MENU
買ってよかったもの13選
一人暮らしの便利グッズBEST10
節約術まとめ22選
お得なサービス8選
お得なサービス
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
サラリーマンがやるべきこと
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
ミニマリストが買ってよかったもの13選

勉強しない社会人はやばい?20代が勉強してよかった3つのこと

勉強しない社会人はやばい?勉強したほうがいいのはわかっているけど、結局なにを勉強したらいいかわからない…。

そんな方に向けて。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、20代後半のサラリーマンです。副業ブログを始めたことがきっかけで勉強するようになり、人生がずっと楽になりました。

当記事では、勉強しない社会人に待ち受ける末路、社会人が勉強してよかったこと、しなくてもいい勉強、社会人が勉強時間を確保する方法を紹介します。

目次

勉強しない社会人の末路

結論からいえば、人生の選択肢がどんどん狭くなること

勉強しない社会人に待ち受けている末路はこれに尽きます。

「こんな人生はいやだ!」と思っても、勉強していないと選択肢がなくて逃げられなくなります。

快楽に身を任せていまを過ごすか、未来の選択肢を得るためにいま勉強するかということになると思います。

結局のところ、「人生の選択肢とはお金があるかどうか、お金を稼ぐ力があるかどうか」です。

お金さえあれば望んでいない環境から抜け出せたり、資産から不労所得を得られたりします。また、いつでも転職できるスキルや自分でお金を稼ぐことができれば、選択できる道が多いことは想像できると思います。

そのため、社会人はお金に関わることを勉強するべきです。

そのほうが選択肢が持てて人生が楽になるし、楽しくもなります。

社会人が勉強してよかったこと

「でも結局なにを勉強すればいいかわからない…」

という方に向けて、社会人になってから私が勉強してよかったことを3つ紹介します。

社会人が勉強してよかったこと
  1. 体と健康の勉強
  2. 節約・資産運用の勉強
  3. ビジネスの勉強

体と健康の勉強

人生の土台は、「健康」にあります。

これは間違いありません。

どれだけお金があっても、どれだけビジネススキルがあっても、体調が悪い日が続くのは地獄です。

そのため、まずは体のことや健康のことを勉強すること。

私の場合、「運動、筋トレ、体のこと、栄養、メンタルの整え方」などの本を読んで勉強してきました。

本を読んで生活に取り入れることで、少しづつですが体調の変化も感じられて楽しくなります。

「とりあえずなにを勉強すればいいかわからない」

という人は、体と健康の勉強をして、土台を作るといいと思います。

▼こちらの記事では、私が実践している健康術について詳しく紹介しています

節約・資産運用の勉強

お金の知識全般も勉強してよかったです。

特に、節約や蓄財、資産運用について。

  • 支出を最適にする節約術
  • 複利の効果
  • つみたてNISA
  • インデックス投資
  • 高配当株投資
  • 資本主義の仕組み
  • 保険や税金こと

こういったことお金の勉強したことでお金が貯まるようになり、年々お金が増えるスピードも加速するようになりました。

お金のことは範囲が広いので勉強は大変ですが、学ぶだけの価値は間違いなくあります。

節約や資産運用の勉強は本を読んでもいいですが、ブログやYoutubeでも有益な情報を発信している人がいます。なので、自分に合った楽しく勉強できるものを選べばいいです。

▼まずは節約を勉強するのがおすすめ。やれば確実に効果が出るので、毎月の蓄財スピードが加速します。こちらの記事では、節約術をまとめて紹介しているので参考にしてみてください

ネットビジネスの勉強

3つめには、ネットビジネスの勉強です。

要するに、ネットを使って自分でお金を稼ぐことの勉強

会社員とは別に自力でお金を稼げるようになれば、見える世界は大きく変わります。

支出が徹底的に抑えて、生活費の分だけ自力でお金を稼ぐことができれば、会社員をやめる選択肢だって得られます。会社員+副業で蓄財のスピードをさらに加速することもできます。

ハードルは高く感じるかもしれませんが、勉強することで自分へのリターンが最も大きいことでもあります。

体型的に勉強する教材で学ぶというよりは、とにかく失敗しながら実践で学んでいくのがいいと思います。

ブログ、SNS、Youtube、動画編集、イラスト、プログラミング、ハンドメイドなど、ネットと相性のいい事業はたくさんあります。

ブログやYoutubeでも稼ぎ方を発信している人もたくさんいるので、自分の興味のある分野で情報発信している人を見つけて真似してみること。

とにかくやってみることで、「失敗する → 勉強 → 試してみる → また失敗する → また勉強する」と経験を通して学んでいくことができます。

社会人がしなくていい勉強

逆に、社会人がやらなくていい勉強も紹介します。

3つあります。

社会人がしなくていい勉強
  1. 興味のないこと
  2. とりあえず資格を取ること
  3. 新聞を読むこと

興味のないこと

興味のないことを勉強しても仕方ないです。

今の仕事が嫌いなのに、今の仕事の延長線上にある勉強をしても仕方ないですよね。なにより、興味のないことは勉強しても続きません。

そのため、まずは自分がそもそもなにに興味があるのかを知ること。

ここから始めるべきです。

「食いっぱぐれがないから」とか、「勉強したほうがいいらしいから」のような、世間の価値観で勉強を始めるのは無駄になるのでやめたほうがいいです。

自分が興味のあることを知るには、たくさん本を読むのがおすすめ。

本屋さんで気になった本を探しにいくのもいいですが、本読み放題サービスの「Kindle Unlimited」でたくさん本に触れてみるのもいいと思います。

私自身、Kindle Unlimitedを利用していて、新しい発見や知見を常に探しています。

▼こちらの記事では、Kindle Unlimitedを1年以上使ってみてわかったメリット・デメリット、おすすめの使い方などを紹介しています

とりあえず資格を取ること

資格試験は、ある程度の知識を有することを証明するためには便利です。

ただし、医師や弁護士、公認会計士などの士業でもないかぎり、資格があるからといってなにかが変わるわけでもありません

「いまの仕事のできることを増やすためにこの資格を取る!」のような明確な理由があればいいですが、「とりあえずTOEICの勉強する」みたいのは時間の無駄になります。

「とりあえず資格」という発想は捨てて、自分の興味のあることを勉強するべきです。

そのほうが絶対に身になるし、継続もできます。

新しくスキルを身につけたいなら、まずは本、ブログやYoutubeなどのお金がかからないことがいいです。「もっとしっかり勉強したい!」と思ってから、オンラインスクールに入ったり、転職するのもありかもしれません。

新聞を読むこと

個人的には、新聞は読まなくていいと思っています。

網羅的に情報を得たところで使い道はないからです。

大事なことは、知りたいことを知ること。

知りたいことを勉強したほうが楽しいし、身につきます。

「なにを勉強していいかわからないし、とりあえず新聞で読むか」という発想は時間を無駄にするし、結局なにも身につかないので、勉強のモチベーションも下がります。

繰り返しですが、大事なことは、興味のあることを勉強することです。

社会人が勉強時間を確保する方法

「勉強したくても毎日仕事で忙しくて時間がない…」

という方に、やるといいことを3つ紹介します。

社会人が勉強時間を確保する方法
  1. テレビを捨てる
  2. 夜早く寝て早起きする
  3. 仕事は定時で終える

テレビを捨てる

まず第一に、テレビを手放すこと。

極端に思えるかもしれませんが、テレビに奪われている時間はかなり多いです。

朝はとりあえずテレビを見ながら身支度をして、家に帰ってもとりあえずテレビをつける。それだけでも1日2, 3時間はテレビを見ていることになります。

なにかを勉強するには、とにかく自由な時間を作ることが重要です。

テレビを見ていた時間をなくすことで自由な時間をつくり、勉強する時間に充てること。

実際のところ、テレビを手放したからといってそれほど生活はかわりません。

むしろ、NHK受信料の支払いがなくなったり、物欲が刺激されなくなったりと、節約にもかなり効果があるくらいです。

▼こちらの記事では、テレビを捨てるメリットについて紹介しています

夜早く寝て早起きする

社会人がまとまった時間を確保するには、「仕事前の朝」か「仕事後の夜」しかありません。

しかし、仕事終わりは疲れ切っていることを考えると、時間は朝に作ったほうがいいです。

朝早く起きるには、とにかく早く寝ること。

夜9時に寝てしまえば、朝5時に起きても8時間は睡眠時間を確保できます。

「9時なんて小学生かよ!」

と思うかもしれませんが、仕事で疲れている社会人はそのぐらい早く寝たほうがいいです。無駄にスマホなどをだらだら見るよりも、さっさと寝てしまったほうが翌日の体調もずっと良くなります

▼こちらの記事では、社会人は早寝を習慣にしたほうがいい理由を紹介しています

仕事は定時で終える

「9時に寝るどころか、9時に仕事が終わるんですが…」

という方は、定時で帰る方法を真剣に考えたほうがいいです。場合によっては、転職もありです。

もちろん、今の仕事で好きだったり、今の仕事で学びたいことがあったりする人はそのままでいいです。会社で働くことそのものが、勉強になっているわけですからね。

ですが、今の仕事で学びたいことがないのに、大量の時間を投下するのは投資効果が悪すぎます。

とにかく定時で帰ったり、定時で帰れる仕事に転職したりして、興味のあることを勉強する時間を作ること。こっちのほうが間違いなく得られるものが多いです。

「いきなり転職はちょっと…」

という人は、とりあえず転職エージェントに登録しておくのがおすすめ。

登録や利用にお金は一切かからいし、転職エージェントに登録しておくことで、求人情報にアクセスできるようになります。

自分がいまやっている同じような仕事でも、もっと給料が高くて、もっと勤務時間が短い仕事に出会える可能性は普通にあります。

▼こちらの記事では、転職エージェントに登録するメリット、最初に登録がおすすめの転職エージェントを紹介しています

最後に

勉強しない社会人の末路、社会人が勉強してよかったこと、社会人が勉強時間を確保する方法について紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • 勉強しない社会人は、人生の選択肢がどんどん狭くなる
  • 体と健康の勉強することで、人生の土台を築くことができる
  • 節約と資産運用を勉強することで、蓄財のスピードを加速できる
  • ネットビジネスを勉強することで、自分で稼ぐ力が身に着く
  • 今の仕事に興味がないのなら、今の仕事の勉強はする意味がない
  • とりあえずの資格勉強は活用する場がないので、勉強しないほうがいい
  • 新聞のような広く浅い情報よりも、自分の興味のある勉強をしたほうがいい
  • 勉強時間を確保するには、テレビを捨てて自由な時間を増やすこと
  • 仕事終わりは疲れているので、早く寝て早く起きて勉強するといい
  • 定時で帰れない人は定時退社を死守するか、転職を考えたほうがいい

勉強しない社会人は、結局は自分の首を絞めることになります。

現状に満足しているならいいですが、「何か違うな」という違和感があるなら間違いなく勉強を始めるべきです。

特に、お金のことは勉強したほうがいいです。

節約や資産運用を勉強してお金を増やし、自分の興味のあることとネットビジネスを勉強することで、自分でお金を稼ぐスキルを身につけていく。

社会人の勉強はこれがいいと思います。

▼関連記事

ネットビジネスを勉強するには、ブログを始めるが一番です。こちらの記事では、副業ブログの魅力、副業ブログの始め方について紹介しています

以上

よかったらシェアしてね!

サラリーマンがやってよかったこと

すべてのサラリーマンは転職するつもりがなくても、転職エージェントには登録しておいたほうがいいです。その理由とまず最初に登録するといい転職エージェントを紹介します。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる