MENU
買ってよかったもの13選
一人暮らしの便利グッズBEST10
節約術まとめ22選
お得なサービス8選
お得なサービス
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
サラリーマンがやるべきこと
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
ミニマリストが買ってよかったもの13選

100円でも楽しめるお金のかからない遊び10選

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は、月8万円の生活費で一人暮らしをしている20代後半のミニマリストです。

個人的に、「ひまつぶし」という考え方がものすごく嫌いです。なぜならば、時間とは人生そのものであり、その時間を故意的につぶす行為は人生を無駄にしているとしか思えないから。

そんなわけで当記事では、100円しかなくても充実感や満足感を味わえる、大人でも楽しいお金のかからない遊びを紹介します。

目次

100円でも楽しめるお金のかからない遊び10個

まずは結論から。

100円でできること
  1. 朝マックのソーセージマフィンを貪る
  2. マックでホットコーヒーを飲みながら読書
  3. 本屋で立ち読みからの公園で休憩
  4. 駄菓子を買ってお菓子パーティー
  5. 散歩中にコーラを買って飲み歩く
  6. 便箋を買って大切な人に手紙を書く
  7. 花屋さんで切り枝を買ってくる
  8. サイゼリヤでグラスワインを飲む
  9. 小麦粉だけでクリスピーピザを作る
  10. 入浴剤を買って昼間から温泉気分に浸る

朝マックのソーセージマフィンを貪る

私の知る限り、日本中で100円で食べられるものの中で一番うまい食べ物は、朝マックのソーセージマフィンです。

ソーセージマフィンの味を一言でいえば、脳がやばいと叫んでいる味。

舌でおいしさを感じるというよりは、ダイレクトに脳を刺激する味。それゆえに、中毒的なやばさがある食べ物であることも、瞬時に認識できてしまう食べ物。

習慣的に食べるとやばそうですが、(中毒になっちゃうかもだけど) 、たまに食べる分には御馳走だと思います。

100円で食べられる最強の世界を知りたい方はどうぞ。

マックでホットコーヒー飲みながら読書

時間と人目を気にせず、100円でホットコーヒーを飲めるのはマックだけ。

カフェや喫茶店のコーヒーは安くても300円はかかるし、コンビニは安くておいしいけどゆっくりできない。しかし、マックでなら両立します。

それゆえに、マックは最強です。

コーヒーを飲むだけでは味気ないので、本を持っていき読書するのがおすすめ。

もちろん、本は図書館で借りた本 (買った本でもいい)

「朝マックでソーセージマフィンを1つ食べる。追加オーダーでホットコーヒーを頼んで読書をする」という、200円かかるけど優雅な休日の朝プランもおすすめ。

本屋で立ち読みからの公園で休憩

最新の本をタダで読みたいなら、本屋で立ち読みするにかぎります。

ただし、立ちっぱなしで本を読むのはすこぶる疲れます。そのため、読み終わったら自動販売機で100円のジュースを買って公園で一休みするのがおすすめ

本を読んだ後にゆっくりと本の内容を整理したり、メモしたりすればさらに効率的。本屋まで散歩しがてら向かえば、運動にもなるし、リフレッシュにもなる。

本がタダで読める、本の内容を整理できる、散歩で運動にもリフレッシュになる」という一石四鳥っぷり。

駄菓子を買ってお菓子パーティー

スーパーなどで駄菓子を100円分買って、お菓子パーティーをする。

100円あればけっこうな量の駄菓子が買えます。

正直、コンビニの100円のお菓子のほうがおいしいけど、そういう問題じゃないです。

駄菓子をたくさん買うことにこそ意味があります

昔懐かしい味を楽しんだり、ひとつひとつ味の違う駄菓子を楽しんだり。

ただお菓子を買うだけでは自己嫌悪に陥りますが、「駄菓子を買って遊ぶ」というワククワ感を感じられるはずです。

散歩中にコーラを買って飲み歩く

タダでできる趣味の中で最強だと思うのは「散歩」です。

古今東西、散歩こそが庶民の至高の遊び

ただ、歩いているだけではちょっと味気ないのもまた事実です。

そこでおすすめは、途中の自動販売機でコーラを買って飲み歩くこと。

「散歩という健康的なこと」と「コーラというジャンクなこと」の両極端が合わさることで、なぜか楽しくなります。

健康にいいからとお茶を飲むのでは、散歩の面白さがは半減します。

▼こちらの記事では、趣味としての散歩の魅力を詳しく紹介しています

便箋を買って大切な人に手紙を書く

お金をかけずに、心が満たされる遊びNo.1。

それは、100円で便箋を買ってきて大切な人に手紙を書くこと。

人を喜ばすことほど、自分も楽しいことはありません。

デジタルな社会だからこそ、アナログな手紙には心が動くものがあります。

両親でもいいし、恋人でもいいし、自分に宛ててでもいいです。自分タイムカプセルだと思って、自分で未来の自分に手紙を書いてみるのも面白いかもしれません。

この世界で一番大切なのは自分ですからね。

花屋さんで切り枝を買ってくる

花ってやっぱりいいんですよ。

花は見ているだけで不思議と癒されます。

おすすめは、花屋さんで切り枝を買ってくること。花屋さんにいけば、100~300円くらいで売っています。

切り枝は、どれだけ手入れしても1カ月くらいで枯れるものなので、観葉植物にはない潔さがあって好きです。水やりの手間もほとんどありません。

家にある適当な瓶にでも飾っておけば、部屋にいながら季節が感じられて楽しいです。

サイゼリヤでグラスワインを飲む

「サイゼリヤのグラスワインが税込100円って知っていますか?」

100円なんですよね。

しかも、本場イタリアのサイゼリヤ専用タンクで発酵・熟成されたワイン。

実際のところ、1杯だけ飲んで会計100円は気が引けますが、悪いことをしているわけではないので堂々としていればいいです。

どうしても気が引けるなら、おつまみで一品頼んでもいいし、ワインをおかわりしてもいいです。高級食材のエスカルゴや、イタリア直輸入のプロシュートが税込400円とバグっています。

▼予算2,000円もあれば、サイゼリヤで格安でイタリアンフルコースが楽しめます。こちらの記事では、実際のオーダー内容も紹介しています

小麦粉だけでクリスピーピザを作る

小麦粉ほど安くて、なんでもできる食材はないです。

小麦粉でできるレシピの中で、手軽で楽しくておいしいのは、クリスピーピザ。

作り方
  1. 小麦粉・お湯・オリーブオイル・塩を混ぜてコネる
  2. 打ち粉をして、手の平で生地をできるかぎり薄く延ばす
  3. フライパンで両面を素焼きする
  4. 冷蔵庫にある適当な具材とマヨネーズをぶっかけて完成

具材モリモリやチーズをいれるとよりおいしいですが、マヨネーズだけでも十分おいしいです。

入浴剤を買って昼間から温泉気分

ダイソー (100円均) で入浴剤を買ってきます。

ドラッグストアで買えば1個100円する入浴剤ですが、100均なら4個入りで100円

休日の昼間から入浴剤を入れて、おうちで温泉気分を楽しんでやりましょう。

目をつぶって考え事をしてもよし、音楽を聴いてもいいし、本を読んでも良しです。

100円でできる遊びにしては、かなり贅沢ですね。

最後に

大人が楽しい100円でできる遊びを紹介しました。

当記事をまとめます。

100円でできること
  1. 朝マックのソーセージマフィンを貪る
  2. マックでホットコーヒーを飲みながら読書
  3. 本屋で立ち読みからの公園で休憩
  4. 駄菓子を買ってお菓子パーティー
  5. 散歩中にコーラを買って飲み歩く
  6. 便箋を買って大切な人に手紙を書く
  7. 花屋さんで切り枝を買ってくる
  8. サイゼリヤでグラスワインを飲む
  9. 小麦粉だけでクリスピーピザを作る
  10. 入浴剤を買って昼間から温泉気分に浸る

「お金のかからない暇つぶし」なんてもったいない考え方はやめて、お金をかけなくても楽しいことをしたほうが絶対にいいです。

100円というのは究極的ですが、少ないお金でも満足感の得られる遊びはたくさんあります。

▼関連記事

こちらの記事では、無趣味な社会人におすすめの趣味を紹介しています。趣味はやってみないとハマるかわからないので、まずはお金のかからないものがおすすめ

こちらの記事では、お金をかけないデートプランを5つ紹介しています。おうちデートとは違った面、白みのあるデートになると思います

こちらの記事では、一人でできる予算2,000円の贅沢めの遊びを紹介します。やることのない休日に嫌気がさしている方は、参考にしてみてください

以上

よかったらシェアしてね!

買ってよかったもの13選

20代後半のミニマリスト男が、これまでに買って本当に良かったものだけを紹介します。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる