MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
20代後半ミニマリストが毎日使う愛用品12選!

どうしてもものが捨てられない人だけ見てください【断捨離の極意】

 

どうしてもものが捨てられない。どうしても断捨離ができない。

 

そんな悩みを持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私はこれまで数百点のものを捨ててきました。

 

そのおかげで、いまは自分の管理できるだけの持ち物で快適に生活しています。

 

まず、ものを捨てることに小手先のテクニックは不要です。

 

ものを捨てることコツは、とにかくものをを捨てることです。

 

「やる気を出すためにはまずはやるしかない」ということに似ているかもしれません。

 

当記事では、少ないもので暮らすミニマリストが、どうしてもものが捨てらない人に断捨離の極意を紹介したいと思います。

関連記事:20代後半ミニマリスト男の全持ち物リストを公開【全97点】

 

目次

どうしてもものが捨てられない人がやること

答えはシンプルです。

 

それは、ものを捨てるしかありません。

 

ものを捨てることで、ものを捨てることの練度が高くなります。

 

1. 迷ったら捨てる

捨てるか迷ったら捨てよう。

 

「これいるかなあ」

「これはまだ使えそうだし」

「これはまだ1回しか使っていないし」

 

こんなふうに迷った時点で、それはあなたにとって不要なもの。

 

あなたが迷っているのは、捨てると損をしないかどうかです。

 

でも大丈夫です。

 

損はしません。

 

なぜならば、捨てるか迷ったものの出番がくることはもうないからです。

 

むしろ、無理に所有することによるストレスの損失のほうが大きいでしょう。

 

といことで、捨てるか迷ったものがあったら捨てましょう。

 

2. 思い切って捨てる

ものは思い切って捨てよう。

 

ひとつひとつ手に取って捨てるか吟味することは大切です。

 

本当に大切なものまで捨ててしまったら後悔してしまうので。

 

一方で、思い切って捨てる勢いも重要です。

 

迷った挙句、捨てずに持ってしまうことは避けたいところ。

 

捨てるか迷ったものは、また1年後に捨てるか悩むことになります。

 

それならいっそのこと、腹を括って思い切って捨てましょう。

 

大丈夫、捨てても後悔はしません。

 

本当に手元に残しておきたいものは、自分の心が知っています。

 

クローゼットの奥底に眠ったもの、収納箱の奥底に眠ったもの、しばらく触れてすらいないものは思い切って捨てよう。

 

3. どんどん捨てる

ものはどんどん捨てよう。

 

ちまちまと吟味していたら途中でめんどくさくなってしまいます。

 

手に触れた瞬間の直感を信じて、どんどん捨てよう。

 

大丈夫、その直感はほぼ正しいです。

 

1秒で判断して、ゴミ袋にどんどん放り込んでいきます。

 

ゴミ袋に放り込んだ瞬間から、そのものから解放される感覚を知ることができます。

 

この感覚を味わうためにも、なりふり構わずどんどん捨てることです。

 

4. とにかく捨てる

とにかく捨てよう。

 

あなたの部屋に眠るガラクタはすべて処分しよう。

  • もう着ない服
  • もう使わない電子機器
  • 結婚式の引き出物
  • 人からもらったもの
  • もう読まない本
  • もう聞かないCD
  • よくわからない書類
  • 溢れ出た筆記用具
  • 使っていない食器
  • とりあえず置いてある雑貨
  • 枯れた植物
  • なぜか増えていくケーブル
  • 使わない電池
  • 邪魔な家具
  • やたらと多い日用品

 

ゴミ袋に入るものはすべてゴミ袋に。

ゴミ袋に入らないものは一旦除けて、後日買取業者に。

 

まずは、絶対に捨てないものも捨てるか迷うものも区別せずに一ヶ所に集める。そして、いるものだけを救出して、いらないものはそのまま全てゴミ袋に入れる。

 

小手先のテクニックなんて気にせず、ゴミ山の中から、触れた瞬間、見た瞬間に、いるといらないをどんどん区別していく。

 

そうやってとにかくものを捨てていきましょう。

 

5. いらないものは捨てる

自分がいらないと思うものは全て捨てる。

 

いるかいらないか分からなくなったら、口に出してこう呟いてください。

 

「それは本当に取っておきたいものなのか」、と。

 

必要のないものは持たない。

 

なぜそんな当たり前のことなのにできなくなってしまうのか。

 

それは、私たちがものの持つ呪いにかかっているからです。

 

所有することは豊かさの象徴であり、ものがあることは安心であると錯覚しています。

 

ですが、それは間違いです。

 

必要のないものは持たなくていいんです。

 

いや、むしろ、持ってはいけません。

 

いるかいらないか迷ったら、もう一度そのものを手で触れ、口に出してこう唱えてください。

 

「それは本当に取っておきたいものなのか」、と。

 

捨てるのがもったいないなら買取業者を利用する

断捨離で出てきた不用品は捨ててしまったほうが楽です。

 

そのほうがストレスがありません。

 

メルカリや買取業者で不用品を売ろうとすると、下調べや配送の手間がかかります。それに、いざ売ってみても期待通りの買取がされないとイライラしてしまうものです。

 

だから、明らかに高値で売れるものでなければ捨ててしまったほうがいいでしょう。

 

ただ、「労力もほとんどかけずに、お小遣い程度でいいからほしい!」というのなら買取業者を利用するといいです。

 

大手の買取業者であれば、無料で箱詰めするダンボールを送ってくれて、送料無料の宅配買取もしてくれます。

 

おすすめは買取業者は3社。

バイセルブランド品や高価なものがある人

リコマースAmazonアカウントがある人

BUY王とにかく何でも買い取ってほしい人

 

捨てるものは部屋の片隅にでも寄せて置いて、ダンボールが届いたら箱詰めしましょう。

 

あまり期待はせずに、あくまで断捨離することをメインにお小遣い稼ぎと考えれば満足度は高くなるはずです。

 

▼私が買取業者を利用する時はいつもリコマースを利用しています。体験談は、こちらの記事からどうぞ。

関連記事:Amazon買取サービス「リコマース」で本を47冊売ってみた感想

 

最後に

どうしてもものが捨てられない人へ断捨離の極意を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ものを捨てるコツは、ものを捨てること。
  • 迷ったら捨てること。
  • 思い切って捨てること。
  • とにかく捨てること。
  • どんどん捨てること。
  • いらないものは捨てること。
  • 買取業者はガラクタを引き取ってくれてお小遣いをくれるサービスと考える。


この記事に辿り着いたということは、「ものを捨てたい」ということです。

 

それなら、捨てましょう。

 

大丈夫です、ものを捨てても後悔はありません。

 

むしろ、断捨離の先にはものからの解放があります。

 

ものから解放された生活は豊かで、もう二度と手放したくないものになります。

 

▼断捨離の具体的なやり方は、こちら記事で解説しているの参考にどうぞ。

関連記事:【断捨離のやり方】一人暮らしミニマリストが実践した3ステップ

 

▼「まずは断捨離の効果を知りたい!」という人は、こちらの記事からどうぞ。

関連記事:断捨離の効果を実感!ミニマリストになって変化した9のこと

 

▼断捨離を極めて少ないもので暮らすミニマリストになれば、間違いなくお金が貯まるようになります

関連記事:ミニマリストになれば低収入でも貯金ができる3つの理由

 

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる