MENU
プロフィールの画像
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報の画像
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
インスタグラム 毎日(20:00)更新中

ミニマリストは病気?豊かなミニマムライフに必要な3つのこと

 

ミニマリストは病気なのか?断捨離をやりすぎてはいけないのか?

 

そんな疑問を持つミニマリストの方に向けて。

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。私は97点の持ち物で一人暮らしをしている20代後半のミニマリストです。

 

断捨離の魅力に憑りつかれた人は次から次にものを捨てたくなりますが、どこかでふとっと冷静になる時がくるんですよね。

 

「あれ、ミニマリストってなんだっけ。もしかして、自分は病気なのでは・・・?」と。

 

当記事では、ミニマリストという自分に迷ってしまった人に向けて、健全で豊かなミニマムライフに必要なことについて紹介します。

関連記事:20代後半ミニマリスト男の全持ち物リストを公開【全97点】

 

目次

ミニマリストは病気?

まずは結論から。

 

ミニマリストは病気でもなんでもありません。

 

ミニマリストとは、少ないもので暮らすことを意識したライフスタイルのひとつでしかないからです。

 

ものを手放し、少ないもので暮らすことに居心地の良さを感じているのなら、間違いなく正解に近づいています。

 

しかし、ものを捨てること自体が気持ちよくなり、捨てなくてもいいものや家族のものまで捨てはじめたら病気といえるかもしれません。

 

破壊衝動的に快適な暮らしを捨ててしまったり、人のライフスタイルにまで自分の価値観を押し付けたりすることは、”こじらせてしまっている” と思います。

 

あくまでゴールは、自分の暮らしにとって必要最低限を知り、少ないもので豊かに暮らすことです。

 

断捨離にはメリットがたくさんありますが、「ものを捨てるだけで幸せになれる」なんてミラクルで万能なものでもありません。

 

“ミニマリスト” という言葉やイメージに支配されず、ものを手放した先にある心地よさに触れられたならそれでいいと思います。

 

豊かなミニマムライフに必要な3つのこと

「とはいえ、健全で豊かなミニマムライフを実現するには、どのようなことに気を付ければいいか知りたい」

 

そんな方に向けて。

 

私が断捨離を実践してきて実感した「豊かなミニマムライフの条件」について紹介します。

 

結論としては3つあります。

  1. 自由な時間を失う断捨離はしない
  2. 楽しいことが減る断捨離はしない
  3. お金を無駄にする断捨離はしない

 

1. 自由な時間を失う断捨離はしない

断捨離すること自体に快感を覚えると、なんでも捨ててしまいたくなる衝動があります。

 

「これを捨てたらもっと部屋がスッキリする」

「あれを捨てたらあそこに余白が生まれる」

 

とかとか。

 

まさにミニマリストが病気と言われる諸元の行動ですね。

 

ただ、自由な時間を失ってしまうような断捨離は健全ではありません。

 

分かりやすい例えでいうと、「生活家電」があります。

 

①洗濯機を捨ててしまった場合、ボタンひとつ押すだけで全自動で洗濯ができたはずなのに、服を手で洗う必要がでてきます。もしくは、クリーングに持ち込む手間が増えます。

 

②冷蔵庫を捨ててしまった場合、食材をスーパーまで毎日調達に行く時間がかかります。

 

③あと、「炊飯器と土鍋の両方を持っていたら、どちらを捨てるか」と悩んだ場合、食事によほどのこだわりがないのなら、楽をできる炊飯器を残したほうがいいです。

 

断捨離することばかりに気を取られて、時間を浪費する生活になってしまうのは避けたいところです。

関連記事:一人暮らしのための家事を時短する20のアイデア【まとめ】

 

2. 楽しいことが減る断捨離はしない

ミニマリストになる最大最強の効果は、「お金が貯まりやすくなること」だと思っています。

 

しかし、「お金を使わない生活」が、「お金を使うことが怖い生活」になってしまうところに、ミニマリスト病の怖さが潜んでいます。

 

本来、お金は人生を豊かにするために存在しています。

 

それなのに、ものを持たないことを正義と考えすぎると、お金の使い方が分からなくなり、お金を使えなくなることがあります。

 

そのため、「このことにはお金を使っていい」ということを自分の中で明確にしておけば、健全なミニマムライフが送れると思います。

 

私の場合でいえば、「食」にはお金をかけるようにしています。

 

これは、「外食にならお金をどれだけ使ってもいい」という意味ではなく、「おいしい料理を作るために新鮮な食材や高い調味料にはお金をかけけてもいい」という意味です。

 

自分にとって豊かなお金の使い方はしっかり考えておきましょう。

関連記事:ミニマリストになる最大のメリットはお金が貯まりやすくなること

 

3. お金を無駄に使う断捨離はしない

断捨離をしすぎた人の中には、一度は捨てたものを後から買い直したという人もいます。

 

これはやはり健全ではありません。

 

一度手放すことで、自分にとって大切なものかどうかを知ることができたという意味では価値のあることだったのかもしれません。

 

ですが、一度捨てたものを改めて買い直すことほどお金の無駄はありません。

 

断捨離を進めるためには勢いでものを捨てることも大切です。

 

ですが、捨てる前にはそのものをよく触って、捨ててしまった後の未来を想像をして、いるいらないを見極めることもやはり大切です。

関連記事:断捨離で後悔しないために捨てないほうがいいモノ5選

 

最後に

病的なミニマリストにならず、健全で豊かなミニマムライフに必要なことについて紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • ミニマリストは病気ではなく、少ないもので暮らすライフスタイルのひとつでしかない
  • 快適さや喜びを捨てたり、他人のものまで捨ててしまうことは病的だといえる
  • 家事の時間を減らしてくれる生活家電の断捨離はしないほうがいい
  • 自分が楽しいと感じることまで断捨離はしないほうがいい
  • 一度捨てたものを買いなおすことがないようによく触ってから断捨離する

 

持っているものを手放し、自分にとって必要最低限を知ること。

 

ミニマリストになったことで、私の人生を間違いなく好転しました。

 

それゆえに、盲目的にものを捨ててしまいたくなる衝動がたまにやってきます。

 

ですが、そんなときこそ、「自分にとっての本当に豊かな暮らしとはなにか」ということを、一歩引いた目線で考えてみることが大切なんだと思います。

 

▼全部で16着の服で生活しているミニマリストの洋服紹介

関連記事:20代男性ミニマリストが所有する服をすべて公開【全16着+小物】

 

▼シンプルな部屋で暮らしている一人暮らしミニマリストの部屋紹介

関連記事:【断捨離を実践】20代後半ミニマリスト男の一人暮らし部屋を公開

 

▼ミニマリストがどのような生活のこだわりを持っているか紹介

関連記事:シンプルに生きる20代後半ミニマリスト男の生活流儀

 

以上

ミニマリスト男の厳選愛用品

20代後半のミニマリスト男が毎日使っているコスパ抜群の愛用品たちを紹介。

不用品買取おすすめサービス23選

「断捨離で出てきた不用品を少しでも高く買い取ってほしい!」

そんな方におすすめの買い取りサービスをまとめました。

運営者

20代後半の倹約家サラリーマン。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる