MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【9/21~26】楽天お買い物ラマソン開催中!

『お金よりも時間が大切』と認識すると気楽に生きられる3つの理由

 

「時間がなによりも大切」ってよく聞くけど、やっぱりお金のほうが大切じゃない?

 

そんな疑問を持つ方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は20代後半のサラリーマンです。

 

20代前半までは人生で『お金』が一番大切だと思っていました。しかし、『時間』を人生の最優先事項に考えるようになってから、ずいぶんと気楽に生きられるようになりました。

 

当記事では、お金よりも時間が大切と “認識する” といいよ、ということを紹介します。

関連記事:20代一人暮らしミニマリスト男の生活費って?【月8万円で暮らす内訳】

 

目次

『お金よりも時間が大切』と認識すると気楽に生きられる3つの理由

『お金よりも時間が大切』と認識するといい理由は3つあります。

  1. お金は時間を手に入れるためのものだと気が付く
  2. 労働は時間を得るためだと割り切ることができる
  3. 低年収でも他人と比べて劣等感を感じない

 

1. お金は時間を手に入れるためのものだと気が付く

時間を人生の最優先事項に考えることで、「お金を稼ぐ」という行為の目的が明確になります。

 

多くの人は、「お金を稼がないと食べていけない」と思い込んでおり、「会社で働く = お金を稼ぐ = 生きること」という方程式が頭の中でできているはず。

 

しかし、「お金を稼ぐ」という行為は、「働かなくてもいいという選択肢を手に入れること」です。

 

生活に十分な年金や貯金を切り崩しながらでも生きていけるだけの資産があれば、いますぐにでも労働をやめたいと思う人は多いはずです。

 

「自分は時間を手に入れるためにいま働いてお金を稼いでいる」

 

そう認識することで、”働くこと” への考え方も変わってきます。

 

定年まで会社で勤める必要はなくて、人生で一番大切な時間を手に入れるために生活できるだけのお金があれば会社をやめてもいい、という選択肢があることに気が付きます。

 

時間を手に入れるために倹約生活を始めたり、副業に挑戦してみたり、自分のやるべきことが自然と見えてくるものです。

 

2. 労働は時間を得るためだと割り切ることができる

会社員としての労働は時間を手に入れるためだと割り切ることができます。

 

  • 見栄
  • 贅沢
  • 社会とのつながり
  • やりがい
  • 自分の成長
  • スキルを磨く

 

そんなふうに労働にたくさんのことを求めすぎると働くことが辛くなります。

 

なぜならば、理想と現実のギャップに苦しむから。

 

社会とのつながりを感じ、自分の仕事にやりがいと誇りを感じ、自分の成長を感じ、スキルが身につく職種につくこと。

 

そんな仕事や職場環境に出会うことは難しく、そもそも自分にとって最適な仕事を見つけること自体かなりハードルが高いです。

 

だから、労働は1日でも早く自由な時間を手に入れるための資産を形成する手段のひとつだと捉えるといいです。

 

そもそも、マックで100円のハンバーガーを食べようが、自炊して500円の食事を作ろうが、5,000円のフレンチコースを食べようが、それほど大きく幸福度には影響しないことを経験で知っているのではないでしょうか。

 

少ないお金でも十分すぎるほどの生活ができる社会環境、終身雇用が幻想になりつつあるのに雑務や異動を繰り返す労働環境において、贅沢をするためのお金ややりがいを求めて働くのはつらすぎます。

 

「将来の自由な時間を1日でも早く手に入れるため」

 

楽しくない仕事を続けている人は、時間を一番の価値基準に置いてそう割り切ることでずっと気楽に働けるものです。

 

3. 低年収であろうが時間があれば他人に劣等感を感じない

「低年収」という響きは、なんとも劣等感を感じるものではないでしょうか。

 

  • 実業家
  • 外資系
  • 大企業
  • ベンチャー役員

 

そんな高年収の人種には憧れるものです。

 

しかし、結局は、「高年収の先になにがあるか」だと思います。

 

高年収だとしても、好きでもない仕事を寝ている時間以外は働いているみたいな状態では、なんのために働いているのか分からなくなると思います。

 

それなら、低年収で将来にそれなりに不安があったとしても、やりたくない労働はできるだけせず、無理のない範囲で気楽に生きる。

 

そんな暮らしのほうが幸福度は高く可能性は大いにあります。

 

だから、「自分は時間が一番大切」と認識することで、高年収でも毎日忙しそうにしている人をみても劣等感は生まれません。

 

むしろ、勝ったなとすら思うかもしれません。

 

最後に

『お金よりも時間が大切』と認識すると気楽に生きられる理由について紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 人生の最優先事項は、『お金よりも時間』と認識することから始める
  • お金を稼ぐことは時間を手にれるための手段でしかない
  • 好きでもない仕事でも時間を手に入れるためだと割り切れば気楽に働ける
  • 低年収であろうが、時間に余裕のある暮らしができれば劣等感は感じなくなる

 

お金が人生で一番大切だと思う人は、お金を稼いだ先になにがあるかを想像してみるといいと思います。

 

そこには、「なんでも好きなことができるという自由な時間」があるのではないでしょうか。

 

だから、やっぱり人生においては時間が一番大切なんだと思います。

 

その大切な時間を手に入れるために私たちは日々考え、日々行動することが大切です。

 

▼好きを仕事をするためには時間の使い方を変える必要があります

関連記事:凡人が好きを仕事にするために知っておきたいこと

 

▼生きづらさを感じているサラリーマンはひとりの時間を作るいいよ、という話

関連記事:なぜこんなにも生きづらいと感じるのか?ひとりの時間を作る重要性

 

▼20代後半の兼業サラリーマンが実践している無駄な時間を過ごさないための生活習慣

関連記事:無駄な時間を過ごさないために減らしている5つの習慣

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる