクニックに行ったりします。

 

お金もかからないし、心の深いところが満たされた気分になります。

 

48. 投資する

楽天証券」で、つみたてNISAと特定口座で投資をしています。

 

高い買い物をしようとした時、「そのお金があれば投資ができる」と自制心がかかるようになります。

 

49. 道端の花を摘む

デザインが気に入った陶器の一輪挿しを買ってからというもの、道端に咲いた花を摘むようになりました。

 

観葉植物を買う必要がないので、お金がかかりません。

 

50. ブログを書く

ブログを書くのが「趣味と「副業」になってから、お金を使った消費活動に興味がなくなりました。

 

結局のところ、一番面白いのは、自分で創作することです。

 

最後に

月8万円で一人暮らしするサラリーマンのお金を使わない暮らしのルールについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  1. 片道1時間以内なら歩く
  2. 朝食はプロテイン1杯
  3. 本は図書館で借りる
  4. アニメはDアニメストアで見る
  5. コンビニでご飯を買わない
  6. 週末に作り置きをする
  7. 一人でお酒は飲まない
  8. 髪の毛は1,000円カットで切る
  9. 飲料水は水道水
  10. 歯医者には半年に1回通う
  11. 通勤はスニーカー
  12. お菓子を食べない
  13. たばこは吸わない
  14. スマホは楽天モバイル
  15. WiFiは契約しない
  16. テレビを持たない
  17. 会社には水筒を持参する
  18. ティッシュペーパーは買わない
  19. 一人では外食しない
  20. 付き合いで結婚式に参列しない
  21. 服は1着捨てたら1着買う
  22. トイレ用洗剤は買わない
  23. お腹が減ったら果物を食べる
  24. 日用品は楽天市場で買う
  25. ジュースは飲まない
  26. 自宅で自重トレーニングをする
  27. 本は買ったら売る
  28. 家計簿をつける
  29. 楽天カードでポイントを貯める
  30. LINE payのクーポンを使う
  31. インテリアは買わない
  32. 自分にお土産は買わない
  33. Youtubeを見る
  34. お米は楽天ふるさと納税でもらう
  35. ハンドソープは使わない
  36. 浴槽用洗剤は買わない
  37. 収納するものを買わない
  38. 仕事用のシャツは持たない
  39. 旅行に行かない
  40. ゴルフは断る
  41. 残業をしない
  42. 車は持たない
  43. 保険には加入しない
  44. スキンケアはココナッツオイル
  45. 使っていないものはメルカリで売る
  46. 時間つぶしで買い物に行かない
  47. ピクニックをする
  48. 投資する
  49. 道端の花を摘む
  50. ブログを書く

 

ルールといっても、お金を使わないために自分を厳しく律しているわけではありません。

 

むしろ、お金を使わないことでありふれた日常を楽しくなり、「お金を使いたい」と思わなくなったというのが正しいです。

 

世の中にある便利なモノやサービスに惑わされず、自分の生活に必要なものを見極めることで、暮らしはもっと楽しく、もっとお金のかからないものになっていきます。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。