MENU
【限定コンテンツ】なにおれニュースレター
なにおれ初の紙本出版しました!
31歳、夫婦2人、月13万円で、自分らしく暮らす。:僕たちが見つけた質素で最強の生き方
Kindle本『ミニマリスト式シリーズ』を出版中
ミニマリスト式超人生戦略術:敏感な人が会社を辞めてラクに生きていく方法

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超節約術:月10万円でも楽しく暮らす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超自炊術:質素な食事で愉快にくらす

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超片付け術:散らかった部屋を整理する10の特効薬

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超貯金術:20代1,000万円貯めた6ステップ

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超ヒュッゲ術:少ないお金で毎日を心地よく暮らすアイデア33

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超Twitter術:1日1ツイートで人生を豊かにするツイッターの使い方

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超買い物術:無駄遣いをなくす「5つの考える力」を鍛える

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超引っ越し術:人生を変える攻めの引っ越しの技術

※Kindle Unlimited読み放題対象です

ミニマリスト式超運動術:楽しく歩くことだけ考えればいい

※Kindle Unlimited読み放題対象です

2023年度 なにおれの活動予定
なにおれYouTube【週2本更新】
なにおれVoicy【毎朝更新】
なにおれInstagram【10万フォロワー】
なにおれTwitter【1万フォロワー】
なにおれ楽天ROOM
Kindle Unlimitedでおすすめの本・漫画50選
なにおれ (31)
naniore
31歳。男。生活費8万円の一人暮らしを経て結婚。現在は、夫婦二人で月13万円で質素に暮らしています。

社会人4年目に辛かった営業職から転職したことをきっかけに、「いつでも好きな場所に引っ越せる」という自分の理想とする暮らしを目指しはじめる。

「質素倹約生活 × 副業 × 米国株投資」のおかげで、30歳でセミリタイア。

※2023年度の主な活動:「Voicyを平日毎朝更新」「会員限定ニュースレターを週3配信」「YouTubeを週2本投稿」「Instagramを週末更新」「Twitterにも毎日生息」「たまにブログ更新」「ムック本を出版(2月)」
なにおれ
少ないものとお金で楽しく暮らす
「きっと何者にもなれない俺たちのライフスタイル」をつづったブログ。通称「なにおれ」。

「少ないものとお金でも楽しく暮らす」をコンセプトに情報を発信。

何者にもなれなかった大人たちに、ラクに生きていくライフスタイルを提案します。
> なにおれKindle本『ミニマリスト式シリーズ』10冊が無料で読めます

見栄を張らない暮らしでミニマリストがやっていること8つ

見栄を張らない暮らしってどんな感じ?

そんな疑問に答えます。

なにおれ

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。月8万円の生活費で暮らしている30歳ミニマリストです。

見栄を張らない暮らしのおかげで、20代で1,000万円以上の貯金もできました。

「かっこいいと思われたい」「おしゃれだと思われたい」と自分の外見や行動を取りつくろうにはお金がかかりすぎます。

それに、見栄を張ったところで手に入るは虚構の自分だけです。

見栄を手放した身の丈に合った暮らしというのは、お金が貯まるようになるだけでなく、不思議と心地がいいものです。

そこで本記事では、見栄を張らない暮らしをしているミニマリストが実践していることを紹介します。

目次

見栄を張らない暮らしでミニマリストがやっていること

見栄を張らない暮らしのために大きく8つのことをやっています。

見栄を張らない暮らし
  1. 必要最低限の暮らしができればいい
  2. 健康な体があることを誇りに思う
  3. 服を買うよりも体を鍛えている
  4. カフェの写真をSNSに投稿しない
  5. 最新のガジェットは持たなくていい
  6. トレンドは見えないふりをする
  7. 他人に自慢しない
  8. 清潔感だけあればいい

必要最低限の暮らしができればいい

「人に憧れられるおしゃれな暮らしでなくても、自分にとって必要最低限の暮らしができればいい」

そう思っています。

自分の生活をおしゃれに飾ろうと思うとお金がかかります。

  • 北欧家具を揃える
  • 無印良品でアイテムを揃える
  • セレクトショップで雑貨を買う

どこかのブランド品やシリーズ品を買い揃えはじめたら、買い物の呪縛から抜け出せなくなります。

少ないものでも衛生的に住める部屋があって、電気ガス水道、インターネットが不自由なく使える。

それだけで十分です。

むしろ、見栄に支配されない自分にとって必要最低限の暮らしは居心地がいいものです。

健康な体があることを誇りに思う

健康な体があることに感謝と誇りを持っています。

健康な体さえあればどこまででも歩いて行けるし、なにをやっていても楽しいものです。

お金のかかる遊びをしていなくても、かっこいいSUVの車を持っていなくても、かっこいいおしゃれな服を持っていなくても、「俺には健康な体がある」。

そう思うだけで見える世界は変わると実感しています。

鋼の錬金術師で好きなセリフがあります。

「立って歩け、前へ進め。あんたには立派な足がついてるじゃないか。」

鋼の錬金術師 エドワード・エルリック

片足と片足のない主人公エドワードが最愛の人をなくし、信じていた宗教にも裏切られ、生きる希望を失ったロゼに言ったセリフです。

健康な体があることは本当に幸せなことで生涯をかけて守り抜くべきものだと認識しています。

関連記事:ミニマリストの健康術!機嫌よく暮らすために続けている10の習慣

おしゃれな服を買うよりも体を鍛える

服を買い足すより先に、体を鍛えるようにしています。

服を買うことは、自分をよく見せる手っ取り早い手段だと思います。

ですが、服に頼ってばかりいるとお金がかかります。

自宅で自重トレーニングをするだけなら、体を鍛えるためにお金はほとんどかかりません

それに、たるんだ体で高いブランドの服を身に着けるよりも、体を鍛えてユニクロのTシャツを着るほうがかっこいいと思います。

関連記事:ジムは9割の人に必要ないから無駄!自宅で鍛える3つのメリット

清潔感だけあればいい

外見を整える上で、清潔感だけは死守しています。

服はユニクロやGU、ヘインズなどの安いブランドで買うことがほとんど。

高価な服を買うのではなく、お金をかけずに清潔感を大事にする。

たとえば…

  • 安い美容院でいいから定期的にヘアカットする
  • 安い服でいいからヨレヨレの服は着ない
  • 髭や眉毛、爪を定期的に整える
  • ハミガキとフロスを欠かさない

清潔感を死守して体を鍛えてさえいれば、安い服を身にまとった自分でも自信はつきます。

むしろ、中途半端に服で着飾るよりも本質的です。

カフェの写真をSNSに投稿しない

カフェやレストランで撮った写真をSNSに投稿にしないようにしています。

そもそも外食すること自体が少ないですが、外食したことをSNSでアピールしません。

自分では自覚していないかもしれませんが、「こんなおしゃれなカフェでご飯を食べている自分はおしゃれでしょ?」と他人に見せびらかしたい心理が隠れています。

その自己承認欲求に終わりはなくて、またその繰り返しです。

いつの間にか、「おいしい食事をすることからおしゃれな写真を撮ることが目的になっていた」なんてことになっているかもしれません。

おしゃれなカフェの呪縛から解放されれば、お金を使わない生活ができると思います。

最新のガジェットは持たなくていい

最新のガジェットにはこだわりません。

「新しいスマホがほしい」「新しいパソコンがほしい」といった、「新しい〇〇」がほしいという気持ちに終わりはありません。

なぜならば、新しいものは常に出続けるからです。

今年買った最新のものは、来年には型落ち品になります。

大事なことは、新しいものを持つことではなく、自分の求めることが叶うかどうかです。

それ以上は見栄になります。

最新のものではなく、目的に合った中古品や型落ち品を買えば、もっとずっとお金をかけずに豊かな生活ができます。

関連記事:高い買い物で後悔しないコツは「中古品や型落ち品」から探すこと

トレンドは見えないふり

流行っているものは目に入るし、やっぱり気になります。

ですが、トレンドは見ないふりをしています。

巷でなにが流行っていようが、「自分は自分の好きなものを買って、好きなことをやるだけ」といつも思っています。

新しいファッションが流行っていようが、タピオカが流行っていようが、新しいガジェットが流行っていようが、見てみないふりです。

トレンドに左右されないことで、支出は減ります。

他人に自慢しない

無意識でやってしまいがちな「自分は優れている」というマウンティング。

特に、他人との会話の中で自慢をしないことを気を付けています。

自慢のなにがやばいかというと、「作り上げた自分像を維持しなければいけなくなること」です。

たとえば、おしゃれを語ってしまったら、おしゃれな自分を守り続けなければいけません。

そうすると無駄にお金がかかります。

自分の中で自慢したいことがあっても気持ちをぐっと抑えて、かっこいい自分像を作らないようにしています。

最後に

ミニマリストが実践している見栄を張らない暮らしを紹介しました。

まとめ
  1. 必要最低限な暮らしができればいいと思っている
  2. 人生の根幹である健康な体があることを誇りに思う
  3. おしゃれな服を買うよりも、体を鍛えている
  4. 清潔感だけは死守している
  5. おしゃれなカフェの写真をSNSに投稿しない
  6. 最新のガジェットは持たず、自分に必要なものを選ぶ
  7. トレンドは見えないふりをする
  8. 他人に自慢しない

「見栄を見栄と自覚すること」っていうのは簡単ですが、けっこう難しいと思います。

ですが、お金のたくさんかかることのほとんどは見栄。

そう考えるくらいでちょうどいいです。

これだけものが溢れて時代において、値段が高くないと手に入らないものなんてそうありません。

なので、買い物で迷ったときは値段に注目してみてください。

「ちょっと高いなあ」と思ったのなら、それは見栄である可能性が高いです。

▼関連記事

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

なにおれKindle本「ミニマリスト式シリーズ」を出版中

Kindle Unlimitedで読み放題対象

生きづらさを抱える人が、会社を辞めても心穏やかに、楽しく生きていくための人生戦略を解説。私が試行錯誤を続けた3年間の、知識と経験の集大成です。

30日間のお試し登録で無料で読めます。

運営者

セミリタイア中の31歳。現在は妻とニ人で、月13万円で質素に暮らしています。総フォロワー13万人の各SNSでは、生きづらい人がラクに生きられるあれこれを発信。出版中のKindle本10冊『ミニマリスト式シリーズ』の総レビューが4000件を超えました。出版社から紙の書籍も出版。

会員限定コンテンツ(無料)

限定記事「ミニマリスト式超思考術」も公開中

読者様からのお悩みに、私の持ちうるすべてを知識と思想を持って全力で回答しています。

閲覧も、お悩み相談も、すべて無料です。

高額商材なんかを売りつけたりもしないので、安心してください(笑)

なにおれを好きになってくれた方に、私なりの助力をしたいと思っています。

目次