MENU
Kindle本新シリーズ「生きづらい人のためのシリーズ」
生きづらい人のための人生戦略: ゼロから「自分」を作り変える10ステージ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

シリーズ第2巻
生きづらい人のためのミニマル戦略: 「考える力」が身につく!ものを手放す4ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

シリーズ第3巻
生きづらい人のための貯金戦略: 節約からはじめるお金の不安のなくし方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

なにおれ書籍の重版が決定!
31歳、夫婦2人、月13万円で、自分らしく暮らす。:僕たちが見つけた質素で最強の生き方
なにおれムック本を全国の書店で発売中
なにおれ流 少ないものとお金で楽しく暮らす
Kindle本「ミニマリスト式シリーズ」10冊
ミニマリスト式超人生戦略術:敏感な人が会社を辞めてラクに生きていく方法

※Kindle Unlimited読み放題対象です

2024年のなにおれ活動計画
なにおれYouTube
なにおれVoicy
なにおれInstagram
なにおれTwitter
なにおれ楽天ROOM
なにおれ会員限定ニュースレター
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
なにおれ (32)
naniore
32歳男性。妻と二人でセミリタイア生活中。SNS総フォロワー16万人。商業出版2冊。Kindle本の総レビュー7000件超。新作「生きづらい人のための人生戦略」をKindle Unlimitedで公開中

※2024年度の主な活動:「Voicyを平日毎朝更新」「Kindle本生きづらい人のためのシリーズを2ヶ月に冊後出版」「Instagramストーリーズ毎日更新」「Twitterにも毎日生息」
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
「きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル」を語ったブログ。通称「なにおれ」。

「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、いまよりも心地よく生きていくライフスタイルを提案します。
> 【新作】なにおれ本『生きづらい人のための人生戦略』をKindle Unlimitedで公開中

あえて不便を楽しむ「アナログ生活」の魅力とアイデア

実際に使用した商品サービスのみを紹介しています。アフィリエイト広告を含みます。

不便な暮らしを楽しむコツって?

そんな疑問に答えます。

なにおれ

こんにちは、なにおれ(@lemologue)です。月8万円の生活費で暮らしているミニマリストです。

私たちの暮らしはどんどん便利で豊かになっています。

スマホの中は娯楽で溢れている。家にいながらAmazonで日用品が買える。コンビニに行けば100円でお菓子が買える。時短家電のおかげで家事の負担が減った。

ですが、それほど幸福度は上がっていないと感じることもあると思います。

というのなら、あえて不便に暮らすアナログ生活を試してみる価値があります。

本記事では、あえて不便に暮らすアナログ生活の魅力と、ミニマリストが実践している暮らしのアイデアを紹介します。

目次

あえて不便な暮らすことの魅力

「便利だからいい」とか、「不便だからダメ」みたいなことは全くなくて、「便利」と「不便」の差って、単純に時間がかかるどうかだけです。

便利な暮らしは時間がかからないけど、不便な暮らしはいちいち時間がかかる。「じゃあ、便利なほうがいいじゃん」と思うかもしれません。

ですが、便利な時間で生まれた余暇時間がどう活かせれているのか

ここが大事なポイント。

もし、スマホでYoutubeを眺める時間に消えているのなら、便利に暮らすメリットって本当にあるのでしょうか。

不便でアナログな暮らしって、頭を使ったり体を動かしたりするので、時間もかかるし疲れます。

でも、だからこそ、作業に没頭する充実感や、体を動かす爽快感を味わえます。

「便利な暮らし」が結果だけを優先するのに対して、「不便な暮らし」はプロセスも楽しむみたいな。なので、あえて不便に暮らすことは、結果はあくまでおまけになります。

楽しいアナログ生活のアイデア

「で、具体的にアナログな生活ってどんな暮らし?」

そんな疑問に答えます。

私が実際にやっているアイデアを9つ紹介します。

アナログ生活のアイデア
  1. 片道3kmくらいであれば歩く
  2. 夜は電気を消してキャンドル
  3. 本はできるだけ紙で読む
  4. 考えはノートに書き出す
  5. 部屋の床掃除はホウキ
  6. 料理やお菓子は自分で作る
  7. 野菜を自分で育てる
  8. なんでもDIYしてみる
  9. 部屋ではスマホを触らない

片道3kmくらいであれば歩く

「片道3km」というと、車でだいたい10分。

でも、歩くと1時間くらいはかかります。

合理性だけ考えれば車で移動したほうがいいわけですが、歩くことで体を動かく気持ちよさを感じられたり、景色や花などに癒やされたりします。

また、歩いているときは、不思議とポジティブな考え事ができることも魅力。

関連記事:歩く習慣が最強!1日7kmのウォーキング習慣で実感した5つの効果

夜は電気を消してキャンドル

たまには電気を消して、キャンドルの灯だけでぼーっと過ごしてみること。

テレビやスマホ、パソコンなどの強い光からは離れて、柔らかない光の中であえてなにもない時間を楽しむ

ゆっくりと思考を巡らして、今月やりたいことや将来のことをぼんやりと考える。

インターネットが常に片手にある暮らしでは、そんなことを考える隙間もありません。

また、普段から部屋の照明を薄暗くするのもおすすめです。

ものが見えにくくなるので不便ですが、刺激が減って部屋でよりリラックスできるようになります。

関連記事:ミニマリストが選ぶ照明!クリップライトがひとつあればいい

部屋の床掃除はホウキ

最近だと、お掃除ロボットを導入している人もいるかと思います。

でも、お掃除ロボットを起動することさえめんどくさいと感じるのでは?

あえて、昔ながらのホウキで掃き掃除をするのはおすすめです。

ホコリを掃くことが軽い運動になるので、ソファの上でゴロゴロしているよりも不思議と疲れがとれます

「土曜日の朝はホウキで掃き掃除から」みたいなルーティンにすると、休日を有意義に過ごせるようになるかもしれません。

関連記事:ミニマリストがほうきを愛用する5つの理由!おすすめは棕櫚箒

本はできるだけ紙で読む

電子書籍は便利ですが、本はできるだけ紙で読むこと。

「電子書籍」と「紙の本」の大きな違いは、没頭感にあると思っています。

電子書籍はついついインターネットも触ってしまいがちですが、紙の本では活字を目で追うことしかできません。

でもそれが没頭感につながり、心地よさを感じられます。

関連記事:社会人が毎日30分の朝読書を1年間続けて実感した魅力

考えはノートに書き出す

本を読んだときのメモや、頭の中にはあるもやもやは紙に書き出すこと。

スマホのメモ帳では文字を打つことしかできませんが、紙であればツリー状に思考をつなげたり、イラストを書いたりと、自由度が全く違います。

もし、これまでメモ書きをしたことのない人は、頭に中にあるものを紙にわーっと書き出してみるといいです。

頭の中がスッキリすると、自分の深い欲求に気がつけたりします。

お菓子は自分で作る

コンビニに行けば、100円でチョコレートやクッキーが買えます。

それでも自分で作ります。

買うよりもコストが高くなることがほとんど。

ですが、「お菓子を作る」という作業自体に没頭感があり、買うことと違って食べることはあくまでおまけになります。

それに、砂糖や油の量を自分で調整できるので、シンプルに体にもいいです。

作れそうならなんでもDIYする

Amazonでポチればなんでもものが買える時代。

だからこそ、作れそうなものは自分であえて作ってみること。

  • 机や棚などの簡単な家具
  • 部屋のインテリア
  • キャンプの道具
  • 女性ならネイルとか

お菓子作りなんかと同じで、”出来上がったもの自体” はおまけになります。

野菜を自分で育てる

自分もまだ実験中ですが、30代になって新しく始めたのが家庭菜園。

スーパーで買えば安く買える野菜ですが、あえて自分で作ってみる。

経済性や合理性を考えれば決してメリットは大きくありませんが、体を動かし、土と触れる時間は豊かさを感じられます。

関連記事:30歳からの趣味に家庭菜園は最高!3つの魅力とは?

部屋ではスマホを触らない

「スマホは幸福をもたらさない」ということに、多くの人が気がついているはず。

それでもスマホを触ることをやめられないのは、完全に中毒になってしまっているから。

なので、強制的にスマホから距離をおく工夫をするといいです。

私が実践しているのは、部屋の隅でスマホを充電しっぱなしにすること。

ベッドの上やテーブルにスマホは持ち出さず、スマホを触るときは部屋の隅まで行く」と決めておけば、スマホを触らないようになれます。

関連記事:脱スマホできるシンプルな方法!スマホを使わない生活の感想も紹介

最後に

ということで、不便を楽しむアナログ生活の魅力を紹介ました。

まとめ
  • 車を使わずに歩ける距離ならとにかく歩いてみる
  • 電気は消してキャンドルで過ごしてみる
  • 本は紙で読んで、思ったことを紙に書き出してみる
  • お菓子でも家具でも、作れそうなら自分で作ってみる
  • 部屋ではスマホを触らずに過ごしてみる

「時間ができたところで特にやりたいこともない」

そんな人であれば、あえて不便なアナログ生活を取り入れることで、体を動かす爽快感や頭を使う没頭感を味わえて、むしろ豊かに暮らせると思います。

どうしてもやりたいことがあって、「時間がどうしても足りない」というなら、ウーバーイーツでご飯を頼むことやタクシーで移動することにも価値があると思います。

でも、そんな人はよほどいないはず。

時間をたくさん使って不便を暮らすことは、むしろ贅沢な暮らしの証拠かもしれません。

部屋作りのコツから生活習慣、思考、休日の過ごし方まで、少ないお金で楽しく暮らすアイデアを網羅した拙著『ミニマリスト式超ヒュッゲ術: 少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33』もぜひ読んでみてください。

>>Kindle Unlimitedで読み放題対象にしているので、30日間おためしで無料で読めます

▼関連記事

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

なにおれKindle本「生きづらい人のためのシリーズ」を公開中

本書は、「生きづらさを抱える人が、生きづらさから抜け出し、最後には自分だけの生きる意味を見出すまでの道のり」を、全10のステージで解説しています。

いってしまえば、"生きづらい人に特化した超実践的な生き方の指南書" です。

運営者

生きづらさからの脱却の実践家。妻と二人で月13万円で質素に暮らす32歳。SNS総フォロワー16万人。商業出版2冊。Kindle本10冊「ミニマリスト式シリーズ」の総レビュー7000件超。新作「生きづらい人のための人生戦略」をKindle Unlimitedで公開中

目次