MENU
買ってよかったもの13選
一人暮らしの便利グッズBEST10
節約術まとめ22選
お得なサービス8選
お得なサービス
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
サラリーマンがやるべきこと
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
ミニマリストが買ってよかったもの13選

ミニマリストの趣味選びで一番大切なこと!おすすめの趣味5選

ミニマリストでも趣味がほしいけど、お金をかけたくないし、ものも増やしたくない。だからといって、しっくりくる趣味も見つからない。

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、20代後半のミニマリストで、最大の趣味は副業ブログです。

ミニマリストが趣味を探す上で、「ものが増えない」という視点だけではすぐに飽きてしまいます。楽しくて、長く続けられる趣味を見つけるには、もっと大切な選ぶポイントがあります。

当記事では、ミニマリストの趣味で一番大切なこと、ミニマリストにおすすめの趣味を紹介します。

目次

ミニマリストの趣味選びで一番大切なこと

結論からいえば、「成長を実感できる趣味」を選ぶこと。

経験上、これが一番大切です。

ミニマリスト思考の人というのは、合理性を好みます

「いるものは必要最低限。いらないものはいらない」とキッパリしている思考回路なわけですからね。

そのため、「この趣味を続けてなにになるんだっけ?」と、思ってしまうような趣味はハマりにくいです。

本来、趣味は楽しむことが目的なのでなにをしてもいいわけですが、合理性が大好きなミニマリストにとっては、それでは物足りなくなります。

趣味を続けることで自分の成長を実感できたり、趣味が発展して仕事になったりすること。

「この趣味はハマるかな?」と迷ったときは、このポイントだけ抑えておけばいいです。

  • 散歩
  • 映画
  • アニメ
  • 漫画
  • アロマ
  • ボランティア
  • 旅行
  • ガーデニング
  • アウトドア
  • キャンプ

こういった趣味を持つこともいいですが、趣味というよりはリラックスするためといった感じです。

ミニマリストの人は、リラックスよりも成長を実感できる趣味を選んだほうがしっくりきます。

ミニマリストにおすすめの趣味

「あまりお金がかからず、ものも増えずに、成長を実感できること」という切り口で考えると、以下の5つがミニマリストの趣味に向いています。

ミニマリストにおすすめの趣味
  1. 読書
  2. 筋トレ
  3. 料理
  4. 創作活動
  5. ビジネス

読書

鉄板中の鉄板ですが、読書。

読書は間違いなくおすすめです。

本を読むことで、日々自分が賢くなっている感覚を味わえます。

実際、本を読むことで知識は蓄積されていきます。

人間というのは、知らないことを想像することができません。逆をいえば、知っていることが増えると想像力が豊かになり、日常がもっと楽しくなります。

知っていることが増えないと、現状からなにも発展的な思考ができませんからね。

「でも、本を増やしたくない」という方には、以下の3つの方法がおすすめ。

本を増やさない読書法
  • Kindle Unlimited」で、スマホで電子書籍を読む
  • 図書館で本を借りて、返却する
  • 買った本は、読み終えたらメルカリで売る

中でも一番おすすめは、「Kindle Unlimited」で電子書籍を読むこと。

月額980円 (税込) かかりますが、スマホ1台でいつでもどこでも本が読み放題になるメリットはかなり大きいです。

本を持ち歩いていなくても、「ちょっと暇だな」というときにスマホを開くだけで本が読めます。また、興味の薄いジャンルの本を読むきっかけにもなるので、読書の幅も広がります。

▼こちらの記事では、Kindle Unlimitedを1年使ってわかったメリット・デメリット、おすすめの使い方などを紹介しています

筋トレ

2つ目におすすめの趣味は、筋トレ。

続けていれば確実に体つきは変わるので、どんどん楽しくなります。

筋トレを趣味することで、筋肉がついて自分に自信がついたり、脳を鍛えられて自然とポジティブな考えをできるようになったりするメリットもあります。

ミニマリストの筋トレは、ジム通いやダンベルを使ってマッチョを目指すよりも、自重トレーニングで引き締まった体を目指すほうがおすすめ

ミニマリストと自重トレーニングの相性がいい理由はこちら。

自重トレーニングの魅力
  • 筋トレ器具が必要ないから、ものが増えない
  • 無理な増量が必要ないから、お金がかからない
  • サプリなども必要ないから、お金がかからない
  • 思い通りに動く体を作れるから、日常が楽になる

合理的な思考のミニマリストには最適ですね。

最初に揃えるものもヨガマットくらいなので、すぐに始められます。

▼自重トレーニングで体を鍛える方法を体系的にまとめた「プリズナートレーニング」が、ミニマリストにはおすすめです

料理

料理を趣味にすることもおすすめ。

料理は続ければ続けるほど、より安く、より早く、よりおいしく、より美しく作れるようになります。料理の上で上達すれば、それだけ節約にもなるし、健康にもなります。

つまり、料理は趣味という枠組みを飛び越えて人生を豊かにしてくれます。

ただし、平日の仕事終わりに料理をするのはストレスになりやすいです。

なので、週末にまとめて作り置きをしたり、休日の食事はゆっくり料理したりするのがおすすめ

時間に余裕があれば、料理を楽しむ余裕も生まれます。

最初はうまくできなくても、「来週はもっとこうしてみよう」と改善をしていけばいいです。

▼こちらの記事では、自炊しているミニマリストの食事内容、毎月の食費の詳細などを紹介しています

創作活動

大きな枠組みですが、創作活動はミニマリストの趣味に最適です。

  • ブログを書く
  • 動画を作る
  • イラストを描く
  • アプリゲームをつくる
  • アクセサリーを作る
  • ドライフラワーを作る
  • 陶芸する
  • DIYする
  • 音楽を作る
  • 写真を撮る

自分でなにかを作ることであればなんでもOK。

創作活動は、続けることで確実に上達するので楽しくなります。

映画や漫画も面白いですが、人が作ったものを消費するだけでは面白みが物足りません。しかし、自分でなにかを作ろうとするとやることは爆発的に増えるので、やり込みがいがあります。

なによりも、続けることで趣味が仕事になる可能性も秘めています。

「趣味なんてしょせん趣味だよな…」と考えてしまうミニマリストでも、その先に仕事になる可能性があるだけでやる気になるのではないでしょうか。

詳しくは次項で紹介します。

ビジネス

最後5つめは、ビジネスです。

私の知る限り、ビジネスが一番面白いです。

創作活動の発展形になりますが、自分で作ったものをお金に変えること。

「創作活動は自分がよければいいですが、ビジネスはどうすれば人が喜んでくれるか?」という視点が入ります。その分、勉強することも考えることも膨大に増えますが、創作活動にはなかった喜びを味わえます

ハードルは高く感じるかもしれませんが、ビジネスは創作活動の延長線上にあります。

自分が作ったもので、人に喜んでもらうことがお金になります。

なにを始めていいですが、おすすめはブログ。

ネットで集客をしたり、ネットでファンを作ったり、ネットでものを売ったり、ブログはネットでビジネスをする上での土台になってくれます。

それに、パソコン1台で始められて、お金もほとんどかかりません。

趣味でブログを書くだけでもいいですが、人を喜ばせることを発信して、副業ブログに挑戦するといいと思います。

▼こちらの記事では、ブログの魅力、副業ブログの始め方を紹介しています

最後に

ミニマリストの趣味の選び方とおすすめの趣味について紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • ミニマリストの趣味選びは、「成長を実感できること」を基準に考える
  • 読書は、知識が蓄積されるので、想像力が豊になり楽しいことを見つけられる
  • 筋トレは、筋肉がつくので、自分に自信がついたり、ポジティブになったりする
  • 料理は、より安く、よりうまく作れるようになるので、節約にも健康にもなる
  • 創作活動は、やることがたくさん出てくるからやり込みがいがある
  • ビジネスは、人に喜んでもらえるからやりがいが出てくる

受け身でできる趣味もいいですが、やればやるほど成長できる趣味は面白いですよ。

大変なこともありますが、それも含めて最高の趣味になると思います。

当記事が、趣味選びの参考になればうれしいです。

以上

よかったらシェアしてね!

買ってよかったもの13選

20代後半のミニマリスト男が、これまでに買って本当に良かったものだけを紹介します。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる