MENU
30歳ミニマリストが買ってよかったもの
20代・30代男性におすすめのファッションアイテム
お得なサービス10選
【2021年7月】Kindle Unlimitedで読める面白かった漫画まとめ
サラリーマンがやるべきこと
おすすめのプロテイン
プロフィール
れもん(29)
20代後半の倹約家サラリーマン。月6万円の生活費で一人暮らしをしています。

社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。

現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。
サイト情報
なにおれ
きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル。通称「なにおれ」。

ミニマリズムをベースに、少ないお金でも楽しく暮らす方法について発信しています。

何者にもなれなかった大人たちに、ゆるく気楽に生きていくライフスタイルを提案。
【無料で資産形成の相談のります】なにおれ公式LINE
>>30歳ミニマリストが買ってよかったもの

ミニマリストは病気?当てはまったら要注意なケース6選

ミニマリストは病気?健全な状態とのボーダーラインって?

そんな疑問に答えます。

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

私は、月8万円の生活費で一人暮らしをしている20代後半ミニマリストです。ミニマリスト歴は3年以上。

いまでこそ心穏やかに少ないものとお金で暮らすことを楽しめていますが、「自分の暮らしは本当に健全?自分は病気?」と考えたこともありました。

当記事では、ミニマリストが陥りがちな要注意なケースを紹介します。

目次

ミニマリストは病気?当てはまったら要注意なケース6選

6つあります。

要注意ケース
  1. ものを増やすと自己嫌悪する
  2. 時間のゆとりがなくなったと感じる
  3. 大切な人間関係まで捨てはじめる
  4. 大切なことにお金が使えない
  5. 他人のものまで勝手に捨てはじめる
  6. 体重が急激に落ちはじめた

ものを増やすと自己嫌悪する

もっともよくあるケース。

それは、ものを持つこと自体に自己嫌悪してしまうことです。

少ないもので暮らしていると、ものを持たないことが正義だと錯覚してしまいます。

しかし、「ものを持たないことが豊かなのではなく、自分に本当に大切なものしか持たないことが豊か」ということを、忘れてはいけません。

持たない暮らしの中で不都合が生じているのなら、迷わずにふさわしいものを持つべきだと思います。

不都合でストレスを感じる状態が、健全とは思えません。

自分の心の声に耳を傾けて、自分の心に素直になることが大事です。

時間のゆとりがなくなったと感じる

こちらのよくあると思うことです。

それは、時間のゆとりがなくなったと感じること。

これも健全な状態とはいえないと思います。

本来、断捨離で得られる効果として、無駄な時間が減り、自由な時間が増えることがあります。

  • ラグやソファなど床のものを捨てたら、掃除の時間が減った
  • テレビを捨てたら、だらだらする時間が減った
  • 服を減らしたら、コーディネートに悩む時間が減った
  • 調味料を減らしたら、調理にかかる時間が減った
  • 会社の付き合いは減らしたら、家でゆっくりする時間が増えた

こういった感じです。

1日の中で自由な時間が増えることで、毎日の充実度は大きく向上します。

だからこそ、無駄なものや習慣を手放すメリットがあるわけです。

しかし、断捨離をやりすぎると、逆に時間を失うケースがあります。

わかりやすい例でいうと、生活家電の断捨離。

  • 冷蔵庫を捨てたら、スーパーに買い出しに行く時間が増えた
  • 洗濯機を捨てたら、洗濯物を手洗いする時間が増えた
  • 炊飯器を捨てたら、お米を炊く手間が増えた

その人の生活環境や仕事によっては、全く問題ないこともあります。

ですが、フルタイムで働く一人暮らしサラリーマンが生活家電を手放しすぎると、自由な時間はけっこうなくなると思います。

そのため、「あれ、なんだか逆に時間がなくなってない?」と感じるのなら、その原因をよく考えるといいです。

大切な人間関係まで捨てはじめる

3つめのケース。

それは、大切な人間関係まで捨てようとすること。

断捨離はものから始まり、慣れてくると、習慣や人間関係も整理できるようになります

それゆえに、本当に大切なものまで巻き込まれることがあります。

その代表が、「人間関係」です。

個人的には、人間関係の断捨離は、自分の人生のステージとともに必要になると考えていますが、家族や友人など大切な縁だけは切りません。

ここだけは手を出してはダメです。

人間はどこまでいっても社会的な生き物なので、周囲との良好な人間関係があってこそ豊かに暮らせます

嫌いな人との関係はむしろ捨てるべきだと思いますが、大切な縁まで切ろうとしているのなら、それは「ちょっと待った!」と自分の中で制してください。

▼人間関係の断捨離については、こちらの記事で詳しく紹介しています

楽しいことにお金が使えない

ミニマリストの最大のメリットには、支出が減り、お金が貯まりやすくなることがあります。

逆を言えば、お金の使い方が下手になるかもしれないデメリットもあるということ。

少ないもので暮らしているうちに、欲望が小さくなり、お金を使わなくなります。

それ自体はいいことですが、「本当はお金を使いたいことがあるのに、お金を使うのが怖くてできない」ということは、本当によくあります。

そのため、本当にお金を使いたいことに、使えなくなっているなら要注意です。

本来、お金とは人生を豊かにするために存在しますからね。

使ってなんぼです。

対策としては、「このことにはお金を使っていい!」という基準を自分の中で持っておくこと。

たとえば、私の場合でいえば、「食」にはお金をかけるようにしています。

「外食にならお金をいくら使ってもいい」という意味ではなく、おいしい料理を作るために新鮮な食材や、栄養価の高い食材ならお金をかけてもいい、という具合です。

▼こちらの記事では、ミニマリストのお金の使い方を紹介しています。お金の使いどころは人それぞれですが、よければ参考にしてみてください

体重が急激に落ちはじめた

ミニマリストになると、合理性を優先するようになります。

しかし、食事も合理的にすることに気を取られて、必要なカロリーが全然足りていないという事態に陥りがち。

もし、体重がやたらと急激に落ちはじめたら注意が必要です。

「体重が落ちた!」と喜んでいたら束の間、食べなさすぎで筋肉が落ちただけという可能性が高いです。

筋肉が落ちると代謝が悪くなるので、痩せにくく、太りやすい体になってしまいます。

この状態は健全ではないですよね。

体重というのは、ゆっくりと落ちていくのがあるべき姿だと思います。

健康こそが人生の根幹だと思うので、注意が必要です。

他人のものまで勝手に捨てはじめる

このケースはかなりの重症なので、真剣に一度冷静になったほうがいいです。

それは、他人のものまで勝手に捨てはじめること。

ミニマリストが、人のものを勝手に捨てる背景には、「少ないもので暮らす豊かさを教えてあげたい」という気持ちか、「単純に自分が気持ちよくなりたいだけ」のどちらかです。

いずれにせよ、自分の価値観を他人に押し付ける傲慢な行為です。

本気で注意が必要、というかちょっと手遅れかもしれません。

家族や同棲相手のいる方の場合、自分だけが少ないもので暮らすのは難しいと思います。

そのため、自分にとっての必要最低限を考えるのではなく、家族にとっての必要最低限を考えること

この視点を持っているといいと思います。

ミニマリストもやりすぎれば病気

ミニマリストに限らず、やりすぎは毒になります。

どんなに体にいい食べものでも、食べ過ぎれば病気になる。

それと同じです。

  • ものを増やそうとすると自己嫌悪に陥る
  • 自由な時間が逆に減っている
  • 楽しいことにもお金が使えなくなった
  • 大切な家族や友人との縁まで切ろうとする
  • 必要なカロリーの食事もまともにできていない
  • 他人のものまで勝手に捨てはじめる

これまで説明してきたように、これらの状態は断捨離のやりすぎといえます。

とても健全で豊かな状態とはいえないでしょう。

とはいえ、断捨離は一種のスキルのようなものです。

ものを捨てれば捨てるほど、ものを捨てるのがうまくなるのもまた事実。

痛みをともなう断捨離の過程でこそ、「自分にとって本当に大切なものを見極める力」が養われると思っています。

そのため、まずは捨てることが目的になってもいいから、持っているものを手放す。その上で、今回紹介したような病的な状態を自分の中で感じるのであれば、調整する。

そうやって繰り返しているうちに、自分にとってちょうどいい暮らしができるようになります。

そのころには断捨離のスキルも身についているので、ずっと心地よく暮らせるはずです。

▼断捨離はやりすぎてもいい理由について、こちらの記事で説明しています。参考になると思うので、合わせてご覧ください

最後に

ミニマリストは病気なのか、要注意なケースについて紹介しました、

当記事をまとめます。

  • ものを持つことに自己嫌悪するときは、心の声に素直に耳を傾ける
  • 時間のゆとりがなくなったと感じるなら、必要なものを買い戻す
  • 大切な家族や友人との人間関係まで捨てようとした時は、冷静になる
  • 楽しいことにお金を使えなくなっていたら、お金を使う基準を作る
  • 体重が急激に減りはじめたら、ゆっくり痩せることが自然だと思い出す
  • 人のものまで勝手に捨てはじめたら、傲慢な行為だと自分を叱る
  • ミニマリストに限らず、やりすぎは毒にも病気にもなりえる
  • 自分にとって豊かさを感じる暮らしになるまで、調整を続けることが大事

当たり前ですが、ミニマリズムは万能ではありません。

メリットをうまく享受できれば人生は間違いなく豊かになりますが、病的で健全ではない暮らしになるリスクも含んでいます。

今回紹介したようなケースを自分の中で感じたときは、まずは一度立ち止まることが大切だと思います。

ミニマリストとは、豊かになるためのライフスタイルでしかないこと」を思い出し、冷静に対策を講じることです。

何度もそうやって自分の暮らしを調整することで、絶対にいつかは心地のいいところに辿り着けます。

▼関連記事

こちらの記事では、私が実感している断捨離の効果を9つ紹介しています。ミニマリストになるメリットを知りたい方は、ぜひご覧ください

「ミニマリストの末路は悲惨だ」という人もいますが、全く的外れな指摘です。こちらの記事では、ミニマリストの末路なんて気にしなくていい理由を紹介しています

「ミニマリストはつまらない生き方だ」という人には、決定的に足りていない視点があります。詳しくは、こちらの記事で紹介しているのでご覧ください

以上

よかったらシェアしてね!

買ってよかったもの

30歳ミニマリスト男が、これまでに買って本当に良かったものだけを厳選して紹介しています。

運営者

30歳のサラリーマン×ミニマリスト。月8万円の生活費で一人暮らしをしています。社会人4年目に苦手な営業から転職したことをきっかけに、自分にとって理想の暮らしを真剣に考えることに。現在は、生活コストを徹底的に抑え、本業×副業でお金を稼ぎ、余剰資金を米国高配当株ETFに投資に回すことで、経済的な自由を目指しています。詳しいプロフィールはこちらから

目次
閉じる