MENU
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
買ってよかったもの13選
お得なサービス10選
仕事に不満・不安のあるサラリーマンがやるべきこと
自宅で筋トレおすすめグッズ10選
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
自炊しないで、安く、健康的な食事をする方法

食べるのがめんどくさい人へ!5つの対策とおすすめの食事パターン

「お腹は空いてるけど、食べるのがめんどくさい…」

そんな時ってありますよね。

特に一人暮らしの場合、食べるものもないし、買い物に行くのもめんどくさいし、「もう食べるのいっか」みたいな。

ただ、なにも食べない生活が続くと、体にとっては当然よくありません。

そこで当記事では、食べるのがめんどくさい方に試してほしいこと、おすすめの1日の食事パターンを紹介します。

目次

食べるのがめんどくさい時に試したいこと

結論からいえば、こちらの5つです。

食べるのがめんどくさい時の対策
  1. 冷凍弁当を利用する
  2. 1日1食でたくさん食べる
  3. ゲイナープロテインを飲む
  4. 牛乳・飲むヨーグルトを常備する
  5. 軽く散歩する

宅配冷凍弁当を利用する

料理がめんどくさいから食べない

という場合は、冷凍宅配弁当を使ってみてください。

宅配弁当であれば、スーパーに買い物に行く手間もなければ、自分で料理をする必要もありません。冷凍で保存もできるので、食べたい時に食べることもできます。

コンビニ弁当や外食より圧倒的にヘルシーなので、食べやすいと思います。値段も1食500〜700円ほどと、そこまで高すぎるわけでもありません。

1日1食でたくさん食べる

食事は1日1食でもいいので、1食でできるだけたくさん食べること。

食べなさすぎて1日1食生活の場合、1日に必要なカロリーが足りなくなる場合がほとんどです。

なので、お米でも、揚げ物でもなんでもいいので、カロリーの高そうなものを食べること

逆に考えれば、トータルで1日に必要なカロリーが摂れればいいので、2食は軽めで、1食はちゃんと食べるスタイルもありです。

ゲイナーのプロテインを飲む

「食べなさすぎてどんどん痩せるけど、だからといって食べる気もしない」

そんな時は、ゲイナープロテインを飲むといいです。

要するに、太るためのプロテインですね。

飲み物なので食べる気がしなくても喉を通り、カロリーもたんぱく質も同時に摂取できます。特に、たんぱく質が不足すると筋肉が落ちて、どんどん痩せてしまうのでプロテインはおすすめです。

おすすめは、マイプロテインの「ウェイナーゲイナー」。

1食分で400kcal近くが摂取でき、たんぱく質も27g含まれています。

5kgで9,000円ほどなので、1kg当たり2,000円弱とコスパも高いです。

牛乳・飲むヨーグルトと常備

「噛むのもめんどくさい」

そんなときは、飲み物で栄養を摂ること。

水やお茶では栄養がないので、牛乳か飲むヨーグルトを常備しておくといいです。

  • 牛乳(1L):カロリー690kcal、たんぱく質35g
  • 飲むヨーグルト(1L):カロリー670kcal、たんぱく質30g

本当に固定物をなにも食べる気がしないなら、1日1L飲むくらいの勢いで飲んだほうがいいです。

栄養が偏りますが、なにも口にしないよりは間違いなくいいですからね。

軽く散歩する

「何もしたくない…」

そんなときは、軽く運動してみると活力が湧きます。

ランニングなどのハードな運動をする必要はないので、気晴らしついで散歩して、その帰り道にスーパーやコンビニでご飯を買うといいです。

料理がめんどくさいなら、お惣菜やコンビニ飯でもいいです。料理ができそうなのであれば、脂身のある肉や魚を食べて、しっかりとカロリーを摂ることが大事です。

大人が1日に必要なカロリーは?

食べるのがめんどくさい人は、1日にどのくらい食べるのがいいのかを知っておくこと

必要なカロリーを知らないと、気が付いたらどんどん痩せてしまうからです。

そして、1日に必要なカロリーを意識して、食べる努力が必要になります。

大人が1日の中でほとんど運動しない人であれば、1日に必要なカロリーはこのぐらいです。

1日に必要なカロリー
  • 男性:約2,200kcal
  • 女性:約1,600kcal

参照:1日に必要なカロリー – 日本医師会

カロリーの目安は、ごはん茶碗一杯で250kcal、食パン1枚で160kcal、たまご1個で90kcal、納豆1パックで100kcal、コンビニ弁当が400〜600kcalほどです。

食べるのがめんどくさい人におすすめの食事パターン

男性で2,200kcal、女性で1,600kcalが1日に必要となると、食べるのがめんどくさい人にとってはけっこうハードルが高いですよね。

そこで食事のパターンを考えてみました。

朝食
  • ゲイナープロテイン1杯:400kcal

まずは、朝食にゲイナープロテインを飲みます。

もっと食べられそうなら、ヨーグルトやバナナなどをストックしておくと、一緒に食べられるかもしれません。

昼食
  • 白米茶碗1杯:250kcal
  • 冷凍弁当:400kcal
  • 納豆1パック:100kcal
  • ゆで卵1個:100kcal

1日1食はしっかり食べる生活習慣をつけることが大事です。

料理自体がめんどくさいなら、冷凍宅配弁当サービスを利用するといいです。

宅配弁当サービスは何社もありますが、「nosh」が味もおいしくておすすめ。送料込みで1食700円ほどで、ヘルシーなメイン1品と3品の副菜が入っています。

夕食
  • 牛乳or飲むヨーグルト2杯:300kcal、たんぱく質6g)

夜ご飯には、牛乳か飲むヨーグルトを最低限飲む。

小分けでもいいので、2杯飲めるといいです。

これで,朝食400kcal、昼食850kcal、夕食300kcalで、合計1550kcalとなります。

男性だと足りないのでもっと食べる必要がありますが、女性であれば、1日ほぼ1食で必要なカロリーは摂れますね。

noshは10食分で約6,000円+送料1,000円ほどです。意外と値段も高くなく、ヘルシーめで味もおいしいので、食が細い人や食への関心が低い人にもおすすめできます。

以上

よかったらシェアしてね!

コスパ最強の食生活

  • 献立を考えたくない
  • 自炊がめんどくさい
  • ダイエットしたい
  • 栄養が気になる
  • 食費を節約したい

そんな方に向けて。

自炊ほぼなしで、栄養バランスもよく、食費月30,000円未満の食生活は、「宅配弁当nosh×半自炊生活」で実現できます。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

目次
閉じる