2019.06.24

一人暮らしミニマリスト男の部屋着の賢い選び方【使い古しはダメ】

 

「部屋着」というと、使い古しの服や適当な服を選んでしまいがちです。

 

しかし、部屋着とは1日の中で最も身につけている時間が長い衣服でもあります。そのため、部屋着の素材やデザインにもこだわることは、人生の満足度を高める上ではバカにできない存在だと思っています。

 

一人暮らしミニマリスト男の部屋着の賢い選び方【使い古しはダメ】

部屋着の選び方1: 使い古しの服を部屋着にしてはいけない

部屋着でよくやってしまうのが、高校時代のジャージに、首元がヨレヨレのじじいの肌着みたいになったTシャツ、冬は毛玉がついたスウェット。そんな使い古した服が捨てられずに、そのまま部屋着にしてしまうパターンです。

 

人に見られないからといって、古くなった服は超絶にダサいということを再認識したほうがいいです。

 

1日で最も長く着る服に、手持ちで一番ダサい服を選ぶというのは、全くもって合理的な行動ではないです

 

使い古しの服ではなく、部屋着も外で着られる一軍を揃えましょう。

 

部屋着の選び方2: 普段着と部屋着をを兼用化する

「外でおしゃれする服と、部屋で着るを服に線引をしないほうがいい」というのが私の考えです。

 

つまり、部屋着と外出用の服の兼用化です。

 

部屋着に手を抜かずに、外でも着られる服を揃えることで、いつでもお気に入りの服を身に纏うことができるので、満足度が高くなります。

 

また、部屋着でも、そのまま外へ出かけられるような服を揃えることで、単純に服の枚数を半分に抑えることもでき、お金もそれだけかかりません。さらに、出かける時にもわざわざ着替え手間がなくなるので、かなり快適になります。

 

部屋着の選び方3: シルエットがきれいなデザインを選ぶ

部屋着を外でも着られるようにシルエットにも気を使ったほうがいいですが、だからといって見た目重視の素材や形では、リラックスすることが難しいです。

 

おしゃれさを追求するあまりに、身体に負荷がかかる程のシルエットや素材を選んでしまっていては、さすがにやりすぎです。

 

そのため、上着はワンサイズ大きめのサイズを選ぶことで、かなり動きやすくなり、着心地もよくなると思います。

 

上着はワンサイズ大きめでも、出かける時のボトムスを細身にすることでバランスのとれたシルエットになります。

 

部屋着の選び方4: リラックスできる素材の服を選ぶ

また、睡眠時に影響を出さないようなデザインや素材を選ぶといいです。

 

そういった面で考えれば、肌触りが悪くて吸水性も悪いジャージを部屋着にすることは論外です。また、フード付きで重たいパーカーなんかも肩凝りの原因になるので、おすすめできません。

 

軽くて、吸水性のいい素材やデザインを選びましょう。

 

20代のミニマリスト男性におすすめの部屋着を紹介

おすすめの部屋着1: ナイキ フレンチテリークルー

冬場は、Tシャツの上にトレーナーを着るのがいいと思います。

 

NIKEのトレーナー「フレンチテリークルー」は、ロゴのワンポイントが可愛くもあり、スポーティーで男らしくもあり、カッコいいです。値段は約5,000円とそこそこしますが、どんなアウターとの相性もよく、そのまま出かけることができるデザインです。

また、パーカーと比べてフードもないので、首の可動域も狭くならず、無駄に重たいこともないので、身体への負担も少ないです。

 

おすすめの部屋着2: ヘインズ BEFFYの長袖Tシャツ

春秋にはシンプルな長袖Tシャツがおすすめです。ユニクロのロンTでもいいが、個人的にはヘインズの「BEEFY」が好きです。

 

BEFFYシリーズはヘインズの中でも肉厚でしっかりした生地

のわりに、着心地もいいです。

 

ユナイテッドアローズとのコラボ品」は、袖口がリブになっているなど、デザインがおしゃれにも関わらず、2,500円程と安価で購入できます。

 

色はブラックで、ワンサイズ大きめを選ぶと1枚で着てもかっこいいです。

 

おすすめの部屋着3: ヘインズ BEFFYの半袖Tシャツ

夏場は、ヘインズ「BEEFY」の半袖Tシャツがおすすめです。色は白か黒がいいでしょう。

 

2枚で約2,000円と低コストなだけでなく、着心地もよく、肌が透けないくらいに肉厚です。

 

そして、なんといっても、洗濯しても首元がヨレにくい、しっかりとした作りが魅力です。夏場は汗をかきやすいので、ガンガン洗濯しても、首元がヨレヨレになりにくいので、かなりコスパがいいです。

 

同様に、ぴっちりのサイズで着るよりかは、ワンサイズ大きめを選ぶと、ルーズな印象となり、よりビーフィーの良さが出ると思います。

 

後述しますが、このTシャツ1枚にジョガーパンツやショートパンツといった組み合わせで、完成されたシンプルな服装となり、さらっと外に出かけられます。

ヘインズビーフィー(BEFFY)は最強のTシャツ【身長172cmがレビュー】

 

おすすめの部屋着4: ナイキ テックフリースジョガーパンツ

NIKEの「テックフリースジョガーパンツ」です。

 

12,000円程と高めの値段ですが、伸長性と着心地の良さに優れているだけでなく、シルエットがかなりきれいなので、スキニーのような履きこなしができます。

 

色はブラックが黒スキニーのような使い方ができて、上着に何を着てもサマになるので使いやすいと思います。

 

外に出かけるときは、黒か白のスニーカーを履くだけで、スポーティーMIXな雰囲気がカンタンに出せるので、かなりおすすめです。

 

ボトムスについては、サイズは大きめを選んでしまうとシルエットがルーズになるので、ピッタリがいいです。

 

おすすめの部屋着5: グラミチ ショートパンツ

クライミングウエアブランドであるグラミチのショートパンツ「ニューナローショーツ」もおすすめ。

 

グラミチパンツの最大の特長である180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」により、かなり動きやすいので部屋着にも最適です。

 

グラミチのパンツは大きめサイズになっているので、サイズは小さいものを選んだほうがいいかもしれません。

 

夏場には半袖Tシャツでも、長袖Tシャツでも、シャツを羽織っても、どんな服装でも合います。なにかと出番が多いショートパンツなので、一着あると相当使えます。

 

最後に

一人暮らしミニマリスト男の部屋着の選び方と具体的なおすすめ商品を紹介しました。

 

当記事をまとめます。

  • 部屋着は1日で最も長く着る服なので好きな服を着たほうがいい
  • 外で着るおしゃれ着と兼用で着ることで満足度もコスパも上がる
  • 部屋でもリラックスできるよう素材やサイズに気をつける

 

部屋着といっても、外でも着られる服を選ぶことで、着用回数は圧倒的に増えて、着れば着るほどコスパは上がっていきます。そのため、多少値段が高い服でも、十分に元は取れると思います。

 

特に、インドア派の人は、1日のほとんどの時間を部屋着で過ごすことになるので、部屋着にこだわってみると、生活はより満足のいくものになるのではないでしょうか。

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

映画・ドラマ・アニメが無料で見放題

映画・ドラマ・アニメを289日間無料で見放題にする方法を紹介。

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選

レンタル・シャアリングサービス

持たない暮らしに最適なレンタル・シェアリングサービスまとめ10選
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。