MENU
30歳ミニマリストが買ってよかったもの
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
【2021年7月】Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
おすすめのプロテイン
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
>>30歳ミニマリストが買ってよかったもの

ジムは9割の人に必要ないから無駄!自宅で鍛える3つのメリット

体を鍛えたいからジムに通うか悩んでいる。ジムは必要ない?無駄になる?

そんな方に向けて。

なにおれ

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。自宅での自重トレーニングを続けて、体脂肪率は12%をキープしています。

結論からいえば、ほとんどの人はジムに行かなくていいです。

お金の無駄になるので、自宅で体を鍛えることをおすすめします。

唯一ジムに通ったほうがいいのは、「ムキムキのマッチョになりたい!」という方だけ。ですが、ほとんどの人は、そこまでガチでマッチョになりたいわけではないと思っています。

本記事では、ほとんどの人はジムに行く必要がない理由、自宅で鍛えるメリットとコツを紹介します。

目次

ジムが必要ない理由

ほとんどの人にジムがいらない理由は4つあると思っています。

ジムが必要ない理由
  1. フリーウエイトは筋トレ地獄への入り口
  2. トレーニングマシーンはもったいない
  3. ランニングマシーンで走る意味がない
  4. 筋トレの知識はネットで集められる

フリーウエイトは筋トレ地獄への入り口

フリーウエイトの最大の魅力は、負荷を大きくできることです。

筋肥大をさせるには、筋肉に与える刺激をどんどん大きくしなければいけません。そうなると、自分の体重分しか負荷を与えられない自重トレーニングでは難しくなります。

一方で、「どこまで体をデカくしたいのか」という問題にぶつかります。

体をデカくするには、ジムに通い続けて、与える負荷を大きくし続けるしかありません。また、必要以上にデカくなった筋肉は、筋トレを止めた瞬間、脂肪へと変わってしまいます。

そこまでしてジムでフリーウエイトをして体をデカくしたいでしょうか。

体操選手のように体を自由自在に動かすには、自重トレーニングのほうがむしろ向いています。日常生活で絶対に必要のない100kgのバーベルを上げる意味は、本当にあるのでしょうか。

トレーニングマシーンはもったいない

スポーツジムに通う最大のメリットは、フリーウエイトトレーニングができることです。

フリーウエイトでは、高重量を複数の筋肉を使いながら鍛えられます。

トレーニングマシーンは安全性の高さがメリットですが、自重トレーニングでも関節や腱を守りながら安全にトレーニングできます。

つまり、せっかくジムに通っているのにフリーウエイトをしないのはもったいないです。

いわば、回転寿司に行って海鮮ネタを剥がしてシャリだけ食べているようなもの。

トレーニングマシーンのためにジムに通うのであれば、それはやめたほうが無難です。

ランニングマシーンで走る意味がない

スポーツジムで最ももったいないのが、ランニングマシーンです。

自動車でジムまで通って、ジムに着いたらランニグマシーンで走る。

「いや、そもそもジムまで走れよ!」

と突っ込みたくなりませんか。

目的と行動がちぐはぐで、ジムに行くことが目的になってしまっている典型です。

それに、有酸素運動でカロリーを消費するなら、毎日の食べる量を減らたり、栄養のある食生活に見直したりするほうがずっと簡単で、ずっと健康的です。

走り慣れていない人がいきなり強度のあるランニングで、膝を痛めてしまうこともありません。

どうしても有酸素運動したいのであれば、会社まで徒歩で通勤する習慣にしたほうが合理的です。通勤のストレスも劇的に改善して、幸福度も増します。

筋トレの知識はネットで集められる

スポーツジムに通うメリットの1つに、「インストラクターからトレーニング方法や栄養学のアドバイスをもらえる」ということがあります。

しかし、インターネットの世界には、筋トレお化けたちが超有力な情報を無料で公開しています。

ボディビルで知らない人のいない「山本義徳」さんでさえ、Youtubeで動画を上げくれる時代です。

インストラクターといっても、生活のために会社で働く普通の会社員やアルバイトです。

そうであれば、山本さんのYoutube動画で勉強したほうがいいに決まっています。

また、フリーウエイトやダンベルトレーニングは体を痛めることもあるので、適切な知識や指導はあったほうがいいです。ですが、自重トレーニングでは体を痛めることもないので、やっぱりジムは不要です。

自宅で体を鍛えるメリット

続いて、自宅で体を鍛えるメリットを紹介します。

大きく3つあると思っています。

自宅で体を鍛えるメリット
  1. お金がかからない
  2. 時間の節約になる
  3. ジム中心の生活にならない

お金がかからない

圧倒的なメリットは、お金がかからないことです。

スポーツジムに通うと、月額3,000〜10,000円ほどかかります。

年間にすると、4〜12万円ほどかかることになります。

しかも、フリーウエイトで体を鍛えると、高重量を扱ったトレーニングをしないと筋肉が維持できません。すると、ジムに通い続けなければいけません。

つまり、ジム通いでガチでトレーニングすると、ジムにずっとお金がかかることになります。

その点、自宅で鍛えるのであれば無料です。一生タダ。

筋トレは3ヶ月だけするものではなくて、生涯にわたって続けていくものです。

ジムありきのトレーニングではなく、自宅で鍛える知識とスキルを積むほうがずっと経済的ということになります。

時間の節約になる

ジムが自宅の近くにあるとも限りません。

車や自転車で通わなければいけないケースも多いと思います。

すると、ジムに通うだけで時間がかかることになります。

それだけでなく…
  • ジムグッズを用意する手間
  • ジムで着替える時間
  • 器具が空くのを待つ時間
  • トレーニングウェアを洗濯する手間

ジムでトレーニングすると、それに付随して時間と手間がとにかくかかります。

自宅であれば、服を脱いでトレーニングして、5秒後にはシャワーを浴びられます。余分にトレーニングウェアの洗濯も必要ありません。

「体を鍛える」という行為にかかる時間が全然違ってきます。

ジム中心の生活にならない

ジムでのトレーニングを習慣にすると、生活の中心がジムになってきます。

ジム中心の生活になると…
  • 引越し先の近くにジムがないといけない
  • 週に何日かはジムに行かないといけない
  • 筋肥大のために食事内容が厳しくなる

毎日の食事からトレーニングの時間、引っ越しでもジムを気にしないといけないなど、「ジム、ジム、ジム」という人生になります。

自宅で鍛える自重トレーニングと、ジムで鍛える筋肥大のトレーニングは、目的が根本的に違ってきます。

ジムでのフリーウエイトトレーニングは体をデカくすること、自宅での自重トレーニングは引き締まった体を作ることです。

引き締まった体を作るだけであれば、簡単なトレーニングと普通の食事で十分に実現できます。

ジムで体を鍛えることそのものが道楽なのであればいいですが、そうでない人にとって、ジム中心の生活は望んだ形ではないはずです。

ジム通いなしで引き締まった体を作るコツ

正直、ジム通いなしでデカい体を作るのは難しいです。

一方で、引き締まった体を作ることはそれほど難しくなりません。

コツを3つ紹介します。

自宅で引き締まった体を作るコツ
  1. 食生活を正すことが最優先
  2. 簡単でいいから長く続けること
  3. プロテインだけは飲むこと

食生活を正すことが最優先

引き締まった体を目指すのであれば、トレーニングよりも食生活の見直しのほうを優先したほうがいいです。

栄養のある食事は、筋肉の合成を助け、余計な体脂肪を落としてくれるからです。

せっかく筋トレを頑張っても、脂っこい料理やお菓子を食べたり、お酒を毎日飲んだりと、食生活が乱れていたら脂肪がついてしまいます。

たとえば…
  • たんぱく質を摂る
  • 余分な脂質を摂らない
  • ビタミン・ミネラルを摂る
  • お菓子は食べない
  • 酒を控える
  • 空腹の時間を作る

など、食事で気をつけることはたくさんあります。

それゆえに、引き締まった体を作るなら、まずは健康的な食生活を習慣にすることです。

詳しい食事方法は、「細マッチョになるための10の食事ルール」の記事を見てください。私が体脂肪率12%を維持するために実践していることをまとめています。

簡単でいいから長く続けること

自宅での自重トレーニングは、簡単でもいいから長く続けることが重要です。

そもそも、自重トレーニングは筋肥大には向いていません。関節や腱もじっくり鍛えながら、動ける体を作ることに向いています。

そのため、自重トレーニングは目に見えて効果が感じにくいので、「このまま続けてもいいのかな…」と迷子になりやすいデメリットがあります。

そこでおすすめは、プリズナートレーニングに忠実に沿って筋トレすること。

プリズナートレーニングとは、アメリカの監獄内で体を鍛えた方法を体系的にまとめたトレーニング方法です。筋肉の部位毎、ステップ1~10まで用意されており、途中で道に迷いにくいというメリットがあります。

ステップ10を達成するには、おそらく3年以上はかかります。

だからこそ、プリズナートレーニング1冊だけで長く鍛えていけます

プリズナートレーニングの進め方やポイントは、「プリズナートレーニングの進め方を解説!初心者でも挫折しない7つのコツ」の記事で詳しく紹介しています。

プロテインだけは飲むこと

3つめのコツは、プロテインだけは飲むことです。

栄養のある食事や自重トレーニングを続けていても、たんぱく質が不足すると筋肉はつきません。

そこで、手軽にたんぱく質を補給できるプロテインが役に立ちます。

とはいえ、プロテインにお金をかけすぎていては、筋トレ貧乏になってしまいます。

そこでおすすめは、マイプロテインです。

マイプロテインのホエイプロテイン「Impactホエイプロテイ」は、1kg1,500円未満と格安で買えます。私の知る限り、ホエイプロテインでは最安値です。

値段が安いだけでなく…
  • 筋肉の分解を抑えたり、合成を手助けするBCAAが配合
  • 糖質が1食あたり1gほど低くいので、太りにくい
  • 60種類以上のフレーバーがあり、味もおいしいと評判

などのメリットがあります。

ガチでマッチョを目指さない限り、十分すぎるほどのプロテインです。

なにより安いというのは、長く続ける上では正義ですよね。

マイプロテインを最安値で買うには、公式サイトで買う必要があります。詳しくは、「【1kg1,500円未満】マイプロテインのホエイプロテインを最安値で買う方法」の記事を見てください。

最後に

ほとんどの人にジムは必要ない理由と、自宅で鍛えるメリットとコツを紹介しました。

当記事をまとめます。

まとめ
  • フリーウエイトは、ムキムキのマッチョになる以外は必要ない
  • 安全性の高いトレーニングマシーンは、自重トレーニングで代用可能
  • ランニングマシーンで走るなら、日常生活で歩けばいい
  • 筋トレの知識は、インターネットで優良のものが無料で集められる
  • ジムでかかる月額料金は、自宅で鍛えれば一切かからない
  • 自宅での筋トレは、移動時間や着替え、洗濯などの時間がかからない
  • ジム通いで体を鍛えると、ジム中心の生活になってしまう
  • 引き締まった体を作るには、筋トレよりも食生活の見直しが優先
  • 自重トレーニングは簡単でもいいから、長く続けることが重要
  • プロテインだけは飲む習慣をつけたほうがいい

ジム通いの大きなデメリットは、お金と時間を使いすぎることです。

お金も時間もたくさんあるならいいですが、そうでない人がほとんどだと思います。それに、ジムで鍛えると、ジムで鍛え続けないと筋肉が維持できません。

その点、自宅での自重トレーニングは筋肥大が難しい一方、お金も時間もかからず、長く続けていれば確実に筋肉はついてきます。

生きている限り筋トレは続けるつもりで、自宅でトレーニングを始めてみてはどうでしょうか。

▼関連記事

ジム通いなし、自宅だけで細マッチョになる方法を解説しています。詳しくは、「自宅での自重トレだけで細マッチョになる方法!3ステップで解説」の記事を見てください。

以上

よかったらシェアしてね!

【2021年8月更新】マイプロテインを最安値で買う方法

60種類以上の豊富なフレーバーで、味もおいしいと人気の高いマイプロテイン。

Amazonで購入すると1kg3,000円はするマイプロテインのホエイプロテイン(Impactホエイプロテイン)ですが、公式サイトから1kg2,000円で購入できます。

運営者

30歳のサラリーマン×ミニマリスト。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。詳しいプロフィールはこちらから

目次
閉じる