2020.06.25

20代後半ミニマリスト×会社員の生活を公開【1日の過ごし方】

 

ミニマリスト会社員ってどんな生活をしているの?

 

こんにちは、なにおれ (@lemologue) です。

 

少ないものと、少ない娯楽で、一人暮らしをしている20代後半の会社員です。

 

フルタイムで仕事をしているとストレスを感じやすく、平日は疲れを癒すようにだらだらしたり、休日にはストレス発散に買い物や居酒屋に飲みに行ったりしがち。

 

しかし、自分に本当に必要なものだけで暮らすようになれば、1日の過ごし方は変わってきます。

 

なぜならば、ものからの刺激が減って疲れにくくなったり、時間を奪われなくなったりするからです。

 

当記事では、全97点の持ち物で暮らす20代後半ミニマリストの1日の過ごし方について紹介します。

 

関連記事:20代後半ミニマリスト男の全持ち物リストを公開【全97点】

 

20代後半ミニマリスト×会社員の生活を紹介

起きてから寝るまでの約16時間。

 

どのように時間を使い、どのようなことをしているか、時系列で紹介していきます。

 

5:30~:プロテインを1杯

朝は5時台には起きます。

 

カーテンなし生活をしているため、太陽の陽がのぼるとともに起床。

 

アラームは会社の始業に間に合うギリギリの時間にだけセットしておいて、基本的には自然に目覚めるようにています。

 

朝食は食べずに、プロテインを1杯だけ。

 

朝食を作る時間の短縮と、体脂肪率12%の体型をキープするためにプロテインでたんぱく質だけを補給しています。


リミテストの「ウルトラバリュー」がお気に入り。

 

3kgで5,000円と他のプロテインと比べても半額近いので、ずっと愛用しています。

 

関連記事:朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想【メリット・デメリット】

 

5:40~:朝シャワー & 身支度

寝ている間にかいた汗を流して、 “シャキッ” とするためにシャワーを浴びます。

 

時短のためにハミガキをしながら

 

髪の毛をかるくセットして、会社に行ける身支度を整えます。

 

6:00~:ブログで新規記事を書く

早起きで手に入れた朝の時間でブログを書きます。

 

朝は睡眠によって脳の疲労が回復しているため、エネルギーが必要な創作活動のために使います。

 

そのため、新記事を書くことが多いです。

 

会社員の収入源だけに依存しないように始めたブログですが、いつの間にか日常生活を楽しむためになくてはならない存在になっていました。

 

記事にするネタを探すアンテンが高くなり、なんてことのない日常がずっと楽しくなりました。

 

関連記事:私が人生でやりたいことは「日常生活をどこまでも追求すること」

 

7:40~:片道50分かけて徒歩通勤

一仕事終えたら、会社に向かいます。

 

電車に乗れば20分で会社に着く場所に住んでいますが、あえて片道50分かけて歩いて通勤しています。

 

これは歩くことによって得られる効果が尋常ではないからです。

 

脳を鍛えるには運動しかない!」という本の内容があまりに鮮烈で、「あ、歩かないと人生終わるな」と思わされます。

 

ポイントだけまとめると、歩くことによって得られる効果はこちら。

  • 学習能力の向上
  • ストレスの減少
  • 不安な気持ちの減少
  • うつの抑制
  • 注意力散漫の防止
  • 依存症からの脱出
  • 加齢を抑制

 

逆に考えれば、歩く習慣がないと正反対のことが自分の身に襲い掛かってくるということです。

 

関連記事:サラリーマンは徒歩通勤で幸せになれる理由【通勤時間よりも手段が大事】

 

8:30~:仕事を開始

会社員として働きます。

 

私は新卒で入った会社では営業として働いていましたが、社会人4年目で事務職に転職しています。

 

仕事自体に面白みはありませんが、服装も自由で、プレッシャーもないので、まったりと働けています。

 

仕事には向き不向きが確実にあります。

 

「今の仕事が自分には向いていないなあ」と思うのであれば、逃げの転職は全然ありだと思います。

 

関連記事:向いていない仕事なら逃げの転職は全然あり【実体験】

 

12:30~:会社の食堂で昼食

会社の食堂で昼食。

 

お昼には、魚を食べるようにしています。

 

魚にはEPA・DHAといった良質な脂質であるオメガ3が含まれており、脳やダイエットにもいいので、毎日食べるようにしています。

 

一人暮らしをしていると家で魚を食べるのは大変です。

 

そのため、外で食事をするときはできるだけ魚を食べることを心がけています。

 

関連記事:一人暮らしミニマリストの毎日の食事内容!食費は?自炊のコツは?

 

13:30~:仕事を再開する

お昼休憩で10分~15分くらい仮眠して脳を回復させます。

 

午前中に厄介な仕事は片付けて、午後からはできるだけ負荷の低い仕事をするようにしています。

 

仕事から家に帰ってからブログを書いたり、本を読んだりしたいので、そのために体力を温存するためです。

 

副業や勉強をしたい人は、1日の体力をコントロールするといいです。

 

お昼休憩では仮眠をとったり、仕事で手を抜けるところは抜いたり。

 

いつも全力疾走で走り続けていたら体は持ちません。

 

関連記事:時間の使い方が下手な社会人がやるべきたったひとつのこと

 

18:00~:残業はせず定時で退社

会社ではできるだけ残業はしません。

 

上司の目とか同僚の目とかは関係ありません。

 

私は、会社で残業するよりも、家で副業や勉強する時間を優先しています。

 

なにに時間を使うかは人それぞれになると思います。

 

身につけたいスキルと本業が一致していたりするなら、残業をするメリットだって大いにあるかと。

 

なによりもダメなのが、なにも考えずにただ残業をすること。

 

仕事もプライベートも充実させるための自分なりの哲学を持つべきだと思います。

 

関連記事:定時退社できないと嘆く人が取るべき2つの選択肢

 

18:50~:自宅で自重トレーニング

仕事から帰ってきたらまず筋トレをします。

 

部屋にはヨガマットを敷きっぱなしにしておくことで、いつでもすぐに筋トレができるように環境を整えています。

created by Rinker
IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)
¥2,404 (2020/07/14 21:20:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

人生でまず優先すべきは、体と心の健康だと思っています。

 

心を育てるよりも、技を磨くよりも、まずは体を鍛えるべきです。

 

健康的な体あっての仕事ややりがいだと思っています。

 

関連記事:自重トレーニングのみで体脂肪率12%の体型になるトレーニング方法【1日5分】

 

19:10~:週末に作り置きしておいた料理で食事

筋トレが終わったらシャワーを浴びて夕食。

 

筋肉をデカくするために、たんぱく質中心の食事を心がけています。

 

とはいえ、仕事 + 筋トレ終わりに料理をするのは大変です。

 

そのため、週末に平日5日分の作り置きをしておきます。

 

作り置きをしておくことで、5分もあれば栄養満点でお腹いっぱいに食事にありつけます。

  • 小分け冷凍しておいた白米を温める
  • 鍋にお湯を沸かしてインスタント味噌汁を作る
  • 卵3個×ひきわり納豆1パックのオムレツを作る
  • 作り置き料理をお皿に盛り付ける

 

作り置きを始めてからは、毎日の食事が本当に楽しくなりました。

 

関連記事:一人暮らしで自炊するなら作り置きがおすすめな理由

 

19:40~:ベッドでゴロゴロ

筋トレをして、シャワーも浴びて、食事も終えたら、30分くらいベッドでゴロゴロします。

 

この時間は幸せを感じますね。

 

ぼーっとすることもあれば、アニメを一本見ることや本を読むこともあります。

 

1日の中で唯一のだらだらタイムなので存分に楽しみます。

 

20:00~:ブログで記事をリライトする

休憩タイムが終われば、夜の副業タイム。

 

会社勤めのサラリーマンにとって、朝の1時間ちょっとと夜の1~2時間だけが自由な時間です。

 

この夜のまとまった時間を自分のために使うことで、人生は前に進むと私は信じています。

 

そのためにも、ものを手放し、集中力できる環境を整えています。

 

「なにか新しいことをはじめたい!」という人は、まずは断捨離からするといいです。

 

関連記事:新しいことを始めるならいまの環境を捨てることが最優先

 

22:00~:夜は10時までには寝る

夜は22時頃には寝るようにしています。

 

もっと夜遅くまで起きていることはできます。

 

しかし、会社でフルタイムで働き、家では副業をもしているため、十分に休むことも重要です。

 

「夜はさっさと寝る!」と習慣化することが、また明日に繋がっていきます。

 

22時に寝れば朝5時に起きても、7時間は睡眠ができますからね。

 

脳が疲れている夜は早く寝て、脳が元気な朝に早く起きて活動する。

 

この好循環をまわすことで、人生は充実すると思っています。

 

最後に

20代後半ミニマリスト×会社員の1日の過ごし方について紹介しました。

 

ものを持たないミニマムな暮らしとは、自分にとって本当に必要なものを見極めることです。

 

・朝は気持ちよく起きるためにカーテンはつけない

・頭をスッキリさせるために朝食は食べない

・脳を鍛えるために車は持たずに歩いて会社に行く

・仕事はプライベートも充実させるためにほどほどにやる

・自己肯定感を高めるために体を鍛える

・健康的な食生活は最大の娯楽のため充実させる

・テレビは時間を奪うものだから持たない

・眠くなくても体力回復のために早く寝る

 

ものを減らすだけが、ミニマリストのメリットではありません。

 

ものを手放す過程で学ぶことができる「価値観」にこそ意味があります。

 

ただ漫然と日常を送っている人は、断捨離をしてみてください。

 

自分にとって本当に大切なものが見えてくるはずです。

 

▼「断捨離して意味なんてあるの?」と思う方は、私が実感している断捨離の効果をまずはご覧ください。

関連記事:断捨離のすごい効果を実感!ミニマリストになって変化した9の生活

 

▼ミニマリストになりたい方に向けて、事前に知っておきたいことをまとめました。

関連記事:ミニマリストになりたい人が知っておきたい10の心得【完全指南書】

 

▼失敗しない断捨離にはステップがあります。持っているものの8割を手放した経験から具体的な断捨離の進め方について解説しています。

関連記事:断捨離のやり方は3ステップ!8割のものを捨てたミニマリストが解説

 

以上

毎日使う愛用品

20代後半ミニマリスト男が毎日使っている愛用品

Amazonおすすめ商品

月8万円で暮らす20代後半ミニマリストがAmazonで買ってよかったもの8選

不用品買取・回収サービス

不用品をまとめて処分できるおすすめの不用品買取・回収サービスまとめ23選
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。