MENU
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【年末までに絶対にやるべきこと】楽天ふるさと納税で豪華返礼品をGET

ミニマリストは病気?健全で豊かなミニマムライフを送る3つのポイント

ミニマリストは病気?断捨離のやりすぎは気持ち悪い?

ミニマストに否定的な価値観を持つ方は多いかもしれません。

しかし、大丈夫です。

ポイントさえ押さえておけば、ミニマリストは間違いなく豊かなに生き方になります。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は97点の持ち物で一人暮らしをしている20代後半のミニマリストです。

断捨離の魅力に憑りつかれた人は、次から次へとものを捨てたくなります。

傍(はた)から見たらその姿は病的に見えたり、場合によっては、自分を苦しめたりもするかもしれません。

当記事では、ミニマリストは病気か気になる人に向けて、健全で豊かなミニマムライフを送るポイントを紹介します。

プロフィール
れもん(29)@倹約家サラリーマン
  • 20代後半サラリーマン
  • 月6万円の生活費で一人暮らし
  • 20代で1,000万円以上の蓄財
  • 全97点の持ち物で暮らすミニマリスト
目次

ミニマリストが病気だと思われる理由

ミニマリストが病気だと思われる理由。

それは、「自分の価値観の押し付け」にあると思っています。

誰にも迷惑をかけていなければ、ミニマリストなんてただのライフスタイルのひとつでしかありません。

しかし、他人に迷惑をかけたり、他人に価値観を押し付けたりすると話は変わってきます。

  • 家族のものなどを勝手に捨てる
  • ものをたくさん持っている人のことをバカだと言う
  • 少ないもので暮らしていることを自慢する

あくまで、ミニマリストは自分にとってよりよい暮らしを実現する手段のひとつです。

つまり、ミニマリストという生き方を生かすも殺すも、あなた次第ということ。

自分の価値観を他人に押し付け、巻き込んでしまうなら、それは正しくないと思います。

病気だと思われ、忌み嫌われても仕方ないかもしれません。

それでもやっぱり、私はミニマリストという生き方をおすすめしたいと思っています。

ミニマリストは病気ではなくライフスタイルのひとつ

ミニマリストは病気ではなく、ライフスタイルのひとつです。

断捨離は、自分の持ち物を手放す過程で自分にとって本当に必要なものを知る手段であり、ミニマリストは、必要なものだけで暮らすライフスタイルでしかありません。

これ以上でもこれ以下でもないです。

「ものを手放し、少ないもので暮らすことに居心地の良さを感じている」

そう感じているのなら、ミニマリストという生き方がプラスに作用しています。

しかし、自分の価値観を他人に押し付けたり、家族のものを勝手に捨てはじめたりしたら、それはマイナスに作用しているといえるでしょう。

ミニマリストのゴールは、自分の暮らしにとっての必要最低限を知り、少ないものでも楽しく暮らすことです。

ミニマリストになることで、他人との揉め事やイラ立ちが増えるなら、それは健全ではないといえます。

また、断捨離にはたくさんのメリットがあると思っていますが、「ものを捨てるだけで幸せになれる」なんてミラクルな万能薬でもないです。

よりよい暮らしのためにミニマリズムはあり、あくまでライフスタイルのひとつです。

このことだけは注意が必要だと思います。

健全で豊かなミニマムライフを送るポイント

「とはいえ、健全で豊かなミニマムライフを送るには、なにに気を付ければいいか」

そんな疑問に答えます。

結論としては3つあります。

  1. 自由な時間を失う断捨離はしない
  2. 楽しいことが減る断捨離はしない
  3. お金を無駄にする断捨離はしない

これは私が断捨離を繰り返して実感した「健全で豊かなミニマムライフの条件」になります。

自由な時間を失う断捨離はしない

まず第一に、「自由な時間を失う断捨離はしないこと」。

断捨離の効果として、ものが減ることで家事の時間が減るなどがあります。

これはよりより暮らしにとって、大きなメリットだと思います。

一方で、断捨離をやりすぎると逆に時間を失うことがあります。

わかりやすい例でいうと、「生活家電」。

①洗濯機を捨ててしまった場合、ボタンひとつ押すだけで全自動で洗濯ができたはずなのに、服を手で洗う手間が増えた。もしくは、クリーニングに持ち込む手間が増えた。

②冷蔵庫を捨ててしまった場合、食材をスーパーまで毎日買い出しに行く手間が増えた。

③炊飯器を捨ててしまった場合、ボタンひとつで米が炊けたのに、土鍋の火番をする手間が増えた。

生活家電を捨てることで、常識から解放され、根本的に家事の手間が減って楽になることはあります。

しかし、手放してみたら自由な時間が減ったと感じる人もいるかもしれません。

そのため、断捨離で逆に時間がなくなったと感じている人は、ミニマリストという概念にとらわれず、時間を生み出すものは持ったほうがいいと思います。

楽しいことが減る断捨離はしない

健全で豊かなミニマムライフを送るポイント其の二。

楽しいことが減るような断捨離はしないこと。

ミニマリストになる最大最強の効果は、「お金が貯まりやすくなること」だと思っています。

必要最低限のもので暮らせることに気が付けば、生活のためのお金はそれほど必要ではなくなるからです。

しかし、お金を使わない生活が、「お金を使うことが怖い生活」に、いつの間にかなってしまっている。

ここにミニマリスト病の怖さが潜んでいます。

本来、お金とは人生を豊かにするために存在しています。

それなのに、ものを持たないことを正義とすると、お金の使い方が分からなくなり、お金を使えなくなることがあります。

そのため、「このことにはお金を使っていい!」と自分の中で基準を持つこと。

これが、健全で豊かなミニマムライフには重要だと思います。

たとえば、私の場合でいえば、「食」にはお金をかけるようにしています。

「外食にならお金をいくら使ってもいい」という意味ではなく、「おいしい料理を作るために新鮮な食材や高い調味料にはお金をかけてもいい」ということです。

食のためにお金を使うことで、私の人生は少ないものとお金でも豊かなものになります。

お金を無駄に使う断捨離はしない

最後、3つめ。

お金を無駄にするような断捨離はしないこと。

断捨離をしすぎた人の中には、一度は捨てたものを後から買い直したという人もいます。

これもやはり健全ではありません。

(一度手放すことで、「自分にとって大切なものかどうかを知れた」という意味では十分に価値のあることだとは思いますが)

ですが、やはり一度捨てたものを買い直すことはお金の無駄です。

せめて、自分に必要なスペックがわかっているはずなので、新品や最新モデルを買うのではなく、中古品や型落ち品から探せるといいですね。

断捨離を進めるためには勢いで捨てることも大切です。

しかし、捨てる前にはそのものをよーく手で触れて、捨てた後の未来をよーく想像して、いるといらないを見極めることもやはり大切だと思います。

最後に

健全で豊かなミニマムライフに必要なことについて紹介しました。

当記事をまとめます。

  • ミニマリストが病気だと思われる理由は、「自分の価値観の押し付け」にある
  • ミニマリストは、少ないもので暮らすライフスタイルのひとつでしかない
  • 自慢したり、他人を否定したり、家族のものを勝手に捨てたりは病気
  • 家事の時間を減らしてくれる生活家電の断捨離はよく考えたほうがいい
  • お金を使わない生活を意識しすぎて、楽しいことまで断捨離はしない
  • 買い直しは無駄なお金なので、捨てる前にはよく触れてから断捨離する

私は断捨離を通じて、自分が見栄やものにいかに縛られていたかを痛感しました。

そして、少ないものとお金で暮らすミニマリストという生き方は、私の人生を間違いなく好転させてくれました。

それゆえに、盲目的にものを捨ててしまいたくなる衝動がたまにやってきます。

ですが、そんなときこそ、「自分にとっての本当に豊かな暮らしとはなにか」を一歩引いた目線で考えてみる。

そんな視点も大切だなあ、と感じています。

こちらの記事では、断捨離で実感している9つの効果について紹介しています

以上

よかったらシェアしてね!

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる